紙コップで手作りロケットを作ろう! 発射台の作り方

紙コップで手作りロケットを作ろう! 発射台の作り方

自分で作って遊べる工作は、子どもたちに大人気です。そのなかでも「飛ばせるおもちゃ」は、不動の人気ですよね。自分だけのロケットが作れたら、大喜び間違いなし…! そこでこの記事では、紙コップを使って簡単にできるロケットの作り方をご紹介します。ぜひ取り入れてみてくださいね。

手作りロケットで遊ぶねらい

子どもたちをワクワクさせる手作りロケット。保育に取り入れることで、以下のような効果が期待できます。

  • 身近な素材を使うことで創造性を身につける
  • 自分の思うロケットを形にするなかで表現力を培う
  • 自分だけのおもちゃを作ることで物を大切にする心を育む
  • ものが飛ぶ原理に興味・関心を持つ
  • 自分の力でロケットを飛ばす達成感を味わう

とにかく役立つ紙コップの使い道

紙コップは、安価でたくさん手に入る優れもの。サイズ展開も豊富で、飲み物を飲むとき以外にもさまざまなシーンで役立ちます。本来の形を活かして小物入れにしたり、しっかりした素材を利用してコマにしたり…。紙コップを使ったシアターも人気です。ひとつの用途に捉われず、製作に活かしてみましょう。紙コップを使ったロケット以外の手作りおもちゃは以下の記事でも紹介しています。ぜひチェックしてみてくださいね。

【関連記事】
紙コップで工作を楽しもう!子どもが喜ぶ手作りおもちゃ特集【保育園】

紙コップロケットの作り方①

まずは、紙コップで作った発射台でロケットを飛ばす方法です。難しい動作が不要なため、幼児でも簡単にロケットを発射できます。ロケット本体には、思い思いの好きな装飾を施しましょう。

【準備するもの】

  • 紙コップ2つ
  • 画用紙やシールなど
  • 輪ゴム2つ
  • はさみ
  • のりや両面テープ

【作り方】

①1つ目の紙コップにロケットの装飾を施す

②飲み口の部分に4カ所切り込みを入れる

③2つの輪ゴムをつなぎ合わせる

④つなげた輪ゴムを切り込みに入れる

⑤2つ目の紙コップの飲み口を下に向けて置く

⑥上から重ねるようにロケットを被せる

⑦輪ゴムの力で下に引っ張り、手を離して発射させる

【ポイント】

  • 紙コップに切り込みを入れるときは、ケガに十分注意しましょう
  • 発射を覗き込まないよう注意しましょう

紙コップロケットの作り方②

次は、割り箸を使った発射台の作り方をご紹介します。紙コップよりも少し発射の難易度が高くなりますが、飛ばせたときの達成感をより味わえますよ。

【準備するもの】

  • 紙コップロケット
  • 割っていない割り箸
  • ストロー
  • 輪ゴム1つ
  • ビニールテープ
  • はさみ

【作り方】

①紙コップロケットの天井(底部分)をくり抜いて空洞にする

②割り箸に輪ゴムを挟んでビニールテープでとめる

③輪ゴムの反対側をストローに貼りつける

④ロケットを割り箸に通す

⑤ストローを横向きにしてロケットを乗せる

⑥ストローを輪ゴムの力で下に引っ張り、手を離して発射させる

【ポイント】

  • トイレットペーパーの芯をロケットにするのもおすすめです
  • 周囲に人がいないか確認してから飛ばすようにしましょう

まとめ

この記事では、紙コップを使ったロケットの作り方をご紹介しました。発射台は紙コップでも割り箸でもOK! 手作りおもちゃは、作る過程も大切ですが、しっかり遊び込む時間も必要です。子どもたちが飛んだ距離を競いながら遊べるよう、いろいろ工夫してみてくださいね。

保育ライター
保育士・幼稚園教諭資格を持つ2児の母。保育士歴10年、現在はライターとして活動中。
保育士経験を活かし、季節の行事に家族で手作りの飾りつけを楽しむのが趣味。
Instagram:https://www.instagram.com/hoik_aya___/
お得な情報や最新コラムなどをいち早くお届け!ほいくらし公式LINE
友だちに追加する
保育の最新情報や役立つ知識をゆる~く配信中!ほいくらし公式X(旧Twitter)
園での遊びや催し物など有益な情報をお届け!ほいくらし公式Instagram
この記事をSNSでシェア
CATEGORY :