【保育園】マラカスを手作りしよう!廃材を使ったアイディア4選

【保育園】マラカスを手作りしよう!廃材を使ったアイディア4選

保育園での音遊びにピッタリの「マラカス」。既製品でもよいのですが、せっかくなので手作りしたマラカスで音楽を楽しめるようにしてみませんか?手作りマラカスは、目で見て耳で聞いて2度楽しめます。この記事では、廃材を使った手作りマラカスのアイディアをご紹介します。ぜひ保育に取り入れてみてくださいね。

手作りマラカスをおすすめしたい理由

保育に手作りマラカススがおすすめの理由は、以下のとおりです。

廃材を活用できる

ペットボトルや紙コップなど、マラカスは廃材を利用して簡単に作れます。さまざまな素材を使い、その形や性質の特徴を知り工夫することを楽しみましょう。

音の違いを感じられる

マラカス作りに使用する素材や中身の組み合わせを変えることで、それぞれ音の違いを感じられます。既製品では味わえない、手作りならではのメリットといえるでしょう。

装飾を楽しめる

マラカス作りは音を鳴らすだけでなく、自由な装飾を楽しめるのも大きなポイントです。さまざまな素材を用意して、子どもの想像力や表現力を刺激しましょう!

手作りマラカスの製作アイディア4選

色々な素材、材料を使った手作りマラカスの製作アイディアを4つご紹介します。

ペットボトルを使った手作りマラカス

ここからは、廃材を使ったマラカスの作り方をご紹介します。まずは、手に入れやすいペットボトルを使ったマラカスです。丈夫で難しい作業が不要なため、乳児期の子どもでも気軽に取り組めます。

【準備するもの】

  • 小さめのペットボトル
  • ビニールテープ
  • ビーズ
  • シール

【作り方】

①ペットボトルの外側に装飾を施す

②中にビーズを入れる

③蓋をしっかり締めてビニールテープを巻く

蓋が開かないよう、ビニールテープでしっかり固定しましょう
カラーペンで模様を描いてもかわいく仕上がります

ヤクルト容器を使った手作りマラカス

ヤクルトなどの容器を使ったマラカスもおすすめです。飲み終わったあとの不要な容器をマラカスにリサイクルしていく経験は、子どもにとって特別なものになるはずですよ。小さくて軽いため、乳幼児の工作におすすめの素材です。

【準備するもの】

  • ヤクルトの容器2つ
  • ビニールテープ
  • ビーズ
  • シール

【作り方】

①ヤクルト容器の外側に装飾を施す

②中にビーズを入れる

③2つの容器の飲み口を合わせてビニールテープを巻く

中身が出ないよう、ビニールテープでしっかり固定しましょう
飲み口をフェルトなどで閉じれば、容器1つでも作れます

カプセルトイを使った手作りマラカス

カプセルトイを楽しんだあとの容器も、マラカス作りにピッタリ!カラフルなものが多く、華やかな仕上がりになりますよ。丸い形がボールに似ていますが、とても固いため投げて遊ばないように注意しながら取り組みましょう!

【準備するもの】

  • カプセルトイの空き容器
  • おはじき
  • ビニールテープ
  • シール

【作り方】

①カプセルトイの容器の外側に装飾を施す

②中におはじきを入れる

③蓋をしっかり締めてビニールテープを巻く

蓋が開かないよう、ビニールテープでしっかり固定しましょう
振るだけでなく、転がして音を楽しむのもおすすめです。

ラップの芯を使った手作りマラカス

固くてしっかりしているラップの芯も、マラカス作りにおすすめです!筒の上下にビニール袋を貼ることで、中身を覗く楽しさも味わえます。手で簡単につぶれてしまう柔らかい筒よりも、固いものを選んで作ってみましょう。

【準備するもの】

  • ラップの芯
  • ビーズ
  • 固めのビニール袋
  • ビニールテープ
  • シール

【作り方】

①ラップの芯の外側に装飾を施す

②中にビーズを入れる

③筒の上下にビニール袋を貼ってビニールテープを巻く

カラーペンで模様を描いてもかわいく仕上がります
芯の大きさを調整するときは、カッターナイフでケガをしないよう注意しましょう

マラカスの中身におすすめの材料

マラカスは、容器と中身の組み合わせを変えるだけで、さまざまな音の違いを楽しめます。そこでここからは、マラカスの中に入れてほしい、おすすめの材料をご紹介します。

ビーズ

マラカスの中身といえば、ビーズを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?一言でビーズといっても、大きさによって奏でる音はさまざま。種類の違うビーズを使って、音の違いを楽しんでみましょう。

小豆

お手玉の中に入れることも多い小豆は、マラカスにもピッタリ!固くて丈夫な小豆を入れると、力強い音のマラカスに。コーヒー豆やお米、マカロニなども代用品になりますよ。入れる量による違いも楽しんでみましょう。

おはじき

おはじきをマラカスに入れると、ジャラジャラと大きな音が鳴り響きます。カラフルなので、見て楽しめるのもうれしいポイント!マラカスに少し重さがでますが、ビー玉もおすすめです。

どんぐり

秋にマラカスを手作りする場合は、木の実や枝を入れるのもおすすめです。音を楽しむのはもちろん、置いているだけで秋を感じられます。虫が出てこないよう、下処理をしっかりおこないましょう。

モール

さまざまなカラーがあるモールを入れると、華やかなマラカスに仕上がります。モールだけでは音が弱いため、ほかのものと合わせて入れてもよいでしょう。

ストロー

モールと同じく、カラフルなストローもマラカスにおすすめです。そのままでもよいのですが、ストローを短く切ってから入れると、より音が響きやすくなりますよ。

さまざまなパーツといっしょに、水を入れるのもおすすめです。水の中でゆらゆら揺れるパーツが子どもたちの目を奪います。合わせて洗濯のりを入れると、センサリーボトルのようにマラカスとは違った遊びも楽しめます。

手作り楽器で自由な合奏を楽しもう!

子どもたちにとって、自分で作った楽器は特別なもの。マラカス以外にも、段ボールで太鼓を作ったり、輪ゴムを活用してギターを作ったり…。実際に作った楽器で音を楽しむことで、音楽に興味・関心を持つ糸口になります。手作りしたあとは楽器を使って、自由な演奏会を取り入れてみてくださいね。

まとめ

この記事では、保育園で楽しむマラカス作りについてご紹介しました。特別な材料を用意しなくても、ペットボトルなどの廃材があれば簡単に作れます。中に入れるものを変えたり、装飾を施したりすることで、楽しみは無限に!子どもたちが自由な組み合わせを楽しめるよう、さまざまな素材を準備して取り組んでみてくださいね。

紙コップマラカスで楽器をつくろう

保育ライター
保育士・幼稚園教諭資格を持つ2児の母。保育士歴10年、現在はライターとして活動中。
保育士経験を活かし、季節の行事に家族で手作りの飾りつけを楽しむのが趣味。
Instagram:https://www.instagram.com/hoik_aya___/
お得な情報や最新コラムなどをいち早くお届け!ほいくらし公式LINE
友だちに追加する
保育の最新情報や役立つ知識をゆる~く配信中!ほいくらし公式X(旧Twitter)
園での遊びや催し物など有益な情報をお届け!ほいくらし公式Instagram
この記事をSNSでシェア