安全教育とは|保育における重要性やヒヤリハットを防ぐポイントも

安全教育とは|保育における重要性やヒヤリハットを防ぐポイントも

保育の最新情報や役立つ知識をゆる~く配信中!
Twitterをフォローはこちら!

幼児期の子どもたちは好奇心旺盛で毎日アクティブに活動しますが、自分の身の回りにどのような危険が潜んでいるか、まだわからない年齢です。そのため、保育園で働く保育士は、保育サービスの提供だけでなく、安全管理や安全教育を行い、子どもたちの安全を守ることも重要な役割となります。

今回は、安全教育の概要や保育現場における重要性から、保育士向けの安全教育の事例、ヒヤリハットを防ぐためのポイントまでを解説します。子どもたちが安全に過ごせる保育園を実現するためにも、ぜひ参考にして下さい。

安全教育とは

教育・保育現場における安全教育とは、日常生活全般における安全を確保するために必要な事柄を理解して、安全な生活を送るための基礎力を養うことを言います。安全教育は、幼児期・小学生・中学生・高校生と子どもの発達段階に応じて行われます。

類似の用語となる安全管理は、事故に繋がる可能性のある要因を発見して事前に取り除くことや、万一の際に速やかに適切な対処を行える体制を確立することです。

安全教育・安全管理ともに、子どもたちの安全の確保を目指している点では共通しており、基本的には両者セットで行われます。

保育において安全教育が重要な理由

保育現場における子どもたちの事故は毎年のように発生しており、中には死亡事故や重篤な事故の事例も見られます。しかし、子どもたちが日々のさまざまな活動を通して成長していく過程で、怪我などのリスクを一切排除することは事実上不可能と言えるでしょう。

保育現場において安全教育が重要な理由は、子どもたちに危険を回避するための指導を行うことで、事故の発生を減らすことと重大な事故を未然に防ぐことにあります

幼児期の子どもたちに安全教育を行う場合は、辛抱強く繰り返し指導を行うことで、安全管理の知識と危険回避能力を定着させることがポイントです。

ヒヤリハットに気付いた時だけでなく、活動前に都度言葉がけを行うことで、徐々に理解も深まり安全な生活習慣を身に付けることが期待できます。

【保育士向け】安全教育の事例

幼児期の子どもたちは、どのような行動や場所が危険であるかを認識できない場合があるため、保育士が安全管理の知識を得て園内の安全を守るという意識を持つことが大切です。

保育士が身に付けるべき安全教育は、主に衛生面と活動面の2つが挙げられます。以下では、それぞれの事例を詳細に解説します。

衛生面における安全教育

衛生面の安全教育とは、食事・トイレ・手洗い・うがいなどの衛生面を指導して、子どもたちの健康を守るための教育のことです。

衛生面の安全教育では、毎日の言葉がけを繰り返し行い、衛生管理を子どもたちの日々の習慣として定着させることがポイントとなります。

衛生面の安全教育では、以下のような言葉がけをすると良いでしょう。

■食事のシーンでの言葉がけ
・食べる前には必ず手を洗ってキレイにしようね
・お箸とスプーンを使って食べようね
・こぼれたらタオルで拭きましょうね
■トイレの際の言葉がけ
・おトイレの後には石鹸で手を洗おうね
・トイレ用のスリッパをきちんと履きましょうね
・ペーパーを使いましょうね
■外遊び後園内に入る際の言葉がけ
・靴や服の砂を払ってから中に入ろうね
・中に入る前に手洗い
・うがいをしようね
・服が汚れたら着替えをしようね

活動面における安全教育

保育園では園内・園外でさまざまな活動が行われますが、活動内容によっては大きな事故に繋がるリスクも潜んでいるため、安全管理・安全教育を徹底することが重要です。

活動面の安全教育においては、都度の言葉がけだけでなく、各活動を行う前に子どもたち全体に呼びかける言葉がけを行うことがポイントとなります。事前に子どもたちに意識させることで、事故を未然に防ぐことに繋がります。

