【5月のぬりえ③】母の日

【5月のぬりえ③】母の日

母親に日頃の感謝を伝えてカーネーションを贈る——。「母の日」は、日本でもおなじみの記念日となっていますが、その起源は今から100年以上前のアメリカにあるとされています。

母の日が生まれるきっかけを作ったのは、アンナ・ジャービスという女性でした。彼女は、フィラデルフィアの教会で亡き母を追悼する会を開き、参列者に母親が好きだったカーネーションを配布。「生きている間に、お母さんに感謝の気持ちを伝える機会を設けるべきだ」と働きかけたことで、“母親に感謝する日”を設けようとする運動がアメリカ全土に広がっていったのです。

その結果、1914年にはアメリカ議会が5月の第2日曜日を母の日と制定。それと同時に、カーネーションが母の日のシンボルとなりました。ちなみに、アンナの母親であるアン・ジャービスは、南北戦争で敵味方関係なく負傷した兵士の手当てや看護を行った人物でもあります。そうした人柄もまた、人々が “母親に感謝する日”に賛同した理由のひとつかもしれませんね。

最後に、カーネーションの花言葉も紹介しておきますので、伝えたい思いにあわせて、色を選んでみてはいかがでしょうか。

●赤:愛、感動
●ピンク:感謝の心、温かな愛情
●オレンジ:情熱、清らかな慕情
●紫:誇り、気品

[参考]
『12ヶ月のしきたり 知れば納得!暮らしを楽しむ』(新谷尚紀/PHP研究所)
『子どもにつたえたい年中行事・記念日』(萌文書林編集部編/萌文書林)
『美しい花言葉・花図鑑』(ナツメ社)
日比谷花壇ホームページ

ぬりえ素材のダウンロードはこちらから

お得な情報や最新コラムなどをいち早くお届け!ほいくらし公式LINE
友だちに追加する
保育の最新情報や役立つ知識をゆる~く配信中!ほいくらし公式Twitter
園での遊びや催し物など有益な情報をお届け!ほいくらし公式Instagram
CATEGORY :