保育園でドロケイ(ケイドロ)を楽しもう!ねらいや遊び方、アレンジ方法

保育園でドロケイ(ケイドロ)を楽しもう!ねらいや遊び方、アレンジ方法

「けいさつ」と「どろぼう」に分かれて遊ぶドロケイは、さまざまな年代から愛される鬼ごっこのひとつです。ドロケイはチームに分かれて追いかけっこを繰り返すため、遊びのなかでコミュニケーション能力を培えます。この記事では、保育園でドロケイを楽しむときのねらいや遊び方を解説します。ルールを分かりやすく伝える方法もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ドロケイ(ケイドロ)を保育に取り入れよう!

ドロケイの「ドロ」は「どろぼう」、「ケイ」は「けいさつ」のことを指しています。地域によって「ケイドロ」「どろじゅん」「助け鬼」など、呼び方はさまざま。この記事では、総じて「ドロケイ」として遊び方をご紹介していきます。まずは、保育にドロケイを取り入れるために知っておきたい基本的なポイントを解説します。

ドロケイいつからできる? 

ドロケイは、少し難易度が高いため、基本的な鬼ごっこやこおりおになどの遊びができるようになってから取り入れるのがおすすめです。そのため、4~5歳児になってからがよいしょう。

ドロケイのねらいは? 

ドロケイには、以下のようなねらいがあります。

  • ルールのある遊びに親しみを持つ
  • 走ったり隠れたりしながら全身運動を楽しむ
  • お友だちとコミュニケーションを図る
  • 仲間同士、助け合うなかで団結力を深める
  • 状況を把握するための観察力を身につける

一般的な鬼ごっことは異なり、ドロケイは「どろぼうVSけいさつ」のチーム戦です。仲間と作戦を立てたり、助け合ったりするなかで、社会性が身につきます。ドロケイを取り入れるときは、そのようなねらいを定められるとよいでしょう。

ドロケイに必要な広さは? 

ドロケイで遊ぶときに必要な広さは、普段鬼ごっこなど集団遊びをしている園庭や広場と同じで問題ありません。しかし、ドロケイにはある程度の走り回れる広さと合わせて、捕まえた「どろぼう」が待機する「牢屋」と呼ばれるスペースが必要です。そのような空間がない場合は、地面に印をつけて牢屋の場所を決めておくとよいでしょう。

ドロケイ(ケイドロ)の遊び方

ここからは、実際に遊ぶときのドロケイのルールを解説します。

基本の遊び方

  1. ジャンケンで「どろぼう役」と「けいさつ役」を決める
  2. 牢屋の位置を確認してから「けいさつ」が10秒数える
  3. 「どろぼう」は「けいさつ」が数を数えている間に好きな場所に逃げる
  4. 「けいさつ」は「どろぼう」を追いかけ、タッチする
  5. タッチされた「どろぼう」は牢屋に移動する
  6. まだ捕まっていない「どろぼう」が牢屋にいる仲間にタッチすれば、再び逃げられる
  7. 全員を捕まえて牢屋に入れることができたら「けいさつ」の勝ち

地域によってルールが異なる場合もありますが、捕まえた「どろぼう」は「けいさつ」が責任を持って牢屋に連れていきます。作戦として、捕まえた「どろぼう」を助けられないように「けいさつ」が牢屋の前で見張りをすることも。そのほか、宝物を用意して「どろぼう」に奪われないように…という遊び方もあります。

子どもたちへの伝え方

【導入】

今から「ドロケイ」という遊びをするよ! 遊んだことのある人~?
ドロケイのドロは「どろぼう」、ケイは「けいさつ」のことなんだけど、どっちが追いかけるかかるかな? (子どもたちの答えを待つ)
そうだね! 「けいさつ」が「どろぼう」を追いかけるんだよね。

ドロケイは、「けいさつ」と「どろぼう」のチームに分かれて遊ぶよ。
捕まった「どろぼう」は牢屋に入るけど、仲間にタッチしてもらったらまた逃げることができるんだ。鬼ごっことこおりおにに似ているね。

【けいさつの動き】

じゃあ、まずは「けいさつ」がどうやって動くかお話するね。
「けいさつ」になった人は、数を数えてから「どろぼう」を追いかけるよ。
うまくタッチできたら、捕まえた「どろぼう」を牢屋に連れて行くよ。

