最近の記事

「根拠のない自信」で、子どもはぐんぐん伸びていく!(おおたとしまさ)
「自己肯定感」という言葉が生まれたのは1994年のこと。臨床心理学者の高垣忠一郎氏が提唱したものです。以降、とくにここ10年くらいのあいだに、自己肯定感という言葉は急激に浸透してきました。そもそも、自己肯定感の重要性はどんなところにあるのでしょうか。教育ジャーナリストとして活躍するおおたとしまささんに、子どもの自己肯定...
女の子に人気の魔法アイテム変身ステッキ
いま女の子に大人気のアニメに出てくる変身アイテムを、廃材で簡単に作れる工作です。なりきり変身ステッキをクルクル回して、呪文をとなえる魔法ごっこに役立ちます。ぜひチャレンジしてみてください! 変身ステッキのつくり方 用意す...
ごっこあそびをしよう! お財布の折り方
ごっこ遊びの定番といえばお買い物ごっこ。「いらっしゃいませ〜」「これくださ〜い」。憧れの自分だけのお財布をおりがみで簡単に作れます。さあ、子どもたちのお店屋さんごっこのはじまりです! お財布の折り方 [ 1 ] 好きな色...
ちぎり絵で色とりどりな紅葉を作ってみよう
お散歩に行くと葉っぱの色が赤く染まり落ち葉を拾う遊びも楽しい季節です。いろいろな色や形の葉っぱを見つけて「先生、見て!」と子どももうれしそうです。そんな色とりどりの季節を楽しめるちぎり絵は、子どももチャレンジできる室内遊...
紙コップマラカスで楽器をつくろう
紙コップを使った工作はいろいろありますが、振ると音の出るおもちゃなら子どもたちも夢中になるって遊べる人気の工作です。お顔と手をつけたロボットマラカスでカラカラ音遊びに挑戦してみましょう。 紙コップマラカスのつくり方 用意...
からだをつかった遊び「まほうのじしゃく」
からだをいっぱい動かせる室内遊びといえば、歌いながら遊べる「まほうのじしゃく」がおすすめ。じしゃくのように、からだのどこかとどこかがくっついちゃうあそびなら、雨の日も思いっきり運動できちゃいます。 からだを使った遊び「ま...