紙コップマラカスで楽器をつくろう

紙コップマラカスで楽器をつくろう

保育の最新情報や役立つ知識をゆる~く配信中!
Twitterをフォローはこちら!

紙コップを使った工作はいろいろありますが、振ると音の出るおもちゃなら子どもたちも夢中になるって遊べる人気の工作です。お顔と手をつけたロボットマラカスでカラカラ音遊びに挑戦してみましょう。

紙コップマラカスのつくり方

用意するもの:
・紙コップ
・ひも
・厚紙
・ストロー
・丸いシール
・木工用ボンド、はさみ、カッター、ビニールテープ

[ 1 ] 紙コップをふさぐ穴の大きさをまるくハサミで切ります。えんぴつなどで円をなぞると簡単にまるが作れます。

[ 2 ] 紙コップの両方の側面に穴を開けて、ヒモを通します。通したヒモの両端を片結びしましょう。

[ 3 ] ストローを紙コップの円の半分の長さに切ります。10〜15本くらいあると良い音になります。

[ 4 ] 先ほど切ったストローを紙コップの中に入れます。

[ 5 ] 最初に用意したまるい厚紙を木工用ボンドで貼り付け、ふたを閉じます。

[ 6 ] ボンドが乾いたら、ビニールテープでふたが取れないようにしっかりと巻きつけます。最後にお顔を描いて完成です。

◆ワンポイントアドバイス
プラ材のストローが無い場合は、紙ストローでもOKです。顔はマジックで描いても構いませんが、まるいシールを重ねて貼るとよりロボットに見えます。口を作るときは、丸いシールを半分に切って貼るだけで、笑っている顔や怒っている顔に見えます。

文/バーネット

お得な情報や最新コラムなどをいち早くお届け!ほいくらし公式LINE
友だちに追加する
保育の最新情報や役立つ知識をゆる~く配信中!ほいくらし公式Twitter
園での遊びや催し物など有益な情報をお届け!ほいくらし公式Instagram