子育て支援員とは?資格の取得方法から就業先まで

子育て支援員とは?資格の取得方法から就業先まで

近年、全国的な保育士不足や待機児童の増加といった状況から、子育て支援員が注目されています。子育て支援員は、国家資格である国家資格がなくとも保育の補助やサポートを行うことのできる職種です。 当記事では、子育て支援員の仕事内容や資格の取得方法、就職先について解説します。子育て支援員についての概要を理解するためにも、ぜひ役立ててください。

子育て支援員とは?

子育て支援員とは、新しい子育ての担い手のことです。保育人材不足解消のため、2015年にスタートした「子ども・子育て支援制度」によって認められました。子育て支援員の役割は、保育士のサポートを行うことです。共働き家庭の増加により、ニーズが高まっている職種といえるでしょう。

子育て支援員と保育士の違い

まずは、子育て支援員と保育士との違いを説明します。 子育て支援員と保育士との違いを比較することで、子育て支援員がどのようなものなのかイメージしやすくなります。

・資格
保育士は国家資格である保育士資格が必要です。国家資格である保育士資格を得るためには、国が定めた指定学校を卒業するか、保育士試験に合格しなくてはなりません。 一方で子育て支援員は、国家資格を持っていなくても、国が定めた研修を履修して「子育て支援員研修修了証明書」の交付を受ければ、働くことができます。 また、子育て経験も不要で、「保育・子育てに関わりたい」と思う研修受講修了者全員が、子育て支援員になることができます。

・仕事内容
子育て支援員は、主に保育士の手が回らない部分のサポートを行います。保育士のように、クラスの担任を持つことはありません。

・働く場所
保育士の勤務先は、主に保育園・幼稚園・こども園・託児所などが挙げられます。 一方、子育て支援員の勤務先は、認可保育所や認可外保育施設、小規模保育園などの学童保育であることがほとんどです。

・働き方
子育て支援員は保育士とは異なり、正社員よりもパート・アルバイトなどの非常勤としての働き方が一般的です。フルタイム勤務だけではなく、午前のみ、午後のみといった空き時間を活用して働く人も増えています。

子育て支援員の資格取得方法

前述したように、子育て支援員になるためには、国が定めた研修を受講する必要があります。研修受講の対象者となるための資格や実務経験の受講要件などは指定されていないため、誰でも研修を受けることが可能です。では、具体的にどのような研修を受ければ子育て支援員として働くことができるのでしょうか。最初に把握しておきたいことは、子育て支援員の研修は、基本研修と専門研修の2種類に分かれていることです。子育て支援研修がカバーする範囲は非常に幅広いため、子育て事業の基本となる基本研修と、各事業の特性に合わせた専門研修の2本立てで構成されています。

基本研修

基本研修の目的は、以下の通りです。

  • 子育て支援員の役割や子どもへの関わり方を理解すること
  • 子育て支援員としての自覚を持つこと

基本研修では、子育て支援として従事するために最低限必要な知識・原理・技術・倫理を8時間8科目で学びます。専門研修で学ぶ各事業の学習の前提となっている研修領域です。

専門研修

●放課後児童コース
放課後児童クラブや子どもの理解、安心・安全への対応などを学ぶ研修です。研修時間は、6科目9時間です。

●社会的養護コース
乳児院や児童養護施設などで補助的職員として働くための研修です。社会的養護の基本的知識を持つ人材の養成を目的としており、虐待を受けた子どもの理解などの基本的な知識や対応を学びます。9科目11時間の研修が設けられています。

●地域保育コース
地域保育コースは、基本研修と併せて現在の家庭的保育事業(保育ママ)の基礎研修と同等以上の内容となっています。基本研修として、12科目15~15.5時間の研修が設けられており、仕事の内容によって次の研修を受講する必要があります。

  • 地域型保育(6~6.5時間+2日以上)
    保育施設での保育従事者や家庭的保育事業の補助者になるために受講するコースです。
  • 一時預かり事業(6~6.5時間+2日以上)
    一時預かり事業に従事するためのコースです。
  • ファミリーサポートセンター事業(6.5時間)
    ファミリーサポートセンター提供会員になるためのコースです。

●地域子育て支援コース
地域子育て事業は、類型によって3つの研修カリキュラムが組まれています。

  • 利用者支援事業(基本型)
    直接保育を行わず、相談やソーシャルワークを主とした特性に踏まえて研修内容が設定されています。研修時間は、9科目24時間です。
  • 利用者支援事業(特定型)
    特定型は保育に特化した事業を行うことから、基本型の内容と共通する部分に加えて保育士減の活用に関する研修を行います。研修時間は5科目5.5時間です
  • 地域子育て支援拠点事業)
    地域子育て支援拠点事業は、利用者の身近な立場から寄り添った支援を行うという特性を踏まえた研修を行います。研修時間は、6科目6時間です。

子育て支援員の仕事内容

子育て支援員の仕事内容は、働く場所や園によって異なりますが、基本的には保育士の補助・サポートが中心です。

具体的には、未就学児の食事やトイレなどのお世話・お散歩の補助・安全な環境づくりのための掃除や片付けなどを行います。また、お遊戯や遊びやお昼寝のサポート、お勉強などを通じて、子ども達とのコミュニケーションを取ることも多く、保育士と同じ業務に従事する場面も少なくありません。

子育て支援員は、クラス担任を持つことはないため、保育士と比較すると保護者対応は少なくなります。しかし、育児経験者の子育て相談員は、経験を活かした子育てに関するアドバイスを求められるなどの形で頼られる場面もあります。

基本的に保育士の手が届かない補助・サポートが業務の範囲ではありますが、主に保育施設での仕事であるため、業務の幅はとても幅広い傾向にあります。

子育て支援員の働く場所

子育て支援員は、主に小規模保育園や学童保育、家庭的保育などで働くことができます。以下は、子育て支援員の働く場所と仕事内容の一例を表にまとめたものです。

働く場所仕事内容
放課後児童クラブ補助員として働くことができます。
乳児院・児童養護施設児童虐待を受けた子どもに対して、子どもたちの支援を補助的に行います。
小規模保育施設・家庭的保育事業所園がサービスを行っている特定の時間の預かり業務を行うことができます。
事業所内保育事業所保育業務のサポートを行います。

上記の他にも、ファミリー・サポート・センター事業所や、利用者支援事業所など、多くの場所で働くことができます。そのため、引越しで移住地域を変更した場合でも、仕事を続けることが可能です。

まとめ

新しい子育ての担い手である子育て支援員の主な仕事は、保育施設で保育士のサポートをすることです。近年、共働きをしている家庭が増えていることから、ニーズのある職種といえます。

子育て支援員として働くためには、国が定めた子育て支援員の「基本研修」と「専門研修」を受講する必要があります。保育士の資格や、子育ての経験がなくても働くことが可能です。

子育て支援員の働く場所は、全国各地にあるため、引越しをした場合も継続して同じ仕事をすることができます。今回の記事で紹介した子育て支援員の資格取得方法や仕事内容、働く場所の知識を事前に身に付け、子育て支援員を目指してください。

お得な情報や最新コラムなどをいち早くお届け!ほいくらし公式LINE
友だちに追加する