簡単かわいい折り紙50選!子どもと作れるオススメの折り紙

簡単かわいい折り紙50選!子どもと作れるオススメの折り紙

折り紙は、子どもから大人まで楽しめる手軽なクラフトのひとつです。この記事では、初心者でも簡単に作れる折り紙の中から厳選した50の作品を紹介します。折り方の手順や必要な材料も詳しく解説しているので、折り紙初心者の方でも安心して楽しむことができます。

【動物】簡単に作れる折り紙

キツネ

【折り紙】秋の動物「キツネ」の折り紙

キツネといえば秋や冬のイメージがありますが、それはなぜなのでしょうか? これには、夏のキツネの姿が関係しています。キツネといえば、黄金色の豪華な色をしているイメージですが、夏毛の色はとても地味で目立ちません。つまり、秋冬の方がよく目立つ動物だということですね。キツネのいる景色を想像しながら、「キツネ」を折り紙で折ってみましょう。

≫キツネの折り方を見る

うし

折り紙で「うし」をつくろう

今回は折り紙で牛の作り方を紹介します。頭と体が分かれている作りなので、4足歩行の動物に色々アレンジできます。
十二支でいうと、「いぬ」「いのしし」「とら」「うま」「ひつじ」など。頭の部分や折り紙の色を変えるとさまざまな動物を作ることができますので、ぜひ試してみてください♪

≫うしの折り方を見る

柴犬

11月1日の犬の日にちなんで、柴犬の顔を折り紙で折ってみましょう。この折り紙は5歳以上向けの難易度です。犬の鳴き声、「ワン(1)」が3つ並んでいることにちなんで、この日が犬の日になりました。犬についてよく知ってもらうことが目的の記念日で、一般社団法人ペットフード協会が制定。子どもたちと犬がより親しくなれるよう、この機会に犬のかわいさや特徴について、話をしてみましょう!

≫柴犬の折り方を見る

うさぎ

【折り紙】簡単にできる「うさぎ」の折り方

簡単にできる「うさぎ」の折り紙を紹介します。子どもといっしょに、カラフルでカワイイうさぎを折りましょう!

≫うさぎの折り方を見る

キツツキ

【折り紙】木をつつく「キツツキ」の折り紙

秋の鳥、「キツツキ」を折り紙で折ってみましょう。3歳からチャレンジできる簡単な折り方を紹介します。キツツキといえば木をつつく姿が印象的ですが、なぜ木をつつくのか知っていますか? キツツキは、鋭く硬いくちばしで樹木に穴をあけ、中にいる虫を食べているのです。キツツキの昔の名前は「ケラツツキ」といい、これは虫をつついて食べるという意味です。木をつつくからキツツキという名前になったという説のほかに、ケラツツキがなま訛ってキツツキになったという説もあります。

≫キツツキの折り方を見る

ハト

【折り紙】平和を祈ってハトを折ろう!

8月6日は原爆記念日です。1945年、広島と長崎に原子爆弾が落ちました。日本に住んでいる私たちにとって、非常に大きな出来事です。戦争については、年齢に合わせて知っていくことになるでしょう。ただ、平和を祈る事に若すぎることはないはずです。平和の象徴であるハトを折り紙で折ってみましょう。

≫ハトの折り方を見る

チョウチョ

【折り紙】春の訪れを感じよう「チョウチョ」の折り方

春の季語にもなっているチョウチョ。ひらひらと飛ぶ姿は見ていて飽きませんね。チョウチョは南極大陸を除いた全国にいる昆虫です。世界各地で縁起物として愛されている生き物なんです。そんなチョウチョを折り紙で折ってみましょう。

≫チョウチョの折り方を見る

ハチ

【折り紙】かわいい「ハチ」の折り方

「ハチ」を折り紙で折ってみましょう。ハチといえば、童謡「ぶんぶんぶん」を思い出しますよね。この童謡はボヘミア地方(現在のチェコ中西部)の民謡がもとになっていて、そこに詩人の村野四郎が日本語歌詞をつけました。ミツバチへの親しみを感じながら折り紙にチャレンジしてみましょう。

