【工作】七夕の日「スペシャルな短冊」を作ろう

【工作】七夕の日「スペシャルな短冊」を作ろう

子ども達にも人気な伝統行事、七夕。なかでも、笹の葉に願いごとを書いた短冊を吊るす風習は今でも大変人気ですね! 今回は、普通の短冊とは一味違う渋くてスペシャルな短冊の作り方をご紹介します。短冊から手作りすると、そこに書く願い事をいつもより真剣に考えるかもしれませんね。「素敵な願い事ってどんなのだろう?」と、子ども達に声かけをして、想像力を育みましょう。

【材料】

  • 牛乳パック
  • 2Lのペットボトル
  • 水を張れるトレイ
  • 絵の具
  • キリもしきは穴あけ器
  • ハサミ
  • 針金モールなど

①牛乳パックを切って開き、水を張ったトレイに半日~1日ほど浸けておきます。牛乳パックがうまく水に浸らない時は、上にコップなどを置きましょう。

②牛乳パックを水から取り出し、牛乳パックの外側のプリント面と、内側のツルツルの部分を剥がします。薄くてケバケバした紙が残ると成功です。

③牛乳パックを軽くくしゃくしゃに揉んで、写真のように細く丸めます。

④色水入りのペットボトルに牛乳パックを入れて、キャップをしめて振ります。牛乳パックに色が十分つくまで放置します。

⑤牛乳パックに色がついたらペットボトルの中からそっと取り出して乾かします。

⑥牛乳パックが乾いたらハサミで形を整え、穴を開けてモールを通すと完成です。

◆ワンポイントアドバイス
色水は濃く作りましょう。特に黄色のような薄い色は多めに絵の具を入れるか、少しオレンジっぽい色を入れると良いです。

文・写真/バーネット

お得な情報や最新コラムなどをいち早くお届け!ほいくらし公式LINE
友だちに追加する
保育の最新情報や役立つ知識をゆる~く配信中!ほいくらし公式Twitter
園での遊びや催し物など有益な情報をお届け!ほいくらし公式Instagram
CATEGORY :