逃げている「どろぼう」を全員捕まえたら勝ちだからね。
でも、仲間にタッチしてもらえた「どろぼう」は、牢屋から出ちゃうんだ。
助けられないように牢屋を守るとか、みんなで作戦を考えることが大切だね。

【どろぼうの動き】

「どろぼう」は「けいさつ」が数を数えている間に好きな場所に逃げるよ。
「けいさつ」にタッチされたら、牢屋に捕まっちゃうんだ。
まだ捕まっていない人は、牢屋にいる仲間にタッチすれば助けられるよ。

でも、牢屋の近くには「けいさつ」がいるかもしれないから注意してね。
みんな捕まったら「どろぼう」の負け。
捕まった仲間を助けながら、うまく逃げ切ることが大切だよ。

ドロケイ(ケイドロ)のポイント

保育園でドロケイをするときは、以下のようなポイントを意識しましょう。

「けいさつ」か「どろぼう」か分かりやすいようにする

大人数で遊ぶときは、途中で「けいさつ」なのか「どろぼう」なのか、分からなくなることがあります。仲間のフリをして捕まえるという作戦もありますが、基本的なルールに慣れるまでは役割が分かるような目印が必要です。帽子の色を変えたり、ビブスを着たりするとよいでしょう。

遊びが盛り上がるようエリアを区切る

どこまでも逃げられるとなると、圧倒的に「けいさつ」が不利になります。遠くまで追いかけに行っている間に捕まえた「どろぼう」が牢屋から出てしまう…そのくり返しです。遊びをより盛り上げるには、あらかじめエリアを区切っておくのがおすすめです。

牢屋の見張りについてルールを統一する

ドロケイで楽しく遊ぶには、ルールの統一が欠かせません。とくに、捕まえた「どろぼう」を仲間が助けに来ないよう、牢屋に見張りをつけるかどうかです。見張りがいれば、仲間を助けられないどころか、助けに近づいた「どろぼう」まで捕まってしまいます。あとから揉めないよう、先にルールを確認しておきましょう。

制限時間を設ける

ドロケイは、すべての「どろぼう」を捕まえるまで終わらない遊びです。捕まえても捕まえても逃げられて、同じことのくり返しになると疲れてしまいます。「5分間だけ」など、制限時間を決めておくことで、役割を交代しながら楽しめます。

ドロケイ(ケイドロ)役割を決めるとき

「どろぼう」「けいさつ」の役割を決めるとき、一般的にはジャンケンやグーとパーを使ってチーム分けをします。そのほかにも、いろは歌を使うおもしろいチーム分け方法があります。

いろは歌

いろはにほへと ちりぬるを
わかよたれそ  つねならむ
うゐのおくやま けふこえて
あさきゆめみし ゑひもせす

この歌をアレンジして、「どろぼう」と「けいさつ」を決めます。

  1. ドロケイに参加する子どもたちは片方の足を出して円になる
  2. 靴を指しながらいろは歌を歌う
  3. 「いろはにほへと…」一文字ずつ円を描くように靴を指す
  4. 「ちりぬすっと! 」で当てられた人は盗人(どろぼう)になる
  5. 「…わかよたんてい! 」で当てられた人は探偵(けいさつ)になる

決まった人は足を引っ込め、また「いろはにほへと」から始めていきます。どこで止まるかワクワクするため、ドロケイへの期待感を膨らませられます。

まとめ

この記事では、ドロケイの遊び方や遊ぶときのポイントを解説しました。ドロケイのようなチーム戦の鬼ごっこは、テレビ番組などでも大人気! 「どろぼう」を復活させるためのアイテムを用意するなど、アレンジを加えてもおもしろいでしょう。子どもたちが楽しく遊べるよう、ぜひ取り入れてみてくださいね。

保育ライター
保育士・幼稚園教諭資格を持つ2児の母。保育士歴10年、現在はライターとして活動中。
保育士経験を活かし、季節の行事に家族で手作りの飾りつけを楽しむのが趣味。
Instagram:https://www.instagram.com/hoik_aya___/
お得な情報や最新コラムなどをいち早くお届け!ほいくらし公式LINE
友だちに追加する
保育の最新情報や役立つ知識をゆる~く配信中!ほいくらし公式X(旧Twitter)
園での遊びや催し物など有益な情報をお届け!ほいくらし公式Instagram
この記事をSNSでシェア