書籍紹介『自分でできる子に育つ ほめ方 叱り方』子どもの自己肯定感を高める声かけの極意

書籍紹介『自分でできる子に育つ ほめ方 叱り方』子どもの自己肯定感を高める声かけの極意

保育の最新情報や役立つ知識をゆる~く配信中!
Twitterをフォローはこちら!

【ほいくらし本棚|オススメの1冊】『自分でできる子に育つ ほめ方 叱り方』(島村華子 著)

かけっこでいちばんになったら、「すごいね!」
テストで点数が悪かったら、「遊んでばっかりいるからダメなのよ!」

つい口にしてしまいがちなことばですが……。実は、両方ともNGワードだということをご存じでしょうか。そして、たとえ悪気はなくても、こうしたことばの積み重ねが、子どもの心を少しずつ窮屈にしていきます。

そうは言っても、あわただしい毎日の中、いついかなる場合も真摯に子どもと向き合うのは大変なもの。「わかっていても、なかなかできない!」と思う人がいるのも仕方がないことでしょう。

そこで今回は、そんなみなさんの助けになってくれる一冊、『モンテッソーリ教育・レッジョ・エミリア教育を知り尽くしたオックスフォード児童発達学博士が語る 自分でできる子に育つ ほめ方 叱り方』(以下文中、『自分でできる子に育つ ほめ方 叱り方』)をご紹介しましょう。

モンテッソーリ教育とレッジョ・エミリア教育を基盤としたアドバイス

タイトルにもあるように、著者の島村華子さんはオックスフォード大学で児童発達学を学び、モンテッソーリ教育やレッジョ・エミリア教育の研究者として活躍してきた人物。本書では、そうした学術的なエビデンスをもとに、「子どもに話しかける時に、どういった言葉選びをするべきか?」について、丁寧かつ心のこもった提言が展開されています。

また、親や保育者が実践できる「声かけ」がたくさん紹介されているだけでなく、子どもと向き合うためのマインドセットや良い習慣まで網羅されているのも本書のよさ。読みやすい構成なので、明日からでもすぐに活用できるはずです。

ちなみに、島村さんは、カナダのモンテッソーリ国際協会の元教員で、現在はカナダで幼児教育教員育成に従事。すでに紹介したとおり、レッジョ・エミリア教育の研究もされており、日本でもとても関心が高い、ふたつのオルタナティブ教育法のエキスパートです。

モンテッソーリ教育やレッジョ・エミリア教育に興味はあるけれど、どれかひとつに傾倒してしまうのは勇気がいる……。そんなふうに思っている人も、本書なら「ふたつの教育の理念」を取り入れたテクニックを学ぶことができますよ。

大人の思い込みが声かけに影響する――子どもにどんなイメージをもっていますか?

場当たり的に子どもと接していると、「自分の対応には一貫性があるだろうか」と、自分でもわからなくなることがありますよね。「あぁ、また感情的に怒っちゃった」とすぐに反省するものの、その反省も長続きしなかったりして……。だからこそ、定期的な振り返りで頭の整理をするのは、とても大事なことです。

本書の第1章は、「自分の現状を振り返る機会」を与えてくれる章。振り返って頭を整理するのにぴったりな内容なので、著者の提案と自分の現状を照らし合わせながら読むのがおすすめです。

では、具体的な内容についてみていきましょう。

ここではまず、子育てのキーポイントとして、ほめ方・叱り方の大前提ともなる、「条件付き子育て」のデメリット「無条件子育て」のメリット、そして、「無条件子育ての5つの原則」について詳しく語られています。 たとえば、親が「子どもをサポートしなければ」と思う気持ちは間違いではありません。けれど、なんでもやってあげたり、すぐ手を貸したりする行為は、子どもの自主性を阻んでしまいます。そして、それは子どもを信頼していないということでもあり、そうしたイメージは声かけや行動にも影響が出てしまいます。


