幼稚園とは?他施設との違いから仕事内容まで解説!

幼稚園とは?他施設との違いから仕事内容まで解説!

保育の最新情報や役立つ知識をゆる~く配信中!
Twitterをフォローはこちら!

幼児教育に関わる仕事のひとつに、幼稚園勤務があります。
幼稚園で働くことを検討している人は、幼稚園の概要や仕組みをあらかじめ理解することが大切です。幼稚園で働くイメージを膨らませるためにも、ほかの施設との違いや働き方について知識を深めておきましょう。

本記事では、「幼稚園とほかの施設との違い」や「幼稚園における仕事内容」について解説します。幼稚園で働くことが向いている人の特徴にも触れるため、自分に合う職場探しのヒントとして活用してください。

幼稚園とは?ほかの施設と何が違う?

幼稚園や保育園などの施設は、子どもと関わる時間が長いことが共通点です。
しかし、運営の目的や預かる子どもの年齢などには違いがあります。

ここでは、幼稚園と保育園の仕組みを比較しながら、幼稚園の特徴と幼稚園で働くために必要な資格について解説します。

1. 満3歳以降の未就学児を教育する

幼稚園と保育園などのほかの施設との大きな違いは、運営目的と預かる子どもの年齢です。

幼稚園保育園
運営目的子どもの教育子どもの保育
対象年齢満3歳以降の未就学児0歳~未就学児

幼稚園を利用できる子どもの年齢は満3歳以降の未就学児となっていますが、なかには「プレ保育」などの枠があり、満2歳から預かる幼稚園もあります。

幼稚園の特徴のひとつが、子どもたちの年齢や発達状況に合わせて必要な学びを提供していることです。幼稚園によって教育方針や教育レベルには差がありますが、子どもたちは読み書き・お絵描き・体操などを通じてさまざまなことを学びます。

2. 文部科学省の管轄を受けて学校教育法に則る

幼稚園は、文部科学省が管轄する教育施設です。学校教育法に則る必要があり、保育園やほかの保育施設とは方針が大きく異なります。

幼稚園で行われる教育は、文部科学省が示す学習指導要領のひとつである「幼稚園教育要領」がベースです。
幼稚園教育要領では、以下の5つを大きな柱としています。

・健康な心と体
・自立心や人と関わる力
・環境への好奇心や探求心
・言葉に耳を傾ける力や伝える力
・豊かな感性と表現力

(出典:文部科学省「学習指導要領「生きる力」」/https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/new-cs/youryou/you/nerai.htm

幼稚園で働く際には、それぞれの柱に対する「ねらい」や教育内容を理解した上で、子どもたちが人間形成に必要な経験や学びを得られるように勤めることが大切です。

3. 料金設定は公立・私立により異なる

幼稚園の運営主体は、公立と私立の2種類があります。

運営主体公立私立
設置主体・国立幼稚園
・公立幼稚園など
・学校法人立
・宗教法人立など

令和元年10月1日から、幼児教育・保育の無償化制度が実施されています。
幼稚園や保育園などの無償化制度の主な目的は、子育て世帯の「経済的負担の軽減」や「教育費の支援」です。

幼児教育・保育の無償化制度は、公立・私立を問わず全世帯が利用できますが、上限額が定められている幼稚園もあります。月額利用料が無償化の上限を超えている際や、給食費・保護者会費・教材費などがある際は実費負担です。

公立であれば月額利用料が上限内に収まりやすいのに対し、私立は上限を超えてしまう施設も少なくありません。

4. 勤務には幼稚園教諭免許が必要となる

幼稚園で働くためには、幼稚園教諭免許が必要です。
幼稚園教諭免許状は3種類あり、それぞれ取得方法が異なります。

取得方法
幼稚園教諭一種免許状文部科学省が認める大学または短期大学専攻科を卒業
幼稚園教諭二種免許状文部科学省が認める短期大学または専門学校を卒業
幼稚園教諭専修免許状文部科学省が認める大学院修士課程を修了

文部科学省の調査によると、幼稚園教諭免許の種類別教諭構成で最も多い種類は、「幼稚園教諭二種免許状」です。
短大や専門学校で必要な知識を学び、幼稚園教諭免許を取得する人が多いことがわかります。

(出典:文部科学省「1.(2)免許状の種類別の教員構成」/https://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo0/toushin/attach/1337053.htm

なお、幼稚園と保育園の2つの機能を持つ「認定こども園」で勤務する際には、幼稚園教諭免許と国家資格である保育士資格の両方が必要です。
ただし、施設のタイプによっては、幼稚園教諭免許があれば採用されることもあります。

