2024年(令和6年)保育士試験の概要|日程・科目・合格率

2024年(令和6年)保育士試験の概要|日程・科目・合格率

文:ほいくらし編集部

2024年(令和6年) 保育士試験の日程や出題範囲、会場、持ち物などの概要をまとめています。これまでの合格率や合格基準(ボーダーライン)のほか、過去問や勉強法についても紹介しているので、受験する方はチェックしておきましょう。 

保育士試験とは?

保育士試験とは、国家資格である「保育士」資格を取得するための試験です。 

保育士とは、第18条の18第1項の登録を受け、保育士の名称を用いて、専門的知識及び技術をもって、児童の保育及び児童の保護者に対する保育に関する指導を行うことを業とする者をいう。 

保育士試験とは(一般社団法人全国保育士養成協議会)

試験は前期と後期の年2回実施されます。それぞれ筆記試験と実技試験があり、両方に合格しないと資格を得られません。 

筆記試験では全科目に合格しないと実技試験に進めませんが、合格した科目は3年間有効となり、不合格科目だけ再受験することが認められています。 

【あわせて読みたい】
保育士の国家試験とは?科目や難易度を知って合格を目指そう

保育士試験の合格率・難易度

過去10年間の受験者数・合格率・難易度  

保育士試験の合格率は20%前後を推移しており、難易度が高い資格だといわれています。受験申請者数は右肩上がりで伸び、2022年度(令和4年度)には79,378名と多くなっていますが、極めて門戸の狭い資格といえるでしょう。 

  受験者数 合格者数 合格率 
平成25年度 51,055 8,905 17.4% 
平成26年度 51,257 9,894 19.3% 
平成27年度 57,301 12,962 22.6% 
平成28年度 70,710 18,229 25.8% 
平成29年度 62,555 13,511 21.6% 
平成30年度 68,388 13,500 19.7% 
令和元年度 77,076 18,330 23.8% 
令和2年度 44,914 10,890 24.2% 
令和3年度 83,175 16,600 20.0% 
令和4年度 79,378 23,758 29.9% 

合格基準(ボーダーライン) 

保育士試験の合格基準(ボーダーライン)は下記の通りです。 

筆記試験 

  • 各科目において、満点の6割以上得点すること 
  • 『教育原理』および『社会的養護』は両科目とも満点の6割以上得点すること
    ※同一試験において、両科目とも6割以上得点しないと合格にはならない  

実技試験 

  • 実技の試験科目3分野のうち2分野を選択し、6割以上を得点すること
    ※片方のみ6割以上得点しても合格にはならない  

2024年(令和6年) 保育士試験の概要

試験日程 

筆記試験 

前期:令和6年4月20日(土)、21日(日)
後期:令和6年10月19日(土)、20日(日)

実技試験 

前期:令和6年6月30日(日)
後期:令和6年12月8日(日)

申し込み期間

前期:1月10日(水)~1月30日(火) 
後期:決まり次第、公式サイトで発表 

保育士試験を受験するには、「一般社団法人全国保育士養成協議会」の公式サイトから受験申請を行いましょう。 手続きの時間や費用を抑えられる、オンライン申請がおすすめです。 

  オンライン申請 郵送申請 
受験申請 最短5分 受験申請書の請求日から到着まで約5~10日 
受験手数料12,700円 12,700円 
払込に係る手数料 ※1 350円 313円 
手引き請求郵送料等 不要 370円 
受験申請書 簡易書留郵送料 不要 470円 
試験結果 マイページ上で確認可能 期限までに送付される 

合格発表の日程

2024年2月現在、後期試験の合格発表の日程はまだ発表されていいないため、例年の合格発表時期をご紹介します。

前期試験 

筆記試験:6月4日(火)~6月12日(木) 
実技試験:7月31日(水)~8月9日(金) 

