【3月のぬりえ①】ひな祭り

【3月のぬりえ①】ひな祭り

3月3日は、華やかなひな人形を飾って、女の子の健康と成長をお祝いする「ひな祭り」の日。「桃の節句」とも呼ばれるこの行事は、古代中国の「上巳の節句」がルーツだとされています。

昔の中国では、3月のいちばんはじめの巳の日を「上巳」といい、川でみそぎを行い、お酒を飲んで心身の厄を払う風習がありました。その後、厄払いの風習は「曲水(ごくすい)(えん)」と呼ばれる行事に発展。日本の宮中にも伝わり、平安時代には川の水に杯を流しながら歌を詠むという、風流な催しが盛大に行われていたそうです。

そうした行事が、現在のような形で行われるようになったのは、室町時代のころから。紙で作った(ひと)(がた)に自分のけがれを移し、水に流すことで無病息災を願う「流しびな」と、子どもたちの人形遊びである「ひいな遊び」が融合して、ひな祭りの原型ができあがりました。さらに江戸時代になると、幕府が3月3日を「桃の節句」と定め、女の子の成長や幸せを願う日としたことから、大名や公家の間ではひな人形を贈ったり、内裏びなを飾ったりする風習が誕生。やがて大衆的な行事として広まっていきました。

なお、ひな人形は立春から2月中旬にかけて飾りつけ、3月3日が過ぎたらすぐに片付けるのが習わし。いつまでも飾っておくと、娘が嫁にいけなくなるともいわれています。

[参考]
『12ヶ月のしきたり 知れば納得!暮らしを楽しむ』(新谷尚紀/PHP研究所)
『子どもにつたえたい年中行事・記念日』(萌文書林編集部編/萌文書林)

イラスト/深蔵

ぬりえ素材のダウンロードはこちらから

お得な情報や最新コラムなどをいち早くお届け!ほいくらし公式LINE
友だちに追加する
保育の最新情報や役立つ知識をゆる~く配信中!ほいくらし公式Twitter
園での遊びや催し物など有益な情報をお届け!ほいくらし公式Instagram