【遊び】保育園で簡単あやとり「ひとこぶ山」の作り方

【遊び】保育園で簡単あやとり「ひとこぶ山」の作り方

#4歳~ #簡単 #一人でできる 

昔からひも1本で簡単に遊べる「あやとり」は、子どもたちの間で人気でした。いまでも先生の中には、覚えている技がいくつかあるのではないでしょうか。ここ最近になり「あやとり」が再注目されています。5本の指を動かすことで、バランスよく脳に刺激を与えるからです。先生やお友だちと一緒に楽しむことも大切な要素です。園でもぜひ取り入れてみませんか。

「あやとり」をはじめる前の準備

◉ひとりでできるようになるまでは、子どもと同じ向きではじめると指使いや奥行きを理解しやすくなります。 

◉ひもの種類はどんなものでも構いません。直径3mmくらいあると、からまりにくいでしょう。また、ひもの長さは手の甲に7〜8回まきつけたくらいが目安です。 

◉あやとりを首に巻いたり、振り回したりしないよう注意事項を伝えます。適切な種類・長さのひもを準備したら、さっそく始めてみましょう。

「ひとこぶ山」に挑戦

遠くに見える「ひとこぶ山」をイメージして作ってみましょう。子どもたちの目線に立つと、山はとっても大きなもの? それとも頂上まですぐに登れてしまう小さなもの? 見え方はさまざまです。ぜひみんなの山をくらべてみるとたのしいはずです。

やり方

1 日本の構えからスタートします。最初に左右の親指にかかっているひもをはずします。

2 左右の親指を下から○印の中(薬指にある空間)にいれます。

3 一つ前の工程2の○印の中に親指を入れているところです。そのまま手のひらを外向きにします。

4 工程3で入れた親指に□印をひっかけながら、▲印をすくいとります。

5 左右の親指を中指と人差し指の間からのびるひもの上に乗せます。

6  親指を乗せたまま、ひもを引き下げます。

7 手のひらを外側に向けると「ひとこぶ山」の完成です。

まとめ

今回の「ひとこぶ山」は、難しそうに見えて実はコツを掴めばとても簡単にできてしまいます。手のひらの返しがポイントです。あやとりは両方の手のひらを向かい合わせにする状態を基本にしていますが、外側の前方や下に向けるなど、工程の中で手のひらの向きが変化していきます。コツを掴めたらさらに新しい技にも挑戦できるようになりますので、ぜひ練習してみてください。

■参考文献
『あやとり大百科』西東社刊

この記事をSNSでシェア