幼稚園における仕事内容

幼稚園における主な仕事は、さまざまな経験を通じて子どもたちに知識を身に付けさせたり、人間関係を学ばせたりすることです。各幼稚園が考える「重点を置くべきポイント」によってカリキュラムの内容は異なるため、幼稚園教諭が行う仕事内容は多岐にわたります。

また、子どもたちと向き合う時間だけでなく、お遊戯会や運動会などの行事や保護者との面談に向けた準備も仕事のひとつです。

1. 幼稚園で勤務する際の一日の流れ

幼稚園で勤務する際の具体的な仕事内容や一日の流れは、以下の通りです。

時間仕事
6:00・出勤
・登園前準備
(教室や園庭の準備、子どもを迎える準備など)
・クラス担任や職員との打ち合わせなど
8:00・登園する子どもたちの迎え入れ
・子どもたちの登園確認や健康チェック
9:00・朝の会
・知育活動や学習活動
(室内遊び、工作、園庭開放など)
・事故防止のため子どもたちの見守りなど
12:00・昼食
・子どもたちの見守り
・食育や食事のマナー指導
・生活習慣の定着への取り組み
(歯磨きチェックなど)
13:00・安全を確認しながら自由遊び
・連絡帳の記入
・帰りの支度
(着替えなど)
14:00・降園する子どもたちの見送り
・教室や園内の掃除など
15:00・事務作業
(保育記録や園だよりの作成、行事の計画や準備など)
・教室の装飾
・備品の整理
・職員会議
・保護者への連絡
・翌日の準備など
19:00・退勤

上記は、あくまでスケジュールの一例です。
子どもたちの登降園時間や幼稚園の方針によって、時間や内容に違いがあります。

たとえば、送迎バスがある幼稚園では、添乗業務が必要となることもあります。
延長保育を行う幼稚園では、おやつの準備や子どもを迎えにくる保護者の対応なども大切な仕事です。

幼稚園で働くことが向いている人

幼稚園で働くことには、以下のメリット・デメリットがあります。

メリットデメリット
・子どもの初めての学びに関わることでやりがいを感じられる
・夏休みや冬休みがあるため長期休暇を取れる
・おむつ替えやお昼寝がなく教育に集中できる
・子どもと接する業務以外にも行う作業が多い
・行事前など残業が発生することもある

幼稚園教諭は、年齢や季節などに合わせて活動内容を決定するため、幼児教育に興味がある人に向いている仕事です。0~2歳児に比べてコミュニケーションも取りやすく、子どもたちの反応や理解する姿にやりがいを感じながら働くことができます。

幼稚では、裏方の仕事も少なくありません。時期によって忙しくなることもありますが、仕事内容や時間帯が大きく変わることがないため、ルーティーンで働きたい人にも向いています。

ただし、子ども相手の仕事であるため、子ども同士のトラブルやケガなどには柔軟な対応が必要です。

自分に合う幼稚園求人を探すなら「マイナビ保育士」

「マイナビ保育士」では、幼稚園の求人情報を数多く取り扱っています。

マイナビ保育士を利用するメリットは、全国の幼稚園求人情報を手軽にチェックできることです。働きたいエリアや施設形態などを入力するだけで、自分に合う職場を探すことができます。こだわり条件から求人を探す際は、施設形態だけでなく給与面や経験の有無などからも検索可能です。

また、マイナビ保育士には、転職サポートやアドバイザーの紹介サービスもあります。
専任キャリアアドバイザーが、転職から入社後のフォローまで丁寧に対応するため、初めて転職する人でも安心です。求人特集の紹介やイベント・セミナー情報の発信も行っています。

幼稚園で働くことを検討している人は、マイナビ保育士へお気軽にお問い合わせください。

まとめ

幼稚園では、満3歳以降の未就学児を対象に「幼稚園教育要領」に沿った教育を行います。教育の場である幼稚園で働くためには、幼稚園教諭免許が必須です。

幼稚園教諭の仕事には、カリキュラムに基づく子どもたちへの指導だけでなく、事務作業や保護者への連絡対応なども含まれます。幼稚園教諭は、日々こなさなければならない作業が多い一方で、やりがいも大きい仕事です。

幼稚園で働きたいと考えている人は、幼稚園求人情報が豊富な「マイナビ保育士」を利用し、自分に合う職場を探してみましょう。

お得な情報や最新コラムなどをいち早くお届け!ほいくらし公式LINE
友だちに追加する
保育の最新情報や役立つ知識をゆる~く配信中!ほいくらし公式Twitter
園での遊びや催し物など有益な情報をお届け!ほいくらし公式Instagram
CATEGORY :