「子どもは大人の言うことを聞くべき存在だ」という見方をしていれば、
大人の意見や価値観を押し付け、行動をコントロールしがちになります。
(中略)
一方で、「子どもも大人と同じように権利をもった尊い存在だ」という見方をしていれば、
子どもの意見にもっと耳を傾け、行動の裏にある理由や気もちにまで注意を払うでしょう。
引用:『自分でできる子に育つ ほめ方 叱り方』32ページより
(島村華子 著/ディスカヴァー・トゥエンティワン

だからこそ、本書では「『子どもに対するイメージ』を見直す」ということを5つの原則のひとつにあげ、注意を促します。


大人がただ行動を一時的に変えるだけでは本質的な変化は起こりません。
子どものイメージを見直すことで、初めて内側からの変化が生じるのです。
引用:『自分でできる子に育つ ほめ方 叱り方』 32ページより
(島村華子 著/ディスカヴァー・トゥエンティワン)

「自分はどっちだろう?」と考えたとき、普段何気なくやっている行動に潜む意味や影響に気付いて、はっとさせられるのでは?

このように、親や保育者なら、誰もが思い当たるような事例をあげながら、「自主性を育むためにとるべき大人の対応」について、明確に示していくのが本書のやり方。冷静に自分を振り返るとともに、自分の子育てのマインドセットを見直してみてはいかがでしょうか。

これが知りたかった! 迷いに答えをくれる、実践的Q&A

本書は、「子育てにおけるほめ方と叱り方」にフォーカスしたアドバイスが中心となっていますが、そこに記されている実践的な会話例も、人気の理由のひとつ。「お手伝いをしたとき」「テストの点数がよかったとき」などのほめ方、「壁に落書きをしたとき」「スーパーでだだをこねるとき」などの叱り方、それぞれ10ケースについて、O K・N G各バージョンが書かれているのですが、どのケースも、日常で遭遇しそうな場面ばかり。しっかり覚えておけば、さまざまな場面で応用できそうです。

ではここで、「上手な叱り方の4箇条」のひとつにあげられている「親の気持ちを正直に伝える」という項目について、少しだけ紹介しておきましょう。

コミュニケーションの際は、子どもを「独立した市民」として尊重し、大人の側がきちんと自分の気持ちを伝えることが大事ですが、本書では、そのときに使うコミュニケーション法として、「わたしメッセージ」が紹介されています。

「わたしメッセージ」というのは、簡単にいうと「主語が“わたし”である言い方で、相手に対する要求や非難はひとまずおいて、自分の感情を素直に伝える手法」のこと。つまり、「あなたはどうして言われたことをすぐにやってくれないの?」ではなく、「私はすぐにやってもらえると、とてもうれしいな」という具合に、自分の思いを表現するわけです。

ここから先の詳細は本書に譲りますが……。この「わたしメッセージ」は、子どもの思いやりの心を引き出すときに、とても大事になるので、ぜひチェックしてみてください。

***

ほめるときも叱るときも、その基盤に、「子どもへの無条件の愛情と尊重」を忘れてはいけないと肝に命じさせてくれる本書は、決して、理論や完璧を押し付けるものではありません。それは、最後に著者が語りかけるこんなメッセージからもわかります。

「無理しない子育てを!」
「親が幸せであることが大切」

子育てに試行錯誤する親、あるいは保育者を優しく支え、励ましてくれる存在として、長く読み続けたい一冊です。

ほいくらし本棚|オススメ一冊

『モンテッソーリ教育・レッジョ・エミリア教育を知り尽くしたオックスフォード児童発達学博士が語る 自分でできる子に育つ ほめ方 叱り方』

著者名:島村華子
出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン
2020年4月20日発売

文/保育ライター 長野 真弓

お得な情報や最新コラムなどをいち早くお届け!ほいくらし公式LINE
友だちに追加する
保育の最新情報や役立つ知識をゆる~く配信中!ほいくらし公式Twitter
園での遊びや催し物など有益な情報をお届け!ほいくらし公式Instagram