【5月のぬりえ①】ゴールデンウィーク

【5月のぬりえ①】ゴールデンウィーク

ゴールデンウィークができたのは、1948年に施行された「国民の祝日に関する法律」がきっかけ。4月29日から5月5日までの間に休日・祝日が集中したために、そう呼ばれるようになりました。ここでは、ゴールデンウィークを構成する祝日について、簡単に説明していきましょう。

●5月3日 憲法記念日/1948年に「日本国憲法の施行を記念し、国の成長を期する日」として制定されました。ちなみに日本国憲法は、「国民主権(日本のルールは、みんなで決めること)」「平和主義(世界のみんなと争わずに仲良くすること)」「基本的人権の尊重(誰もが生まれたときからもっている、人間らしく生きる権利を大切にすること)」という3つの原則にのっとっています。

●5月4日 みどりの日/みどりの日は、「自然に親しむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ日」とされており、自然に関するイベントが各地で開催されます。2006年以前は、「天皇誕生日(昭和天皇の誕生日)」だった4月29日が「みどりの日」に制定されていましたが、「国民の祝日に関する法律」の改正によって、2007年からは4月29日が「昭和の日」、5月4日は「みどりの日」となりました。

●5月3日 こどもの日/「こどもの日」は、子どもたちのお祝いをする日だと思われがちですが、祝日法で定められた主旨は「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」こと。こどもの成長を喜ぶと同時に、母への感謝を伝える日でもあるのです。なお5月5日は、「端午の節句」と呼ばれて、男の子の健やかな成長や幸せを祈ってお祝いをする日でもあります。五月人形やこいのぼりを飾るのは、男の子の厄除と立身出世を願う端午の節句の風習なんですよ。

[参考]
「国民の祝日」について(内閣府)
e-Gov法令検索(デジタル庁)
『子どもにつたえたい年中行事・記念日』(萌文書林編集部編/萌文書林)

イラスト/深蔵

ぬりえ素材のダウンロードはこちらから

お得な情報や最新コラムなどをいち早くお届け!ほいくらし公式LINE
友だちに追加する
保育の最新情報や役立つ知識をゆる~く配信中!ほいくらし公式Twitter
園での遊びや催し物など有益な情報をお届け!ほいくらし公式Instagram