活動面の安全教育では、活動シーンに応じて以下のような言葉がけをすると良いでしょう。

■おもちゃを片付ける際の言葉がけ
・おもちゃはやさしく扱おうね
・大きな箱はみんなで持とうね
・ふたはゆっくりしめようね
■椅子やテーブルを並べる際の言葉がけ
・椅子は後ろから両手で持とうね
・テーブルは4人で運ぼうね
・慌てずゆっくり運ぼうね
■製作活動(お絵描き・工作)の際の言葉がけ
・はさみは座って使おうね
・はさみや鉛筆を持ったまま席を離れないようにしようね
・はさみや鉛筆を人に向けないようにしようね

ヒヤリハットを防ぐためのポイント

保育現場での安全教育は、ヒヤリハットに気付いた際に子どもたちに言葉がけを行うことが基本となりますが、安全教育の質を高めるためにできることが他にもあります。

ここでは、保育士がヒヤリハットに気付きやすくなり、事故を未然に防ぐためのポイントを3つ解説します。保育現場の安全性を高めるためにも、ぜひ参考にして下さい。

事故に発展する場所を定期的に点検する

ハインリッヒの法則では、1つの事故の周囲には29件の軽い事故と300件のヒヤリハットが存在しているとされています。

そのため、保育士がヒヤリハットに気付けるようにするためには、事故に発展する可能性のある場所を定期的に点検して、事前にリストアップしておくことが重要です。

幼児期の子どもが直面するヒヤリハットは、大人の目線とは異なるため気付けないこともあります。定期点検を行う際には、子どもの目線に立って危険をシミュレーションするようにしましょう。

職員間で情報を共有する

ヒヤリハットは一歩間違えると重大な事故に繋がる可能性もあるため、些細な事例でも必ず職員同士で情報を共有しておくことが重要です。

情報を共有することで網羅性を高められるため、一人では気付くことができなかったヒヤリハット事例も知ることができます。

経験の浅い職員は気付けないヒヤリハットも多いため、事例を共有して経験不足を補うことが大切です。子どもたちの危険を少しでも減らすためにも、ヒヤリハット事例の共有は必ず実践するようにしましょう。

過去に起きたヒヤリハットを把握しておく

保育現場で起こりやすいヒヤリハットには、場所や時間などある程度の傾向があります。

過去に起きたヒヤリハット事例を記録して、蓄積しておくことが重要です。定期的に職員が過去事例を確認しておくことで、ヒヤリハットが起こりやすいシーンを把握することができます。

過去に起きた事例を軽視せず、同じようなヒヤリハットを繰り返さないようにしましょう。

安全教育は安全管理と一緒に行うことが重要

安全教育は、実際にヒヤリハットの回避に役立ててこそ意味があります。安全管理を知識として学ぶだけではあまり意味はありません。そのため、子どもたちが自分で危険な行動や場所を認識して、危険から身を守れる能力を身に付けるようなアプローチを行うことが重要です。

ヒヤリハットが起こりそうなシーンでの言葉がけも、理由付けをしたり安全に対する思いを込めたりすることで、子どもたちにも伝わりやすくなります。

このように、安全教育と安全管理はセットで行うことを意識することで、子どもたちを自己や危険から守り、保育現場の安全性を高めることができるでしょう。

まとめ

保育園において安全管理を徹底することは、子どもたちの安全を守ることはもちろん、保育園の信頼性にも関わるため重要です。安全教育は、子どもたちの安全管理能力を向上させるためにも必須と言えるでしょう。

安全管理の質を高めるためには、ヒヤリハットに直面した時だけでなく、定期的な点検や事例の共有などを行い、日頃から園内に潜むリスクを把握しておくことが重要です。

「ほいくらし」では、保育現場で役立つ情報やキャリアアップの目指せる情報が多数掲載されています。保育業界について詳しく知りたい方は、ぜひチェックして下さい。

お得な情報や最新コラムなどをいち早くお届け!ほいくらし公式LINE
友だちに追加する
保育の最新情報や役立つ知識をゆる~く配信中!ほいくらし公式Twitter
園での遊びや催し物など有益な情報をお届け!ほいくらし公式Instagram
CATEGORY :