【遊び】保育園で簡単あやとり「ふじさん」の作り方

【遊び】保育園で簡単あやとり「ふじさん」の作り方

#4歳~ #簡単 #一人でできる 

昔からひも1本で簡単に遊べる「あやとり」は、子どもたちの間で人気でした。いまでも先生の中には、覚えている技がいくつかあるのではないでしょうか。ここ最近になり「あやとり」が再注目されています。5本の指を動かすことで、バランスよく脳に刺激を与えるからです。先生やお友だちと一緒に楽しむことも大切な要素です。園でもぜひ取り入れてみませんか。

「あやとり」をはじめる前の準備

◉ひとりでできるようになるまでは、子どもと同じ向きではじめると指使いや奥行きを理解しやすくなります。 

◉ひもの種類はどんなものでも構いません。直径3mmくらいあると、からまりにくいでしょう。また、ひもの長さは手の甲に7〜8回まきつけたくらいが目安です。 

◉あやとりを首に巻いたり、振り回したりしないよう注意事項を伝えます。適切な種類・長さのひもを準備したら、さっそく始めてみましょう。

「ふじさん」に挑戦

前回、「かんたんなふじさん」を紹介しました。今回は、立派にそびえる「ふじさん」のあやとり技です。日本で一番高い山「ふじさん」に、あやとりで挑戦してみましょう。

やり方

1 「日本のかまえ」からスタートします。左右の親指にかかるひもをはずします。

2 左右の親指で中指の向こう側にかかっているひも(◯印)を、下からとります。

3 左右にかかっている中指のひもをはずします。その際、反対の手を使うと外しやすいです。

4 左右の人差し指でそれぞれ○印のひもをとります。

5 左右の小指のひもを反対側の手を使ってそれぞれはずします。

6 左右の小指で○印のひもをとります。

7 ○印のひもを左右の薬指でとります。

8 工程7の様子です。薬指にかけにくい場合は、反対側の手を使ってください。

9 中指で○印のひもを左右で取り合います。

10 親指のひもを左右ともはずします。指先を向こう側に向けます。

11 「ふじさん」の完成です。

まとめ

工程が長いので、途中でわからなくなってしまう場合も。どのひもをはずして、どのひもをとるのか、しっかりと確認しながら進めましょう。ひもを引っ張りすぎると指がきつくなり扱いにくいので、少し余裕を持ったたるみを作るとよ」いでしょう。

■参考文献
『あやとりしようよ!』日本文芸社刊

この記事をSNSでシェア