認定こども園とは?保育園・幼稚園との違いから仕事内容まで

認定こども園とは?保育園・幼稚園との違いから仕事内容まで

保育の最新情報や役立つ知識をゆる~く配信中!
Twitterをフォローはこちら!

待機児童問題や教育に対するニーズの多様化にともなって、保育園と幼稚園の中間的存在である「認定こども園」が注目されています。

認定こども園のおもな特徴は、保護者の就労状況に関係なく入園できることや、通常の幼稚園よりも保育時間が長いことです。また、英語やスポーツをはじめとする独自のカリキュラムに力を入れている園も少なくありません。

この記事では、認定こども園の概要や認定こども園における働き方などについて解説します。

認定こども園とは?保育園・幼稚園との違いは?

認定こども園は、保育園と幼稚園の要素を併せ持つ未就学児向け保育・教育施設です。

少子化・核家族化および共働き世帯の増加によって、保育園の待機児童数増加と幼稚園の定員割れが問題となっています。
そこで、幼稚園の入園者確保と保育園の待機児童解消をはかりつつ保育・幼児教育に対する多様な要望にこたえるために、認定こども園が誕生しました。

ここでは、認定こども園の詳しい特徴について解説します。

1. すべての認定区分の子どもが対象となる

認定こども園を利用したい場合、まずは自治体窓口への申請手続きが必要です。子どもの年齢や保育を必要とする事由によって認定区分が決まった後、園または自治体に入園を申し込みます。

子どもの満年齢保育を必要とする事由に該当するか利用可能な施設利用可能な保育時間
1号認定3~5歳該当しない幼稚園認定こども園4時間
2号認定3~5歳該当する保育園認定こども園8~11時間
3号認定0~2歳該当する保育園認定こども園地域型保育事業8~11時間

認定区分によって利用可能な保育時間は変わるものの、認定こども園はどの認定区分でも利用できます。また、入園後に認定区分が変更となった場合でも、退園する必要はありません。

2. 地域や保護者のニーズに応じた4タイプの種類がある

認定こども園は、保護者からのニーズや地域の状況に合わせて4種類に分かれています。

●幼保連携型
幼稚園・保育園両方の機能を併せ持ち、認定こども園として独立したタイプ
もともと幼稚園だった施設などが認定こども園としてリニューアルしたケースも多い

●幼稚園型
既存の幼稚園に保育園としての機能を追加し、幼稚園教育要領に基づいて教育を行うタイプ

●保育園型
既存の保育園に幼稚園としての機能を追加し、保育所保育指針に基づいて保育を行うタイプ

●地方裁量型
認可幼稚園・認可保育園のいずれにも該当しない地域の保育・教育施設に、認定こども園としての機能を追加したタイプ

認定こども園は、子育て支援事業拠点として重要な存在です。認定こども園は、園に在籍していない親子向けに交流・情報交換の機会を設けたり、育児相談・一時保育サービスを実施したりして、地域全体と関わっています。

3. 保育料は国が定めた金額の範囲内で市町村が認定する

2019年に始まった幼保無償化制度により、認定こども園の3~5歳児クラスおよび0~2歳児クラスの住民税非課税世帯の基本保育料が無料となりました。ただし、各園がより上質な教育・保育を提供するための費用や給食費などの各種実費は無償化の対象と見なされません。

0~2歳児クラスの住民税課税世帯の基本保育料は、認定区分や世帯所得などに応じて自治体が定める金額となります。また、一定条件に該当する第2子以降の子ども、およびひとり親世帯の基本保育料は半額もしくは無料です。

4. 勤務に必要な資格は認定こども園のパターンにより異なる

2015年の法改正によって登場した保育教諭は、幼稚園教諭免許と保育士資格の両方を持つ職員のことです。

幼保連携型認定こども園で保育・教育業務に就くためには、保育教諭となる必要があります。ただし2025年3月末日までは経過措置期間と見なされ、幼稚園教諭免許・保育士資格のいずれかと、一定の実務経験があれば保育教諭として働くことができます。

また、幼保連携型以外の認定こども園で働く際に必要な資格は、次の通りです。

●0~2歳児クラスを担当する場合
保育士資格

●3~5歳児クラスを担当する場合
幼稚園教諭免許と保育士資格の両方、またはどちらか一方

認定こども園における仕事内容

認定こども園での仕事内容は、園の種類や担当するクラスによって大きく異なります。

たとえば幼稚園型の3~5歳児クラスを担当する場合は教育業務の割合が高く、また運動会・遠足などの行事に関する業務も重要です。一方、保育園型の0~2歳児クラスは保育業務が中心となります。

