【折り紙】端午の節句の花、「菖蒲」の折り方

【折り紙】端午の節句の花、「菖蒲」の折り方

対象年齢:5歳

端午の節句にちなんで「菖蒲」の折り紙に挑戦してみましょう! 端午の節句は、中国発祥の邪気払いの行事として古くから親しまれています。中国では菖蒲が薬草として邪気払いに用いられており、その風習が日本に伝来し、独自の文化と融合しました。そして、武勇を重んじる「尚武」と「菖蒲」の音が同じことから、男の子の誕生や成長を祝う行事へと変化しました。この折り紙は5歳以上におすすめです。

【作り方】

①折り目をつけ、それに合わせてひし形に折ります。

②角を下向きに折って開きましょう。4か所同様に折ります。

③上の角も折りましょう。

④中央にある三角を上向きに折って、写真のように折ります。

⑥下向きの角を折りましょう。

⑦花びらを開いて、くせをつければ完成です。

【ポイント】

◆ワンポイントアドバイス
⑦の花びらに癖をつけるときは鉛筆があると便利です。

文・イラスト/バーネット

【関連記事】 

【引用元】
おりがみの時間
https://origaminojikan.com/21975/2#id_5564

お得な情報や最新コラムなどをいち早くお届け!ほいくらし公式LINE
友だちに追加する
保育の最新情報や役立つ知識をゆる~く配信中!ほいくらし公式X(旧Twitter)
園での遊びや催し物など有益な情報をお届け!ほいくらし公式Instagram
この記事をSNSでシェア