五感を刺激しよう!室内で楽しめる感触マット遊び【乳児編】

五感を刺激しよう!室内で楽しめる感触マット遊び【乳児編】

乳児クラスは、外気の温度や子どもたちの体調に合わせて室内遊びをすることも多いですよね。ただ、室内遊びはバリエーションが限られて毎回同じような遊びをしている……というお悩みはありませんか? そこで今回は、0~2歳児におすすめの感触マットの作り方と遊び方をご紹介します。五感を刺激できる遊びなのでぜひ参考にしてみてくださいね。

そもそも五感ってなに?

みなさんは五感がなにを指すかご存じでしょうか。五感とは「味覚」「聴覚」「嗅覚」「視覚」「触覚」のことをいいます。五感は外からの刺激を受けないと発達しないといわれているので、赤ちゃんの頃からたくさん刺激してあげたいですね。

私たち保育者が日々何気なく提供している遊びには、たくさんの五感遊びが存在しています。たとえば、新聞紙をぐしゃぐしゃに丸めたり、ちぎって遊びんだり、手遊びをしたり。一緒にハイハイをすることやふれあい遊びも五感を育む遊びのひとつです。

こう考えてみると、普段の遊びは子どもたちの成長につながっていることがわかりますね。保育者は、子どもたちを健全に育てる上で重要な時期を一緒に過ごしています。だからこそ、五感を刺激する遊びを意識的に取り入れ、子どもたちの成長を促しましょう。

感触マットのねらい

感触マットを取り入れる際、ねらいを立ててみましょう。以下はねらいの一例ですので、ぜひクラスの子どもたちの様子に合わせて設定してみてくださいね。

・マットの感触を味わいながら遊ぶ
・マット遊びを通してさまざまな素材に触れる
・手や足などで感触を楽しむ
・バランスを取りながら前に進む経験を積む
・保育者や友だちと遊びの楽しさを共有する など

実際に感触マットを作ってみよう!

それでは、乳児向けの感触マット作り方を2つご紹介します。

ジョイントマットを使用した感触マット

【用意する物】

  • ペットボトルのふた
  • スポンジや毛糸、フェルトなどの素材
  • 接着剤
  • ジョイントマット

【作り方】

①複数枚のジョイントマットにそれぞれの素材を接着剤で固定する

②接着剤が乾いたらジョイントマットをつなげる

【遊び方】

・感触マットを前後左右につなげて道を作ります。上を歩いて、さまざまな素材の感触を楽しみましょう。

・感触マットをトンネルや巧技台などと組み合わせて、サーキットを作っても面白いです。トンネルに行くまでの道として感触マットを置くなど、子どもたちが積極的にマットを踏めるように導線を作ってみましょう。

・0歳児のハイハイやずり這いの子どもたちには、手で触って感触を楽しむよう声掛けをしてくださいね。

【ポイント】

・感触マットを作る際の接着剤は、必ずプラスチックなども装着できる強力なものを使用してください。
・固定している素材が取れてしまいそうな場合は早めに撤去しましょう。誤飲の恐れがあるので注意して見守りましょう。
・取りつける素材は緩衝材、ビニール袋、数字・ひらがな・動物のカード、キャラクターなどなんでもOK。子どもたちの興味関心に合わせて貼り付けてみてくださいね。 ・感触マットを踏むと足の裏にさまざまな刺激が与えられます。保育者も一緒に感触マットを踏みながら「ぼこぼこだね」「ふわふわしているね」など声を掛けてみましょう。

フリーザーバックを使用した感触マット

【用意する物】

  • 水のり
  • フリーザーバッグ2枚
  • フリーザーバッグに入れる素材
  • ビニールテープ

【作り方】

①フリーザーバッグを開き、材料と水のりを入れる。
(このとき、フリーザーバッグを2重にすると破れを防止できます)

②フリーザーバッグの4辺をビニールテープでしっかりと補強する

【ポイント】

・手で押すと、中身が色々な方向に動いたり、ぷにぷにとした感触を楽しめます。
・中身はボンボン飾りやスパンコール、ラメ、ビーズ、クリアファイルを切り取ったキャラクターなどがおすすめです。
・中身の種類を変えて、いくつか作ってみても良いでしょう。
・遊んでいるうちにフリーザーバッグが破れてしまい、誤飲につながることも想定されます。使用する際は必ず保育者がそばで見守りましょう。
・年齢に応じて、一緒に中身を決める、素材をフリーザーバッグに入れるなど、お手伝いをしてもらうのも良いですね。その場合も誤飲のないよう、保育者が一緒に取り組みましょう。

【まとめ】

いかがでしたか? 一度作れば何度も繰り返し使える感触マット。保育室だけでなく廊下やホールなどにも気軽に持ち運べるので、子どもたちの発達や様子に合わせて取り入れてみましょう。ぜひ子どもたちと一緒にたくさん身体を動かして楽しんでください。

保育士
福島県出身、都内在住。4大卒業後、認可保育園と児童発達支援施設で勤務。

「子どもたちや大人にもっと寄り添ったサポートがしたい」という想いから、結婚を機に独立。

現在は育児と両立し、保育者コミュニティ#HUGの運営 、
ベビーシッター、ライター、メディア、企業企画協力など、保育を軸とした自分らしい働き方を実践中。