卒園式・入園式の壁面装飾アイデア~写真を使った装飾3選~

卒園式・入園式の壁面装飾アイデア~写真を使った装飾3選~

子どもたちを送り出す卒園式、そして新しい子どもたちを迎え入れる入園式。子どもたち、保護者、保育者にとっても大切な1日を、温かい飾りつけとともにお祝いしたいですね。卒園式では卒園児の写真や似顔絵を、入園式では先生紹介として、写真や似顔絵を使って華やかに会場を装飾できるアイデアを3つご紹介します。何かと忙しい年度の切り替えシーズンなので、同じ装飾をアレンジして使う方法もあわせてご紹介しますね。

卒園式装飾のポイント

園でたくさんの時間を過ごしてきた卒園児。装飾の中に、今までの思い出を振り返られるような写真を取り入れてみるのはいかがでしょうか。日々の写真や行事の写真、入園当初の写真などを飾ると、より子どもたちの成長が感じられる空間になりますよ。在園児や先生、お友だちからのプレゼントとして、似顔絵を飾るのもおすすめです。子どもたちへの想いがこもった似顔絵からは、温かさが感じられますね。

会場の壁面に飾るのはもちろん、園の玄関や廊下、階段、保育室など、子どもや保護者が通る場所に装飾しても良いですね。待ち時間に眺めたり、子どもの成長をともに喜びあうきっかけにもなります。

入園式装飾のポイント

卒園式とは違い、初めて園に来る子どもや保護者も多い入園式。園が安心できる場所、楽しい場所だということを伝えられると良いですね。子どもたちにとって親しみある装飾のほか、園にはどのような先生がいるのか知ってもらえるよう、先生たちの写真を飾って紹介するのもおすすめです。

子どものお世話や連絡事項が多く、入園式は何かと慌ただしくなりがち。待ち時間が発生する場所や、保育室に担任紹介を貼っておくと目に入りやすく、信頼関係を築くきっかけにもなりそうですね。

年度の切り替えは先生たちも忙しくなる時期です。卒園式で使用した装飾を上手くアレンジして、入園式の装飾としても活用していけると良いですね。卒園式と入園式、どちらにもおすすめの写真を使った装飾を3つご紹介します。

リボン装飾

お花紙と厚紙だけで簡単に作れるリボン型の飾りです。お花紙を使うことで、ふわっと華やかな仕上がりになりますよ。卒園式ではリボンの装飾に、入園式では春らしくちょうちょの装飾にアレンジすることもできます。

材料】

  • お花紙2枚
  • 厚紙


【作り方】

①好きな色のお花紙を2枚重ねる。
②上になる方のお花紙の左右両端を1cmくらい切り、下のお花紙が見えるようにする。
③中央をつまんでホチキスでとめる。
④リボンや写真の大きさに合わせて、中央に貼る厚紙を丸く切る。
⑤厚紙の上に好きな写真や似顔絵を貼る。
⑥リボン中央に厚紙を貼ったら完成。

装飾方法

単体でも装飾しやすいデザインのため、壁面だけではなくドア周りや階段の手すりなど、好きなところに飾れます。レース飾りやカーテンのアクセントにするのも素敵ですよ。入園式では中央の写真を貼りかえたり、モールで作った触角をつけて、ちょうちょに変身させてみましょう。

コサージュ装飾

花飾りを意味するコサージュ。祝い事のときに襟元や胸につけることが多いコサージュは、園の式典にもぴったりの雰囲気です。折り紙を使って、簡単にコサージュ風の装飾を作ってみましょう。

【材料】

  • 折り紙2枚
  • 厚紙

【作り方

①厚紙を丸く切る。
②厚紙の表面に写真や似顔絵を貼る。
③折り紙を縦4等分に切る。
④切った折り紙を、折り目がつかないよう半分に折りたたみ、のり付けする。
⑤厚紙の裏面に、円に沿って等間隔になるよう折り紙を貼りつけたら完成。

装飾方法

お花型の下にリボンを垂らすと、さらにコサージュっぽく、華やかな印象になります。卒園式のときに、目印として椅子に飾りつけることもできますよ。中央の写真部分を貼りかえれば、そのまま入園式でも使うことができます。

気球装飾

カラフルで立体的な気球の装飾。画用紙だけで作ることができます。空飛ぶ気球は、室内の上の方を飾りたいときにもぴったり。虹や雲、風船を描いて一緒に飾りつけるのもおすすめです。

【材料

  • 画用紙

作り方】

①画用紙4枚を同じサイズの円型に切る。
②円3枚を半分に折る。
③円1枚を土台にして、半分に折った円3枚を貼り合わせる。
④気球のバスケットとロープ部分を画用紙で作って貼りつける。
⑤スケットの上に写真や似顔絵を貼りつけたら完成。

装飾方法

空に浮かぶ気球をイメージして、子どもの目線より上の高さに貼るのがおすすめです。壁面のほか、天井から吊るして装飾することもできますよ。紙コップを半分に切って貼りつけたら、立体的なバスケットになります。模様をつけたり、マスキングテープで装飾したりして、オリジナルの気球を作ってみてくださいね。

まとめ

写真や似顔絵を飾ることで、その年だけのオリジナル装飾を作ることができます。卒園式、入園式という特別な一日。どのような式にしたいか、装飾にも想いを込めて会場作りをしていきたいですね。

保育士
大学卒業後、幼稚園教諭、保育士として勤務。さまざまな子どもや保護者、保育者と関わる中で「園という枠を超えて、より親密なサポートがしたい」と考え、個人での活動を開始。ベビーシッターやリトミック教室での仕事を経験し、現在はフリーランス保育士として、子育てをしながら保育者や親子向けの情報発信、講座等を行う。