≫ハチの折り方を見る

セミ

【折り紙】夏の昆虫「セミ」を折ろう

夏の風物詩、「セミ」を折紙で折ってみましょう! セミといえば、成虫になってから1週間しか生きられない、はかない昆虫というイメージがありますが、実際には1ヶ月ほど成虫として活動します。飼育が難しく、すぐ弱ってしまうことから1週間というイメージが広まったようです。幼虫の期間も合わせると3年以上の寿命があるので、昆虫の中ではむしろ長生きな方です。アメリカには、17年も寿命がある種類のセミもおり、セミのイメージがひっくり返りそうですね。

≫セミの折り方を見る

カブトムシ

【折り紙】昆虫の王様「カブトムシ」の折り紙

「カブトムシ」を折り紙で作ってみましょう。カブトムシといえば特徴的な角が気になりますね。クワガタのアゴとは違い、カブトムシの角はそれ単体で動かすことができません。首や体全体の力をうまく角に伝えて戦います。体重の20倍の重さでも引っ張ることができる力があり、その剛力と角で相手を投げ飛ばします。しっかり木の幹を掴んだ相手でも投げ飛ばせてしまうカブトムシはかっこいいですね!

≫カブトムシの折り方を見る

てんとう虫

【折り紙】簡単な「てんとう虫」を折ってみよう

「てんとう虫」を折り紙で折ってみましょう。日本で身近なてんとう虫は30種類前後おり、どれも個性豊かな模様をしています。てんとう虫と言われて思い浮かべる模様といえば、赤地に黒の斑点をもつものですが、なかには黒字に赤斑点や、オレンジに黒い斑点などカラフルです。年長さんが取り組む時は、昆虫図鑑などを見ながらいろんなてんとう虫を再現してみても楽しいですね。

≫てんとう虫の折り方を見る

金魚

【折り紙】とても簡単!折り紙の可愛い金魚で部屋で泳ぎだす

夏の風物詩といえば金魚。夏祭りで金魚すくいをしたことがある人も多いのではないでしょうか。今回はそんな可愛い金魚を折り紙で作る方法を紹介いたします!

≫金魚の折り方を見る

クラゲ

【折り紙】夏の風物詩「クラゲ」を折ろう

お盆が過ぎると海水の温度が上昇し、海ではクラゲが活発になり繁殖・成長します。クラゲの種類によっては刺されると重症化することもあるため、お盆以降の海水浴には注意が必要です。そんな触ると危険なクラゲですが、ガラス細工やレースのような見た目で綺麗ですよね! 個性豊かな傘や付属器(ひらひらした部位)の形を見比べるのも面白いです。

≫クラゲの折り方を見る

エイ

【折り紙】「エイ」(8月1日はエイの日)の折り方

8(え)1(い)にちなんで、8月1日は「エイの日」となっています。エイは独特な形をした魚類で、平らな体を広げて空を飛ぶように泳ぎます。エイの裏側についている顔のように見える穴が少し間抜けでかわいいですよね。ただし、しっぽの針にある毒は種類によっては強力で、時には人間が命を落とすことも。そんな、ゆるさと恐ろしさを兼ね備えたエイを折り紙で折ってみましょう! 4歳以上におすすめの折り紙です。

≫エイの折り方を見る

【食べ物】簡単に作れる折り紙

スイカ

夏の風物詩!スイカをおりがみで!

