手作りおもちゃ「タングラム」で遊ぼう! 簡単な作り方を解説

手作りおもちゃ「タングラム」で遊ぼう! 簡単な作り方を解説

1歳児の手作りおもちゃにおすすめの「タングラム」。子どもが自分で好きなように組み替えながら遊べるため、ひとつは持っておきたいおもちゃです。そこでこの記事では、タングラムを手作りする方法をご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

タングラムとは?

タングラムとは、さまざまな形のピースを組み替えながら遊ぶパズルのような遊びです。「分割パズル」「シルエットパズル」とも呼ばれ、広く親しまれています。バラバラになったピースを正方形になるように合わせたり、自分で好きな形を作ったりしながら楽しみます。タングラムに正解はなく、何通りにも遊びを展開できるため飽きずに遊べるのもうれしいポイントです。

タングラムを遊びに取り入れるメリット

タングラムを遊びに取り入れると、以下のようなメリットが期待できます。

  • ピースを夢中になって組み替えることで集中力が向上する
  • どんな形にしようか考えながら思考力を鍛える
  • さまざまな形に触れるなかで図形間感覚を養う
  • たくさんのピースを使うことで色や数の概念を知る

1歳児は貼ったりはがしたりするなかで、手先の器用さを養います。幼児期~学童期になっても、それぞれ違った楽しみ方ができるため長く遊び続けられますよ。

タングラムの作り方

ここからは、タングラムの作り方をご紹介いたします。

【準備するもの】

  • マグネットボード
  • マグネットシート
  • カッティングボード
  • はさみ
  • カッターナイフ

【作り方】

①マグネットを正方形に切り、裏に例のような図形を書き込む
②線に沿ってマグネットを切る

③切ったマグネットを正方形に戻す
④色を混ぜて好きな遊びを楽しむ

【ポイント】

  • カッターナイフを使うときは、ケガに十分注意しましょう
  • 小さなパーツを口に入れないよう、遊ぶときは側で見守りましょう

まとめ

この記事では、タングラムの作り方についてご紹介しました。一般的なタングラムは、木やプラスチックでできていますが、貼ったりはがしたりできるマグネットのタングラムもとてもおすすめです。ぜひ取り入れてみてくださいね。

保育ライター
保育士・幼稚園教諭資格を持つ2児の母。保育士歴10年、現在はライターとして活動中。
保育士経験を活かし、季節の行事に家族で手作りの飾りつけを楽しむのが趣味。
Instagram:https://www.instagram.com/hoik_aya___/
お得な情報や最新コラムなどをいち早くお届け!ほいくらし公式LINE
友だちに追加する
保育の最新情報や役立つ知識をゆる~く配信中!ほいくらし公式X(旧Twitter)
園での遊びや催し物など有益な情報をお届け!ほいくらし公式Instagram
この記事をSNSでシェア
CATEGORY :