保育士の転職・求人・募集なら【マイナビ保育士】

採用ご担当者様へ

井上さく子先生の 子どもに学ぶ 21世紀型保育
記事一覧に戻る

第29回
子どもの心を育む、春・共感・時間の余裕
井上 さく子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

29回春.jpg

春日和の陽ざしを浴びて、桃の蕾が膨らみ始め、保育園の門をくぐる親子を見守ってくれています。

気がつく大人は

「ほらっ!見てごらん?」と

桃の枝を指さし教えようとしています。

「もうすぐ、春だね?」と言葉を添えて。

子どもの目線には、高過ぎて視線が定まらず、「どこどこどこ?」と蕾を探そうとしています。


朝一番の光景に、親子の心のゆとりを感じて

なんてほのぼのとした一日の始まりでしょう......と思ってしまいます。

園庭の傍には、桜の木も成長して大木になってきました。

桜の花よりも一足早い春のお知らせをしてくれる桃の花びらがひとつ、2つと顔を魅せてくれるようになると

「ほらあっ? あったあ!」と

今度は子どもたちが気がついて、大人たちに教えてくれます。

気づき、気づかされて

そこで初めて、気づこうとする

気づくことができる

親子の対話に気づかされて、つぶやきは蕾がゆっくりと花開くように、心持ちも豊かに花開く。

待ちに待っていた春は、こうしてゆっくりとそのときを知らせてくれ、その喜びを誰よりも知っているのが子どもたちです。

どこからともなく耳に届く歌が......。

♪さくら、さくら......♪♪

卒園を間近に、年長児の歌声が園庭に遊ぶ子どもたちの耳に流れてきます。

春の花たちが春色に染めるだけではない世界。

こんなふうに、お兄さん、お姉さんたちの歌声も季節感を表現してくれているのです。

集団生活だからこそ体験できることと思いませんか?

『お兄さん、お姉さんたちももうすぐ卒園するのね!』と遊びながら感じているのです。

遊びながら目にする風景だったり、

遊びながら耳にする歌だったり、

遊びながら対話する言葉だったり、

様々な世界で春を体感していることに気づかされます。

子どもたちが見るのは桃の花、桜の花のみではありません。庭や道路わきに草花が咲き始めると虫たちが顔を覗かせたり、小鳥のさえずりを耳にしたり、自然を感じながら、五感を研ぎ澄まして大きくなっています。そして子どもたちはそのような環境の中で大きくなりたがっていると思いませんか?

子どもたちの心持ちも、自然と一体化してわくわくし始め、さまざまな春の芽吹や鳥や虫たちと同じように育ち始めています。

小春日和の柔らかな陽ざしを浴びながら、ゆったりとした環境の中に遊ぶ子どもたちに、時の流れが止まった錯覚を起こすこともあります。

春の温もりは全ての幼子たちを真綿で包み込む優しさを持ち合わせていると言っても過言ではありません。

でも、この瞬間を大人たちが心のゆとりをもって見守らない限り、子どもたちは何か感じることが出来る前に急いで移動させられ、包み込むことも、見守ることできないと思いませんか?

せめて、心持ちにゆとりをと願わずにはいられません。

自然の息吹に触れる

散歩の道中で

散歩先で

探索活動でと

ついつい、大人たちは大人目線で、子どもたちをいろんな場所へ急ぎ足で誘いがちです。

心持ちも身体も、子どもたちが自らの体験をくぐりながら、その季節感を取り込む、取り込める環境に置かれることこそが、子どもたちが願っていることだと思いませんか?

子どもの目線に映る風景

それは子どもの目線に聴こえる音

子どもの目線に届く柔らかな風の流れ

子どもの目線に動くゆったりとした雲など

子どもたちが五感を研ぎ澄ましながら

感性を磨いていける環境を

選べるようにしていきませんか?

子どもたちに春を感じてほしい

感性を磨いてほしい

自然を感じてほしいと願う大人たちから

本気で、そのひとつひとつを取り入れて見ませんか?

「子どもたちに成長の花を!」

その周りを大人たちのやさしい花で包み込んでいきませんか?

29回春その2妖精.jpg

前の記事 記事一覧に戻る 次の記事
お気に入りに追加

まずは求人!かんたん検索