夏といえば、スイカ!子どもたちに大人気の甘くてまっ赤なおいしいスイカを簡単におりがみで作ってみましょう。折るのがまだ難しい小さな子どもでも、種を書いたり重ねたりして参加できる、みんなで楽しめる工作です。

≫スイカの折り方を見る

バナナ

【折り紙】「バナナ」(8月7日バナナの日)の折り方

8月7日は、バ(8)ナナ(7)の日です。バナナは日本が最も多く輸入している果物で、主な輸入先はフィリピンです。日本では甘くてタネのないバナナが一般的ですが、世界にはタネありバナナや、料理用の少しすっぱいバナナもあります。おいしく栄養価も高いバナナを食べて、夏を乗り切りましょう。4歳以上におすすめの折り紙です。

≫バナナの折り方を見る

パイナップル

【折り紙】夏のフルーツ「パイナップル」の折り方

「パイナップル」を折り紙で折ってみましょう。パイナップルは英語で Pineapple と書き、パイン(松)とアップル(リンゴ)が合わさった単語です。ただ、パイナップルは、松科でも、りんごと同じバラ科の植物でもありません。見た目が松ぼっくりに似ていて、リンゴのように甘酸っぱい香りがするところからこの名前になりました。パイナップルの模様を描くときは、松ぼっくりを参考にしてもいいかもしれません。

≫パイナップルの折り方を見る

いちご

【いちご 折り紙】1月15日はいちごの日!

毎年、1月15日はいちごの日です。1月5日じゃないの? と思う方も多いかもしれませんね。「いい(1)いち(1)ご(5)」という語呂でいちごの日となっているようです。いちごの日にちなんで折り紙でいちごを折ってみましょう。

≫いちごの折り方を見る

【秋の折り紙】秋のくだもの「柿」を折ろう!

朝晩は涼しくなり、いよいよ秋の季節の到来です。お散歩中、鮮やかなだいだい色に実った柿を見ることがあるかもしれませんね。日本の秋らしさを代表する柿を、折り紙で作ってみましょう。

≫柿の折り方を見る

みかん

【折り紙】冬のくだもの「みかん」を折ろう!

冬になると、こたつに入ってみかんを食べたくなりますね。オレンジ色が特徴的なおいしい果物のみかんの折り方を紹介します。

≫みかんの折り方を見る

夏野菜(ナス・トマト・キュウリ)

夏のお野菜をおりがみで!~ナス・トマト・キュウリ~

園や小学校では、夏休み前にお花やお野菜の栽培活動を行うところが多いですよね。
私が働く保育園でも、ナス・トマト・キュウリ・ゴーヤなどの夏野菜の栽培を行いました。
お野菜が実るまでの間、子どもたちが楽しみにお水をあげたりする姿がとても可愛いですね♪
今回は、おりがみで定番の夏野菜の作り方を紹介します。八百屋さんごっこをしたり、子どもたちが育てた本物のお野菜と比べたりして作ってみてください。

≫夏野菜の折り方を見る

ブロッコリー

【折り紙】色鮮やか!「ブロッコリー」の折り紙

秋の終わりから春先にかけてが旬となるブロッコリーを、折り紙で折ってみましょう。 3歳からチャレンジできる折り紙です。さて、普段ブロッコリーをどのように調理して食べていますか? 日本では、ほとんどの人が加熱して食べているのではないでしょうか。ところがヨーロッパやアメリカでは、生のブロッコリーをサラダやスムージーにしてよく食べているそうです。加熱するよりも多くの栄養が取れるというメリットもあるそうですよ。

≫ブロッコリーの折り方を見る

タケノコ

【折り紙】春の味覚「タケノコ」の折り方

春の訪れを感じさせてくれる食材「タケノコ」。スクスク成長して竹になります。タケノコの収穫時期は限られていて、旬は3月から5月です。しかし、俳句の世界ではタケノコは夏の言葉なんです、おもしろいですね。

≫タケノコの折り方を見る

ホウレンソウ

【折り紙】根っこがピンク色の「ホウレンソウ」の折り紙

秋から冬にかけてが旬の野菜、ホウレンソウを折り紙で折ってみましょう! 3歳からチャレンジできる折り紙です。お家でホウレンソウを食べるとき、いつも根元の部分を捨ててしまっていませんか? それ、とてももったいないです! ピンク色をしたホウレンソウの根元は、骨の成長を助けるマンガンや抗酸化作用があるポリフェノールを豊富に含んでいます。切れ込みをいれてよく洗えば、砂がジャリっとすることもありません。ほうれん草の栄養を余すことなく摂取して、元気に冬を過ごしましょう!

