保育園で楽しめる!日本の伝統的なお正月遊び

保育園で楽しめる!日本の伝統的なお正月遊び

新しい年がスタートする1月。新年は改めて日本の文化を感じられる機会でもありますよね。保育園でも、この時期ならではの「日本の伝統的なお正月遊び」を取り入れてみてはいかがでしょうか。代表的なお正月遊びである「羽根つき」「お手玉」「かるた」の由来と遊び方、保育園の子どもたちも楽しく遊べるアレンジ方法をご紹介します。

お正月遊びのねらい


お正月遊びに設定できるねらいの例として、次のようなものがあります。

・お正月遊びを楽しみ、日本の文化に親しむ。
・お正月の意味や伝統遊びについて知る。
・新しい1年の始まりをみんなでお祝いする。
・お正月遊びを通してお友だちと関わることを楽しむ。

羽根つき

羽根つきの由来

由来については諸説ありますが、もともとは中国で「羽根に硬貨をつけたものを蹴る遊び」として親しまれ、室町時代に日本に伝わってきたそうです。江戸時代には厄除けとして、年末に羽子板を送る文化ができたそうですよ。羽根の先についている黒い球は「無患子(むくろじ)」といい、子どもが患わないという意味が込められており、羽根には災いをはねるという意味があります。


羽根つきの遊び方

羽根つきは一人で遊ぶ「揚げ羽根」と、二人で遊ぶ「追い羽根」の2種類の遊び方があります。揚げ羽根は一人で羽子板を持ち、何回羽根をつけるか数える遊びです。追い羽根は、二人で距離を取って向かい合い、羽根が落ちないよう、羽子板を使って順番に打ち合う遊びです。


保育園・幼稚園での羽根つき遊び

本物の羽子板で羽根をつくのは、子どもたちにとってなかなか難しいこと。別の素材で代用したり、オリジナル羽子板を製作したりして遊ぶと、小さな子どもたちでも楽しめますよ。

【乳児向け】

道具を使うのがまだ難しい乳児さんは、風船を使って羽根つき遊びの雰囲気を味わってみてはいかがでしょうか。段ボールを羽子板の形にカットすれば、オリジナル羽子板の完成です。段ボール羽子板で風船をついて、風船のふんわりとした動きを楽しんでみましょう。

【幼児向け】

幼児さんは本物の羽根板と羽根を用意して実際に触れてみたり、遊んでみても良いですね。一緒に製作する場合は、段ボールや牛乳パックを羽子板の形に切って作ることができます。羽子板の形を2枚用意して、間にわりばしを挟んで作ると羽子板が折れにくくなりますよ。

伝統的なお正月遊び2【お手玉】

お手玉の由来

お手玉の由来も諸説ありますが、奈良時代に中国から伝わってきたようです。当時は水晶や石が使われていましたが、現在は小豆を中に入れ、布を縫い合わせて作るものが一般的です。


お手玉の遊び方

お手玉といえば、「投げ玉(ゆり玉)」が有名ですよね。お手玉2つ以上を手に持ち、右手で上に投げて、その間に左手に持っているお手玉を右手に移し、投げたお手玉を左手で受ける……という繰り返しの遊びです。しかし、実はそれ以外にもさまざまな遊び方ができますよ。


保育園・幼稚園でのお手玉遊び

【乳児向け】

お手玉はその独特の感触や音から、乳児さんでも触ったり振ったりして楽しむことができます。慣れてきたら手や腕、肩に載せてみたり、手の上でそっと投げたりしてみましょう。お手玉をおせんべいに見立てて、わらべうた「おせんべやいて」に合わせて遊んでみるのもおすすめです。

【幼児向け】

頭や肩に載せて、落とさないように歩いてみたり、投げてキャッチする練習もしてみましょう。わらべうた「おじぞうさんこんにちは」に合わせて、お手玉を頭の上に載せ、落としてキャッチする遊びもおもしろいですよ。

慣れてきたら二人一組になって向き合い、「あんたがたどこさ」のわらべうたで遊ぶこともできます。歌に合わせて玉をゆすり、歌詞の「さ」の部分でお友だちとお手玉を入れ替えてみましょう。一人で投げるだけではなく、お友だちと関わりながらさまざまな遊び方ができます。

伝統的なお正月遊び3【かるた】

かるたの由来

かるたの語源は、実はポルトガル語。南蛮文化のひとつとしてカード遊びが日本に伝わり、百人一首とカードを掛け合わせた「百人一首かるた」として日本独自のものが広まりました。江戸時代頃には「いろはかるた」といって、「犬も歩けば棒に当たる」のようなことわざを使ったかるた遊びが流行したそうですよ。現代では「いろはかるた」のほうが、なじみがあるかもしれませんね。

かるたの遊び方

取り札を平面に広げます。読み手は読み札を読み上げ、参加者はそれに対応する取り札を取ります。すべて取り終わったときに、一番多くの札を取っていた人が勝ちとなるゲームです。間違った札を取ってしまったときは、「お手つき」として1回休みなどのルールを追加することもできます。

保育園・幼稚園でのかるた遊び

【乳児向け】

本格的なかるたは難しいですが、イラストを描いたカードでかるた風の遊びをすることができます。読み手が「いちご」といったら、いちごが描かれているカードを取る、「赤」といったら赤いカードを取る、などの遊び方であれば、1歳頃から楽しめます。みんなにカードが行きわたるよう、同じカードを複数枚作っておくといいでしょう。

【幼児向け】

文字がまだ読めない場合は、イラストで判断して取れるようなかるたを選ぶと良いでしょう。初めはなじみのあるキャラクターや、動物、絵本など親しみあるテーマのものから遊び始め、慣れてきたらいろはかるたなど本格的なものにも挑戦してみるのもおすすめです。文字やことわざに親しむきっかけにもなりますよ。

まとめ

昔からの遊び方だと、小さな子どもたちには難しいこともありますが、工夫次第でさまざまな年齢で親しむことができるお正月遊び。保育者やお友だちと関わりながら、新年の明るい雰囲気や、日本の伝統遊びを楽しんでみてくださいね。

【参照】
京都地主神社「遊び大解剖」
日本お手玉の会「お手玉 OTEDAMA」(文渓堂)
語源由来辞典「カルタ/かるた」

保育士
大学卒業後、幼稚園教諭、保育士として勤務。さまざまな子どもや保護者、保育者と関わる中で「園という枠を超えて、より親密なサポートがしたい」と考え、個人での活動を開始。ベビーシッターやリトミック教室での仕事を経験し、現在はフリーランス保育士として、子育てをしながら保育者や親子向けの情報発信、講座等を行う。