保育士の転職・求人・募集なら【マイナビ保育士】

採用ご担当者様へ

井上さく子先生の 子どもに学ぶ 21世紀型保育
記事一覧に戻る

第50回
保育園から木枯らしの公園へ
井上 さく子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

修正50回枯葉.jpg私の子ども時代

家の周りの山の景色は、四季折々に山の色を変えて季節を教えてくれていました。

子ども心に春と秋が好きでした。

夏の山はかんかん照りになり、暑い!!

人間だけが暑い訳ではない。山の木々たちも虫たちも植物たちもどうやって、この暑さをしのいでいるんだろう?と子どもながらに、遠くの山を見つめて感じることがありました。

それは何歳の記憶だったのでしょう?

冬は冬で、真っ白な銀世界に入ると、その白さと、雪の深さと、積もり続ける雪の重さや高さと、先が見えない景色を怖いと思うこともありました。

『家も人たちもみんなみな、雪に埋もれるんじゃないか?』と。

そんなことがある訳がないと、子ども時代には思えませんでした。

自然の怖さや不安な心持ちを誰かに明かした訳でもなく、いつの年齢だったかは定かではありませんが、胸の中にしまって置いた自分を振り返っています。

自然に憧れたり、自然に魅せられたり

自然を恐れたりしたことは、今振り返るととても新鮮で懐かしいエピソードになっています。

それでは、今を生きる子どもたちは、どうでしょう?

11月と言えば、冬支度の季節になりますが、子どもたちは、どこで、どのようにその季節を感じるのでしょう?

外の世界へ飛び出していかない限り、寒さも感じなければ、冬支度と言う意味も、移りゆく季節の変化も、紐解けずに過ぎていくと思いませんか?

外の風景を覗いてみましょう!

散歩先で、木枯らしに舞う枯葉の動きに魅せられて、

「キャア〜ッ!」

歓声をあげて枯葉のリズムに踊らされている子どもたちです。

やがて風がやみ、動きがおさまると、「今だあ!」とばかりに重なり合う枯葉の固まりを足で踏んづけて、シャリシャリ、シャカシャカ、ガサガサ ガサガサと音を立てて、形が変わっていく様子を見て、さっきとは違う歓声が上がります。

再び風が吹いても、粉々になった枯葉は踊りません。一瞬、「あれっ?」

でも、すぐに気がつき風に踊る枯葉のありかを求めて走り出し、動く、枯葉と共に踊る子どもたちです。

こんなふうに、シンプルに、無邪気に、

風の力を感じながら、流れが変わると同じことを何回も繰り返してはしゃぐ子どもたちの風景を、周りの大人たちはどのように受け止めて、子どもたちの心持ちを読み取るのでしょう?

落ち葉や枯葉を集めて、両手いっぱいに持ち上げて手を離した瞬間に、枯葉がパラパラと散る様子に歓声をあげたて遊んだり、ビニール袋に枯葉を集めて、縛ってボールにみたてて、野球やドッチボール遊びをしたりする風景に遭遇することがあります。

それも、一つの遊びかも知れません。

大人の仕掛けと言えばそうかも知れません。

散歩先でのさまざまな気づきや発見を、何よりも大切にできる大人たちが、

数えきれないほどの子どもたちの心持ちや豊かな感情の一つひとつの育ちを、見逃さずに物語として綴り続けていきませんか?

何かをやらせてあげるのではなく、子どもたちが自ら

「やってみたい!」

「やってみたら面白い!」

「やってみたけどつまらなかった!」

など、具体的な発見や気づきの中で、本物を掴めること、それこそが生きる力になっていくと信じています。

やらされて何が育つのでしょう?

自然体験も季節感も、全て体験できればこそ、確かな学びになると思いませんか?

厳しい寒さに向かえば向かうほど、心も体も丈夫な体づくりができるのではないでしょうか?

やがて、冬がきて春が来ることを、確かな成長を遂げながら学んでいく子どもたちの力を信じて寄り添っていきませんか?

明日も明後日もあの場所で、「続きの遊びをしよう!」「できたらいいなあ!」の願いを叶えさせてあげる大人に、私たちがなれるといいですね。

前の記事 記事一覧に戻る 次の記事
お気に入りに追加

まずは求人!かんたん検索