≫ホウレンソウの折り方を見る

栗の折り方

涼しくなりお外遊びやお散歩も増えるこの季節。子どもたちは落ちている葉っぱや木の実を探しては、秋をからだいっぱいに感じていることでしょう。栗やどんぐりは、絵本にもたくさん出てくる愛らしい実です。ぜひおりがみで作ってみましょう。

≫栗の折り方を見る

焼きいも

【秋の折り紙】秋の味覚! 焼きいもを折ってみよう

秋の味覚の代表とも言える「焼き芋」の折り方をご紹介。とってもかんたんに折れちゃいます!

≫焼きいもの折り方を見る

フライドチキン

【折り紙】フライドチキンの日の折り紙

1970年11月21日、日本に一号店ができた事にちなんで、この日「フライドチキンの日」となりました。折り紙で作ったフライドチキンを使って、お店やさんごっこをしてみてもおもしろいですね。

≫フライドチキンの折り方を見る

【花】簡単に作れる折り紙

チューリップ

【折り紙】子どもでも簡単に折れるチューリップの折り方

お花の定番、チューリップの折り方を紹介します。とっても簡単に折れるので、子どもでもチャレンジしやすいです。おりがみをもう一枚使って、葉っぱも折れるようになれば、春の工作の時間にぴったりですよ。

≫チューリップの折り方を見る

桃の花

【折り紙】桃の節句に飾る「桃の花」の折り紙

ひな祭りは、女の子のすこやかな成長を願う日です。別名「桃の節句」といい、桃の花を飾る風習があります。旧暦の4月3日頃が桃の花が旬であったことや、桃が魔除けや健康の象徴と考えられていたことが、この花が飾られるようになった理由です。桃の花を折り紙で折って、健康に一年を過ごせるよう祈りましょう。この折り紙は4歳以上におすすめです。

≫桃の花の折り方を見る

【4月】折り紙で作る桜の花びら

気温も暖かくなり、桜の季節がやってきましたね。今回は折り紙で作る桜の花びらの折り方を紹介いたします。折り紙を折ってちょっとハサミをいれるだけで桜の花びらになるんですよ。

≫桜の折り方を見る

たんぽぽ

【折り紙】春の花「たんぽぽ」の折り紙

春に咲くたんぽぽの花を、折り紙で折りましょう! この折り紙は4歳以上におすすめです。たんぽぽの英名はDandelion(ダンデライオン)といい、フランス語で「ライオンの歯」という意味です。たんぽぽの葉がライオンの歯のようにギザギザしていることから、この名前になったという説が有力です。

≫たんぽぽの折り方を見る

コスモス

【折り紙】秋の風物詩「コスモス」の折り紙

秋の花「コスモス」を折り紙で折ってみましょう。コスモスは漢字では「秋桜」と書き、秋に赤や白、ピンクの花を咲かせる植物です。生育が早く、茎の高さが1〜2mにもなります。とても背が高い花なのですね! 子ども達に、2mがどのくらいの高さなのか体感してもらえるように説明すると、コスモスのイメージが膨らむでしょう。コスモスの花は色鮮やかで、とてもきれいです。3歳から挑戦できる簡単な折り方で、コスモスの花を折ってみましょう。

≫コスモスの折り方を見る

【作って遊べる】簡単に作れる折り紙

紙飛行機

よく飛ぶ紙飛行機の作り方は?長方形&正方形の折り方

紙1枚あれば、どこでも場所を選ばず遊べる紙飛行機。指先のよい運動にもなるため、小さな子どもから高齢者まで幅広い年代におすすめです。この記事では、基本的な紙飛行機の折り方からアレンジまで、折り方を写真つきでご紹介します。ぜひチャレンジしてみてくださいね。

≫紙飛行機の折り方を見る

こま

保育で大活躍する定番折り紙のひとつ「こま」の折り方をマスターしよう。難しそうにみえて覚えてしまえば簡単! くるくると回るこまに子どもたちも夢中になるでしょう。ぜひチャレンジしてみては。

