早期教育とは?幼児教育との違いやメリット・デメリットも

早期教育とは?幼児教育との違いやメリット・デメリットも

保育の最新情報や役立つ知識をゆる~く配信中!
Twitterをフォローはこちら!

早期教育は、未就学児を対象に行う教育方法のひとつです。小さいうちに教育を開始することで、子どもにさまざまなメリットがあると注目を集めています。一方で、早期教育にはデメリットとして考えられている点もあるため、事前に詳しく理解した上で実施を検討することが大切です。

当記事では、早期教育の概要やメリット・デメリットを紹介します。早期教育を行う上で重要なことも紹介するため、早期教育を始めるか悩んでいる人は、ぜひ参考にしてください。

早期教育とは

早期教育とは、未就学児(小学校入学前の児童)に対して、主に知識や技術の習得、向上を目的として行われる教育のことです。

幼児期は脳が発達しやすいため、早い段階で教育を開始することで、能力を高めやすいと言われています。なかには、0歳から早期教育を開始するケースもあるほどです。しかし、子どもへのデメリットも考えられていることから、早期教育には否定的な意見もあります。

早期教育は、幼児教室に通う方法や、自宅に教材を取り寄せて家庭学習を行う方法が一般的です。

実施する教育の例は、下記のとおりです。

・外国語(主に英語)
・読み書き
・計算
・運動(体操やスイミングなど)
・音楽(ピアノや電子オルガンなど)
・ダンス
・創作活動

近年はグローバル化が進んでいることから、外国語や読み書きの人気が高まっています。特に、英語を専門的に教えている幼児教室が多い傾向です。

早期教育と幼児教育の違い

早期教育と似ている教育方法のひとつに、「幼児教育」があります。幼児教育は、児童の日常生活における、あらゆる場面での教育の総称です。そのため、保育園や習い事などに留まらず、家庭での生活や地域活動なども幼児教育に含みます。

知識や技術の習得を主な目的とする早期教育と異なり、幼児教育では多様な社会性を身につけることも目的のひとつです。幼児教育で身につけた能力は、今後の人生において子どもの基礎となります。

早期教育と幼児教育を混同すると、教育の方向性が定まらなくなってしまうため、それぞれの内容をしっかり覚えておきましょう。

早期教育のメリット・デメリット

早期教育が社会的に注目されている理由は、子どもにとってのメリットがあるためです。一方で、早期教育は専門家の間でも明らかになっていない部分が多く、成長への弊害があると考えられている要素もあります。

子どもにとってベストな選択を行うためには、デメリットも踏まえて必要性を判断することが重要です。

ここでは、早期教育のメリット・デメリットを紹介します。

メリット1:子どもの好奇心や得意分野を引き出せる

早期教育を通して、子どもがさまざまな体験に触れることで、好奇心が生まれやすくなります。

小さい子どもの好奇心を引き出すためには、新しい経験や物事に接するきっかけを、親が提供することが重要です。思いもよらないものに興味を持つ場合もあり、子どもの可能性を広げることにつながるでしょう。

また、多くの事柄に触れるなかで、子どもの得意分野を引き出せることもあります。得意分野の専門的な教育を受ければ、さらに才能を伸ばすこともできるでしょう。

メリット2:子どもに「自分はできる」という自信がつく

早期教育によってできることが増えると、子どもが「自分はできる」と自信を持つようになります。自信がつくことで、自己肯定感が高まり、子どもはほかの物事にもどんどん挑戦するようになるでしょう。結果として、さらに経験や能力の幅が広がります。

なお、子どもに自信を付けてあげるためには、「よくできたね」などの肯定的な声掛けを行うことが大切です。「もっとこうしなさい」といった否定的な発言は、子どもが自信をなくしてしまう可能性があるため、注意してください。

メリット3:育児の相談相手を見つけられる

早期教育は、子どもだけでなく親にとってのメリットもあります。幼児教室に通う場合、先生やほかの親と交流する機会が増えるため、育児の相談相手を見つけることが可能です。

