書籍紹介『子育てのきほん』心を通わせて、見守ってあげることが保育の基本

書籍紹介『子育てのきほん』心を通わせて、見守ってあげることが保育の基本

保育の最新情報や役立つ知識をゆる~く配信中!
Twitterをフォローはこちら!

【ほいくらし本棚|オススメの1冊】『子育てのきほん』(佐々木正美 著)

子どもと接するとき、大切にしていることは何ですか? 
たっぷりかわいがってあげることも、しっかりとしつけることも、子どもの健やかな成長には欠かせませんが……。
それ以上に忘れてはいけないのが「子どもが喜ぶこと」をしてあげて、大人がそれを「自分自身の喜びとする」こと。

今回ご紹介するのは、喜びを分かち合う環境が、
いかに子どもの人生を豊かにするか、
そして保護者や保育者を幸せにするかがわかる一冊です。

子どもに関わるすべての大人に読んでほしい、児童精神科医の佐々木正美先生のあたたかいメッセージ

2017年に逝去された児童精神科医の佐々木正美先生。先生が残したたくさんの心あたたまるメッセージは、今もなお、子育てに悩む保護者の方たちに寄り添い続けています。

精神科医として現代の若者の心の問題を憂慮していた佐々木先生は、その根底にあるのが、「乳幼児期に、親やまわりの大人から受ける愛情や安心感の有無」だと感じていました。


社会のなかで人と交わる力というのは、実は乳児のときから育っていきます。
乳幼児期というのは、人間にとってほんとうにたいせつなたいせつな時期です。
この時期に育つさまざまな心身の力が、
大きくなってからの生活、生き方の基礎になっていくからです。
引用:『子育てのきほん』(佐々木正美 著/ポプラ社)

社会問題にもなっている若者の引きこもりやうつ病などの増加は、人間関係の悩みがきっかけになっているものが多いと言われていますが、だからこそ乳幼児期から社会性やコミュニケーション力、思いやりの心を育めるように導いてあげることが大事。そして、それは母親・父親だけでなく、子どもたちと長い時間を一緒に過ごす保育者にも求められる重要な責務だと、佐々木先生はいいます。


私は、保育士さんたちの前でお話しするときに、必ず言います。
勝手放題しているように見える子どもたちを、後ろから見守ってほしい、と。
子どもたちが振り返ったときに先生がちゃんと見ていてくれた、という経験が、
どれだけ子どもの将来に価値を持つことか、を知ってほしい。
(中略)
 だからこそ、先生たちには、「どうか、子どもたちが卒園していくとき、
この子たちは私が見守ってあげた子どもたちなんだ、と
誇りを持って送り出してあげてほしい」とお話ししています。
引用:『子育てのきほん』(佐々木正美 著/ポプラ社)

大人が思う以上に、幼児期の子どもにとって「振り返れば必ず見守ってくれる人がいる」という安心感は絶大です。保育士として悩み、壁にぶつかっても、佐々木先生のこのメッセージを思い出せば少し自信がわいてきませんか?

子どもの本質はいつの時代も変わらない

本書は主に子育てに悩む保護者、とくに母親に向けたメッセージを中心につづられており、子どもの心と体を健全に育成するためのアドバイスや、子どもが社会の中で生き生きと過ごせるようになるヒントがたっぷりと詰まっています。そして、それらはずっと受け継いでいくべき“普遍的なもの”ばかりです。

子どもを取り巻く環境、あるいは子育てにまつわる情報は、ここ数年で目まぐるしく変化しており、新しいものをどんどん取り入れている保育園も増えてきました。しかし、“子どもとの関わり合い”が、“人間同士のつながり”であることは、昔も今も、そしてこれからも変わりません。だからこそ、子どもの本質をしっかりと理解し、愛情をもって見守ってあげることが何よりも求められます。

ほいくらし本棚|オススメ一冊

子育てのきほん

著者名:佐々木正美
出版社:ポプラ社
2019年4月10日発売

<関連書籍>
『子どもが喜ぶことだけすればいい』

文/保育ライター野口 燈

お得な情報や最新コラムなどをいち早くお届け!ほいくらし公式LINE
友だちに追加する
保育の最新情報や役立つ知識をゆる~く配信中!ほいくらし公式Twitter
園での遊びや催し物など有益な情報をお届け!ほいくらし公式Instagram