くるくる回る「こま」の折り方

≫こまの折り方を見る

プロペラ

【折り紙】作って遊べる「プロペラ」

作って遊べる折り紙、「プロペラ」の紹介です。高い位置から落とすと、くるくる回転しながら落ちてきます。見ているだけで楽しく、子ども達は空気の不思議な性質に興味を持つでしょう。

≫プロペラの折り方を見る

ちょうちょ

【折り紙】飛ばすとくるくる回るちょうちょの折り方

春も近づき、暖かい日のお散歩ではちょうちょさんに「こんにちは!」とあいさつできる日も増えてきましたね。ひらひらと舞うかわいいちょうちょをおりがみで作ってみましょう。飛ばすとくるくる回る姿のかわいい折り方です。

≫ちょうちょの折り方を見る

メダル

【折り紙】メダルの折り方3選!運動会やプレゼントに最適

折り紙や画用紙を使ったメダルをいくつか紹介します。写真やメッセージを張り付けると、より思い出深いものになりますよ。

≫メダルの折り方を見る

小物入れ

【折り紙】「小物入れ」を折ってみましょう

今回は、小物入れの折り方を紹介します。簡単に折れて実用的な折り紙です。小さな物はここに入れておくと、散らばったり、無くしたりしにくくなります。宝物入れにするも良し、ちょっとしたゴミ箱にするのもおすすめです!

≫小物入れの折り方を見る

【乗り物】簡単に作れる折り紙

【折り紙】3回折るだけ! 「車」を折って走らせよう

3回折るだけでできる、かんたんな「車」の折り紙を紹介します! 折り紙が苦手な子どもは、車の色選びや、絵を描く工程だけをチャレンジするのもおすすめです。大きな道路を描いて、そこにマイ折り紙カーを乗せて走らせる遊びもいいですね。並べて遊べば、車の色や形が個性的でとてもにぎやかな道路になりますよ。

≫車の折り方を見る

新幹線

【折り紙】「新幹線」(10月1日東海道新幹線開業記念日)を折ろう

10月1日の東海道新幹線開業記念日にちなんで、「新幹線」の折り紙を紹介します。4歳からチャレンジできる折り紙です。新幹線といえば、とにかく速い列車というイメージがありますよね。日本を走る新幹線の最高速度は、時速320km。もし、新幹線の上に立ったとすると、空気抵抗で前方に壁を感じるほどの速さになります。ふだんの生活ではまず体験しないスピード感ですね。

≫新幹線の折り方を見る

バス

【折り紙】みんな大好き! 「バス」の折り紙を作ろう

1903年9月20日、京都市で日本初のバスが運行されました。「バスの日」はこの日にちなんでできた記念日です。当時のバスは最大乗車人数が6人で屋根や壁がなく、現代のバスとはずいぶん違った見た目をしていたようです。私たちが普段乗るバスは、大型のものなら約60名も乗車でき、さまざまな設備が搭載された便利なものです。移動や生活を豊かにしてくれているバスに感謝しながら折り紙を折ってみましょう! 3歳でも折れる簡単な折り紙です。

≫バスの折り方を見る

【季節】簡単に作れる折り紙

鏡もち

【1月の折り紙】鏡もちの折り方

鏡もちはその年の豊作や健康を祈願した飾りです。いい一年になるようお願いしながら鏡餅を一枚の折り紙で折ってみましょう!

【2月の折り紙】節分飾りに「鬼の顔」

節分の日は鬼に向かって豆を巻く風習があります。豆まきは健康を祈ってする厄除けの儀式です。今年も一年健康で過ごせるよう鬼を折り紙で作ってみましょう。

≫鬼の折り方を見る

おひなさま

折り紙でおひなさま!~びょうぶ折りのお花で華やかに~

おびな、めびなは同じ折り方なので、色や顔を変えてアレンジしてみてください。 びょうぶ折りのお花は、折り紙や画用紙を使うところですが、パソコンでプリントアウトした紙を使って作ってみました!