1. 認定こども園で勤務する際の一日の流れ

下記は、認定こども園における業務スケジュールの一例です。

0~2歳児クラス(3号認定)3~5歳児クラス(1号認定)3~5歳児クラス(2号認定)
7:30順次登園順次登園
自由遊び
順次登園
自由遊び
8:30自由遊び
おむつ交換・排せつ
(同上)(同上)
9:30おやつ(同上)(同上)
10:00自由遊び教育を重視したクラス活動教育を重視したクラス活動
12:00おむつ交換
給食
排せつ
給食
排せつ
給食
13:00~14:00午睡自由遊び
順次降園
(以下、0~2歳児クラスに準ずる)
15:00おむつ交換・排せつ
おやつ
(以下、一時預かりとなる)
おやつ
自由遊び
順次降園
(同上)
16:00順次降園(同上)(同上)
18:00~19:00延長保育(同上)(同上)

子どもの降園時間が一律ではない認定こども園では、通常の保育園・幼稚園と比べてスケジュールが複雑です。

認定こども園は保育時間が長いため、幼稚園型でもシフト勤務となるケースが少なくありません。早番の職員と遅番の職員が交代する際は、子どもたちの様子や保護者に連絡するべきことなどについての引き継ぎを確実に行うことが重要です。

一般的に保育園の利用者はフルタイム共働き世帯が多く、幼稚園の利用者は専業主婦(夫)世帯やパート主婦(夫)世帯が多い傾向にあります。一方で、認定こども園では、保護者のライフスタイルや教育・保育に対する価値観はさまざまです。

そのため、すべての保護者が働いている、または働いていないという前提で保護者に接すると、一部の保護者の負担増加や保護者同士のトラブルの原因となります。
認定こども園の現状を踏まえつつ、各家庭の状況や考え方に合わせて柔軟に対応することが、働く上でのポイントです。

認定こども園で働くことが向いている人

認定こども園で働くことに向いている人は、下記の通りです。

〇幅広い年齢層の子どもと向き合い、保育・教育スキルを高めたい人
認定こども園には0~5歳の子どもが在籍しており、年齢によって必要なケアや教育内容は異なります。そのため、認定こども園は通常の保育園・幼稚園よりも業務の幅が広く、保育・教育のスキルを高めやすい傾向です

〇働きながら自身の適性をじっくり見極めたい人
保育士として働くか幼稚園教諭として働くか迷う場合、両方の特徴を兼ねそなえた認定こども園で働いてみることは、良い方法です。保育士資格と幼稚園教諭免許のいずれか一方のみを持っている場合、認定こども園で実務経験を積みながら、もう一方の資格取得を目指すことができます

理想の認定こども園求人を探すなら「マイナビ保育士」

膨大な求人データと転職ノウハウを有する「マイナビ保育士」では、細かい条件に合わせた求人情報の紹介が可能です。そのため、ブランクやワークライフバランスが心配な人も効率的に求人情報を探せます。
さらに、キャリアアドバイザーによる履歴書作成・面接サポートや入職後のアフターフォローサービスなどが好評です。

マイナビ保育士では、公開求人とともに非公開求人を数多く取り扱っております。非公開求人を出す園の多くは採用活動をスムーズに進めたいと考えているため、ある程度のスキル・経験があれば、短期間での転職が可能です。

これから経験を積みたい人はもちろん、さらなるキャリアアップを目指すベテランの人も、ぜひマイナビ保育士をご活用ください。

まとめ

保育園と幼稚園のメリットを併せ持つ「認定こども園」は、幼保連携型・幼稚園型・保育園型・地方裁量型の4種類に大きく分かれます。必要とされる資格や具体的な業務内容は、園のタイプや担当するクラスによってさまざまです。

認定こども園に転職したい場合は、まず見学を行い、園の教育・保育方針や先輩職員の様子を確認してみることをおすすめします。園の担当者に聞きづらいことがある場合や、転職自体に対して不安がある場合は、お気軽にマイナビ保育士へご相談ください。

お得な情報や最新コラムなどをいち早くお届け!ほいくらし公式LINE
友だちに追加する
保育の最新情報や役立つ知識をゆる~く配信中!ほいくらし公式Twitter
園での遊びや催し物など有益な情報をお届け!ほいくらし公式Instagram
CATEGORY :