育児をしていると、日常的にストレスがかかる場面が多くなります。特に、母親は育児に専念していることも多いため、日ごろ他人とコミュニケーションを取る機会自体が減少しやすいでしょう。また、関係性が深いがゆえに、夫には話しにくいこともあるのではないでしょうか。

悩みや疑問を気軽に話せる相手を見つけられれば、親自身が楽しくリラックスできる時間にもなります。

デメリット1:自主性や創造性の発達が遅れる可能性がある

早期教育のなかには、先生から一方的に知識や技術を伝えるだけの場合もあり、主体性が身につかない可能性があります。事前に教室などの情報を集め、子どもが主体的に学べるような幼児教室やサービスを選ぶと良いでしょう。

また、子どもと友達が接する時間が少なくなると、遊びや日常的なコミュニケーションのなかで身につくはずの創造性が養われないことも懸念されます。反対に、早期教育によってほかの子どもよりできる事柄が増えてくると、周囲より優位であることを重視してしまう可能性もあります。

週に何日かはほかの子どもたちと遊ぶ時間を設けたり、「他人より優位であることよりも、自分自身が成長することが大事」といった内容を親から教えたりする必要があります。

デメリット2:精神的負担を与える可能性がある

早期教育を詰め込むと、子どもにとって精神的な負担となる危険性があります。特に、親が早期教育に対して過度に期待している場合は、教育が訓練のようになってしまうことも考えられます。

子どものなかで、「親を喜ばせなきゃ」「親に怒られないように」などの義務感が発生し、プレッシャーがどんどん大きくなる可能性があります。

子どもの様子を見ながら、伸び伸びと学べる環境を作るようにしてください。

早期教育を行う上で重要なこと

早期教育の概要やメリット・デメリットを把握しておくだけでは、失敗を防ぐために充分ではありません。早期教育を子どもの成長にしっかりつなげるためには、親が理解しておくべきポイントを押さえることが大切です。

ここでは、早期教育を行う上で重要なことを2つ紹介します。

子ども自身が楽しんでいるかどうかを優先する

子ども自身が楽しんでいるかどうかを優先することが大切です。

早期教育は、あくまで子ども本人が成長するために行うものであり、親の自己満足となってはなりません。受験などの将来を見据えて早期教育を行う場合も、親からの押しつけとならないように注意が必要です。

また、子どもが楽しんでいない場合、早期教育がストレスとなっている可能性があります。子どもによっては、楽しくない意思を自分から言い出せない場合もあるため、親が聞いてあげることも大事です。

子どもの自主性を抑圧しない

子どもの自主性を抑圧しないことも重要です。自主性を尊重すると、子どもはさまざまな物事に対して積極的になります。逆に、親が子どもの自主性を抑圧すると、子どもはどんどん受け身となるでしょう。

早期教育におけるデメリットのひとつとして、自主性が養われない可能性があります。早期教育の欠点をカバーし、より良い教育につなげるためにも、子どもが自主的に学ぼうとする姿勢を親が伸ばしてあげることが重要です。

まとめ

早期教育は、未就学児に対して知識や技術の習得を目的に行う教育です。英語や読み書き、運動などが例として挙げられます。

早期教育は、「好奇心や得意分野を引き出せる」といったメリットがある一方で、「自主性や創造性の発達が遅れる可能性がある」などのデメリットもあります。

また、早期教育を行う上では、「子ども自身が楽しんでいるかどうか」や「子どもの自主性を抑圧しない」の2点が重要です。早期教育を失敗しないためにも、ぜひ2つのポイントを意識してください。

なお、保育についてもっと情報を知りたい人には「ほいくらし」がおすすめです。ほいくらしには、保育に関連した多岐にわたる情報やノウハウが掲載されています。いずれも日々の子育てに役立つ内容であるため、ぜひご覧ください。

お得な情報や最新コラムなどをいち早くお届け!ほいくらし公式LINE
友だちに追加する
保育の最新情報や役立つ知識をゆる~く配信中!ほいくらし公式Twitter
園での遊びや催し物など有益な情報をお届け!ほいくらし公式Instagram
CATEGORY :