≫おひなさまの折り方を見る

ぼんぼり

【折り紙】ひな壇を明るく照らす「ぼんぼり」の折り紙

「あかりをつけましょ、ぼんぼりに」と、ひな祭りの歌でもお馴染みのぼんぼりを折り紙で折ってみましょう! この折り紙は5歳以上におすすめです。ぼんぼりは、持ち歩きができる小型の灯具のことですが、なぜひな人形に添えられているのでしょうか? ひな人形は天皇の結婚式を模したもので、ひな人形文化が大衆に広まった江戸時代の結婚式は、亥の刻(21時~23時頃)に行われていました。その時間帯は灯りがなければ何も見えないため、ぼんぼりは結婚式における必須アイテムだったようです。

≫ぼんぼりの折り方を見る

こいのぼり

【折り紙】「こいのぼり」の簡単な折り方

5月5日の子どもの日に向けて、「こいのぼり」を折り紙で製作しましょう。こいのぼりといえば、「♪やねよりたかい こいのぼり」でお馴染みの童謡「こいのぼり」を思い出しますね。歌詞からわかるように、一番上にいる黒くて大きな「まごい」はお父さんのことです。上から2番目にいる赤いこいがお母さんで、その下は子どもたちとなっています。自分は何色かな? と考えながらこいのぼりを折ってみましょう!

≫こいのぼりの折り方を見る

七夕にちなんで、星の折り紙を紹介します。私たちは「★」のマークを星のことだと当たり前に認識しますが、実際のところほとんどの天体は球体ですよね。では、なぜ星をこの形で表現するのでしょうか? じつは★マークの起源はエジプト時代まで遡ります。当時のエジプトにはヒトデがもとになった象形文字があり、それがいつの間にか星も意味するようになったのだとか。現代の私たちからすると、ヒトデの方が先というのは意外に感じますよね。

【折り紙】「星」の折り方!七夕飾りなどに

≫星の折り方を見る

おばけ

【秋の折り紙】ハロウィンの主役! おばけの折り紙

いよいよ秋のお楽しみイベント、ハロウィンの時期です。ハロウィンといえばお化け、ですよね。園をハロウィンらしくするかわいいお化けの折り方を紹介します。壁飾りとしても活用してください。

≫おばけの折り方を見る

サンタクロース

【折り紙】「サンタクロース」を折ってみよう!

クリスマスの主役である「サンタクロース」の折り方を紹介します。4歳以上におすすめの難易度です。サンタクロースといえば赤い衣装のイメージですが、100年ほど前までは赤以外の衣装のサンタさんも多くいたそうです。白くて長いひげや小太りな体型、長靴に大きな袋など、現在のサンタさんと共通する特徴もありましたが、衣装の色は赤の他に青や紫、緑色のサンタさんがいたんだとか。赤い折り紙が足りないときは、他の色の折り紙を使ってレトロなサンタクロースを折ってみるのもいいかもしれませんね!

≫サンタクロースの折り方を見る

プレゼント

「プレゼントボックス」を折り紙で折ってみましょう! この折り紙は4歳以上におすすめです。クリスマスプレゼントは子ども達にとって冬の大きな楽しみのひとつ。たんに欲しいものを買ってもらうのとは、なにかが違いますよね。きれいな包装紙によるラッピングも、プレゼントをより特別なものにしている要素です。心躍るプレゼントボックスを折り紙で折って、クリスマスを待ちましょう。

【折り紙】クリスマスの醍醐味!「プレゼント」を折り紙で折ってみよう

≫プレゼントの折り方を見る

簡単な折り紙で子どもと一緒に楽しもう♪

子どもと一緒に作れる簡単な折り紙の作り方を紹介しました。ぜひ色んな折り紙を楽しんでくださいね。

お得な情報や最新コラムなどをいち早くお届け!ほいくらし公式LINE
友だちに追加する
保育の最新情報や役立つ知識をゆる~く配信中!ほいくらし公式X(旧Twitter)
園での遊びや催し物など有益な情報をお届け!ほいくらし公式Instagram
この記事をSNSでシェア
CATEGORY :