【遊び】保育園で簡単あやとり「かんむり」の作り方

【遊び】保育園で簡単あやとり「かんむり」の作り方

#4歳~ #簡単 #一人でできる 

昔からひも1本で簡単に遊べる「あやとり」は、子どもたちの間で人気でした。いまでも先生の中には、覚えている技がいくつかあるのではないでしょうか。ここ最近になり「あやとり」が再注目されています。5本の指を動かすことで、バランスよく脳に刺激を与えるからです。先生やお友だちと一緒に楽しむことも大切な要素です。園でもぜひ取り入れてみませんか。

「あやとり」をはじめる前の準備

◉ひとりでできるようになるまでは、子どもと同じ向きではじめると指使いや奥行きを理解しやすくなります。 

◉ひもの種類はどんなものでも構いません。直径3mmくらいあると、からまりにくいでしょう。また、ひもの長さは手の甲に7〜8回まきつけたくらいが目安です。 

◉あやとりを首に巻いたり、振り回したりしないよう注意事項を伝えます。適切な種類・長さのひもを準備したら、さっそく始めてみましょう。

「かんむり」に挑戦

外国の絵本でたびたび登場する王様がかぶる「かんむり」のあやとりです。子どもなら一度はかぶってみたいおうかん。憧れの象徴ともいえるでしょう。まずはあやとりで挑戦してみませんか。

やり方

1 外国のかまえからスタートです。それぞれの親指のひもをはずします。

2 両手の親指で○印のひもを下からとります。

3 さらに親指の背で上から○印をそれぞれとります。

4 親指にかかっている○印のひもをはずします。

5 両手の小指のひもをはずします。

6 このまま手のひらを向こうがわに向けます。

7 「かんむり」の完成です。

まとめ

コツはひもの長さをみじかめにして、少し太めのひもを使いましょう。子どもの手の大きさに合わせて長さを決めることが大切です。ひもをはずす工程は、難しいので最初は手伝ってあげましょう。

■参考文献
『あやとりしようよ!』日本文芸社刊

この記事をSNSでシェア