【遊び】保育園で簡単あやとり「せんす」の作り方

【遊び】保育園で簡単あやとり「せんす」の作り方

#4歳~ #簡単 #一人でできる 

昔からひも1本で簡単に遊べる「あやとり」は、子どもたちの間で人気でした。いまでも先生の中には、覚えている技がいくつかあるのではないでしょうか。ここ最近になり「あやとり」が再注目されています。5本の指を動かすことで、バランスよく脳に刺激を与えるからです。先生やお友だちと一緒に楽しむことも大切な要素です。園でもぜひ取り入れてみませんか。

「あやとり」をはじめる前の準備

◉ひとりでできるようになるまでは、子どもと同じ向きではじめると指使いや奥行きを理解しやすくなります。 

◉ひもの種類はどんなものでも構いません。直径3mmくらいあると、からまりにくいでしょう。また、ひもの長さは手の甲に7〜8回まきつけたくらいが目安です。 

◉あやとりを首に巻いたり、振り回したりしないよう注意事項を伝えます。適切な種類・長さのひもを準備したら、さっそく始めてみましょう。

「せんす」に挑戦

「せんす」は、日本に古くからあるうちわのように顔をあおぐものです。大人はよく知っているものですが、子どもたちも目にしたことはあるはずです。ひなまつりで飾るおひなさまが手に持っているものが「せんす」です。そんなお話をしながら取り入れてみてください。

やり方

1 左手の親指、中指、小指にひもをかけます。

2 左手からたれさがるひもの下から右手を入れて、親指と人差し指で○印をつまみしたまで引きます。

3 左手の人差し指、中指、薬指をそれぞれ○印にいれます。

4 右手に持っているひもを左手の後ろにまわします。

5 右手を後ろにまわしている時の写真です。その後、右手からひもを離します。

6 ○印を右手の人差し指と親指でひもをつまみ、下に引きます。

7 「せんす」の完成です。

まとめ

「ほうき」と工程も似ていますので覚えやすいと思います。少し太めのひもを使うときれいな「せんす」になると思います。赤色や紫色などのひもを使えば、和風の雰囲気も出て、より「せんす」に見えるはずです。ぜひ挑戦してみてください。

この記事をSNSでシェア