上記は結果通知書の送付期間です。オンライン申請した方への郵送はなく、マイページ上に公開されます。 

後期試験 

筆記試験:11~12月頃 
実技試験:1月中旬頃 

科目・配点・時間割 

筆記試験

筆記試験は2日間に分けて行われます。前期、後期いずれも時間割は同じです。 

科目配点試験時間
1科目目: 保育の心理学10011:00~12:00
2科目目: 保育原理 10013:00~14:00
3科目目: 子ども家庭福祉 10014:30~15:30 
4科目目: 社会福祉 10016:00~17:00 
1日目の時間割
科目配点試験時間
5科目目: 教育原理5010:00~10:30 
6科目目: 社会的養護 5011:00~11:30 
7科目目: 子どもの保健  10012:00~13:00 
8科目目: 子どもの食と栄養 10014:00~15:00  
9科目目: 保育実習理論 10015:30~16:30 
2日目の時間割

筆記試験はマークシート方式で行われます。2日目に行われる『教育原理』・『社会的養護』はいずれも6割以上得点しなければ合格となりませんが、難易度の高い問題が多く、苦戦しやすい科目のひとつです。 

なお、保有資格によっては筆記試験の一部の科目が免除になる場合があります。 

幼稚園教諭:『保育の心理学』『教育原理』 ※免除申請した場合 
社会福祉士・介護福祉士・精神保健福祉士:『社会的養護』『子ども家庭福祉』『社会福祉』 ※登録証のコピーを提出した場合 

実技試験 

実技試験は同日中に2分野実施されます。 

試験科目 満点 
①音楽に関する技術 
②造形に関する技術 
③言語に関する技術 
(必ず2分野を選択) 
全て50点満点 

【あわせて読みたい】
保育士の実技試験とは?筆記試験後の流れから課題の内容まで解説

試験当日の持ち物

筆記試験

必須の持ち物は以下の通りです。

  • 受験票
  • HB~Bの鉛筆またはシャープペンシル 
  • 消しゴム 
  • 腕時計 

あると便利な持ち物も確認しておきましょう。

  • お昼ご飯・おやつ
  • 飲み物 
  • 羽織るもの・ひざ掛け 
  • 参考書 
  • 常備薬

実技試験

選んだ分野に関わらず、共通で必要な持ち物は『受験票』です。

「音楽に関する技術」を選んだ方は、次の2つも忘れないようにしましょう。

  • 楽譜(紙のみ可) 
  • ピアノ以外の楽器 ※必要な場合

「造形に関する技術」を選んだ方は、筆記用具や時計も必要です。

  • 鉛筆またはシャープペンシル(HB~2B) 
  • 色鉛筆(12~24色程度) 
  • 消しゴム 
  • 腕時計

試験会場 

試験会場や交通アクセスは、『受験票』に記載されています。各都道府県に試験会場がありますが、筆記試験・実技試験ともに同一都道府県での受験となります。受験申請後に変更はできないため、注意しましょう。 

※筆記試験と実技試験の試験会場は異なる場合があります。 

2023年(令和5年) 保育士試験の過去問・解答 

保育士試験の合格を目指すには、実際の過去問を解くことがおすすめです。問題集で知識をインプットした後に過去問で知識の定着を目指しましょう。 

インターネットでも公開されていますが、丁寧な解説がついた書籍や隙間時間に学べるアプリなど、状況に応じて使い分けると効率的です。 

≫2023年(令和5年)保育士試験 筆記(前期)問題・正答 
≫2023年(令和5年)保育士試験 筆記(後期)問題・正答 

保育士試験に向けた勉強法!独学でも合格できる?  

保育士資格は独学でも取得できます。通信講座を利用するより費用を抑えながら、自分のペースで勉強を進められるのがメリットです。 

しかし、独学で進めるうえで注意点もあります。例えば、実技試験の改善点を自分で見つけることはなかなか難しいのではないでしょうか。また、最新の試験傾向や保育ニュースを自分でキャッチアップする必要があります。 

独学で保育士試験合格を目指す場合は、次のポイントをチェックしましょう。 

  • 試験日までの勉強の計画を立てる 
  • 参考書やテキストで知識を定着させる 
  • 過去問を解く 
  • 実技試験は動画を見ながら練習する 

【あわせて読みたい】
保育士資格は通信講座でも取得可能?試験の難易度と働くまでの流れ

この記事をSNSでシェア
CATEGORY :