【遊び】秋の宝石「どんぐり」で遊ぼう!

【遊び】秋の宝石「どんぐり」で遊ぼう!

秋になるとキラッと宝石のように光るどんぐりを見つける機会が多くなります。今回はそんなどんぐりを使った遊びを3つご紹介します。ツルツル、丸くて、尖っていて、指でつまめるくらいの大きさのどんぐりは子どもにとってなんとも魅力的な自然の一部です。どんぐりを通して秋の自然を味わいましょう!

【遊び方】

①どんぐり集め

よく見ると、どんぐりは一つ一つ色や形、質感などが違います。赤っぽい茶色のものもあれば、黄色寄りのどんぐりもあるでしょう。大きいものから小さいもの、尖っていたり、ずんぐりしたものもあります。どのくらいツヤツヤかも違いますよね。個性豊かなどんぐりを眺めながら、気に入ったどんぐりを集めてみましょう! 1人5つまでしか持って帰れません、というルールにすると、子ども達は一つ一つのどんぐりを念入りに観察してくれます。

②どんぐりで室内遊びをしよう

どんぐりはおはじきのようにして遊ことができます。ミニチュアゴルフやホッケー、カーリングなど様々な遊びができるでしょう。おはじきと違って、どんぐりによって重さや形が違うので、より飽きずに遊べます。ここで紹介しておきたいのは、どんぐりを室内で遊ぶ時の下準備についてです。どんぐりの中には虫が住んでいることがよくあります。どんぐりから虫が出てくると嫌ですよね。どんぐりを室内で長く遊ぶためには煮沸処理が必要です。どんぐりを煮沸処理するには、お鍋の水を沸騰させ、そこにどんぐりを5分~10分ほど入れます。お鍋から取り出したどんぐりは拭き取ってしばらく乾燥させましょう。お鍋に入れっぱなしにするとどんぐりが柔らかくなってしまうので注意が必要です。

③どんぐりを使った制作

どんぐりは形も質感も綺麗なので、制作でも大活躍します。リース制作やコラージュに相性バッチリです。ペットボトルにいくつかのどんぐりを入れてマラカスにしてみるのもおすすめです。制作に使う際も②で紹介した方法で煮沸消毒しておきましょう。

◆ワンポイントアドバイス 秋に自然で取れる素材は綺麗な見た目が持続するものが多いです。どんぐり以外の素材も集めてみましょう。

文・イラスト/バーネット

お得な情報や最新コラムなどをいち早くお届け!ほいくらし公式LINE
友だちに追加する
保育の最新情報や役立つ知識をゆる~く配信中!ほいくらし公式Twitter
園での遊びや催し物など有益な情報をお届け!ほいくらし公式Instagram