保育士の業務内容|1日の流れ・やりがいと苦労・資格取得方法も

保育士の業務内容|1日の流れ・やりがいと苦労・資格取得方法も

保育の最新情報や役立つ知識をゆる~く配信中!
Twitterをフォローはこちら!

保育士は、小学校就学前までの乳幼児の保育や、地域の子育て支援を行う職業です。子どもと関わる時間が多いイメージを持つ方は多くいますが、事務作業など子どもへの保育以外の業務も多く、さまざまな業務内容があります。

保育士が自分に合う仕事か確かめたい場合は、業務内容について詳しく知っておきましょう。

今回は、保育士の業務内容について解説します。1日の流れだけでなく、やりがいと苦労、資格の取得方法なども解説するため、保育士を目指す方は参考にしてください。

保育士の主な業務内容

保育士の主な業務は、子どもと接する業務(コンタクトタイム)と、子どもと接しない業務(ノンコンタクトタイム)の2つに分けることができます。下記は、保育士の1日の業務時間における、業務内容別の時間の割合をまとめた表です。

業務時間の割合
子どもと直接的に接する業務(コンタクトタイム)66.1%
事務作業・裏方業務(ノンコンタクトタイム)33.9%
(出典:厚生労働省「令和元年度 保育士の業務の負担軽減に関する調査研究 事業報告書」/https://www.mhlw.go.jp/content/000636458.pdf

保育士の仕事はコンタクトタイムの割合が多くなっているものの、事務的な業務も33.9%を占めています。ここでは、それぞれの業務について詳しく解説します。

子どもと直接的に接する業務

保育士の中心的な業務は、子どもと直接的に接する業務です。下記は、子どもと直接的に接する業務内容と、具体例をまとめた表です。

業務内容具体例
身の回りのお世話や生活習慣の育成・着替えや食事、トイレのサポートなど、年齢別や発達段階に応じたお世話やサポート・食事や昼寝、歯磨きやおやつなどの規則正しい基本的な生活習慣の指導
子どもの健康管理・登園から降園までの子どもの観察、健康管理・必要に応じた保護者対応
知識や能力、社会性の育成・絵本の読み聞かせ、体を使った遊び、クレヨンやはさみなどの道具の使い方指導、基礎的な知識や能力の育成・保育園内での集団行動を通したコミュニケーションの取り方の指導

集団生活や集団行動の中で、保護者から預かった子どものお世話や生活習慣の育成を通し、社会性や自立心などを育てていきます。

子どもと直接的に接する業務

保育士の中心的な業務は、子どもと直接的に接する業務です。下記は、子どもと直接的に接する業務内容と、具体例をまとめた表です。

業務内容具体例
身の回りのお世話や生活習慣の育成・着替えや食事、トイレのサポートなど、年齢別や発達段階に応じたお世話やサポート・食事や昼寝、歯磨きやおやつなどの規則正しい基本的な生活習慣の指導
子どもの健康管理・登園から降園までの子どもの観察、健康管理・必要に応じた保護者対応
知識や能力、社会性の育成・絵本の読み聞かせ、体を使った遊び、クレヨンやはさみなどの道具の使い方指導、基礎的な知識や能力の育成・保育園内での集団行動を通したコミュニケーションの取り方の指導

集団生活や集団行動の中で、保護者から預かった子どものお世話や生活習慣の育成を通し、社会性や自立心などを育てていきます。

事務作業・子どもへの保育以外の業務

保育士の業務内容には、事務作業なども含まれます。下記は、事務作業・子どもへの保育以外の業務内容と、具体例をまとめた表です。

業務内容具体例
保護者のサポート・登園時や降園時の保護者との連携・子どもの園での活動や様子を連絡ノートに記入・育児相談やアドバイスなど、保護者との個別面談
継続的な保育や教育を行うための事務作業・お便りの作成、配布・保育日誌や個人記録の作成・保育、行事に関連する教材や物品の管理、発注
保育環境の清掃や整備・子どもの受け入れ・翌日の保育や活動の準備・片付け、清掃、消毒など
イベントの計画・準備・入園式や遠足、運動会などの季節行事・イベントにおける行動計画の作成・作品展示や行事・イベントに合わせた室内装飾・保護者会や参観、懇談会などの保護者向け行事計画の作成、準備

子ども一人ひとりや保護者と向き合う保育士にとって、保育園の運営に関係する事務的な業務も大切な仕事です。

保育士の1日の流れ

保育園によって、保育士のスケジュールや業務内容が異なるケースはあるものの、一般的な流れに大きな違いはありません。下記は、保育士の1日の流れをまとめた表です。

時間仕事内容
7:00~・子どもの受け入れ準備・仕事内容の確認
7:30~・保護者や園児への挨拶
9:45~・朝礼で注意事項を共有・朝の会、朝の体操を実施
10:00~11:00・手遊びや歌、お絵描き、読み聞かせなど
11:00~11:30・昼食の準備、アレルギー食材の除去食の確認、配膳
11:30~12:30・園児と一緒に給食を食べながら栄養・食事指導
12:30~13:00・食器の後片付け
13:00~14:00・お昼寝の様子を適宜観察しながら休憩・保育日誌や連絡帳の記入
14:00~14:30・園児の起床、布団の片付け・着替えのサポート
15:00~15:30・おやつの準備、配膳・食器の後片付け
16:00~19:00・帰りの会・園児のお見送り、保護者への挨拶や保育所での様子を共有
19:00・退勤

園児が降園するまでは、コンタクトタイムの割合が高い傾向です。一方、お見送りが始まる16時以降は、事務作業の割合が増加します。特に18時以降は、ノンコンタクトタイムの割合が約68.8%を占めている状態です。

(出典:厚生労働省「令和元年度 保育士の業務の負担軽減に関する調査研究 事業報告書」/https://www.mhlw.go.jp/content/000636458.pdf

保育士の作業負担が増えていることもあり、ICTシステムの活用や導入によって、保育士の事務作業の業務改善や効率化が進められています。

保育士のやりがいと苦労

保育士は、さまざまな場面でやりがいを感じられる職業です。保育士の登録者数は年々増加しており、平成30年時点で約154万人となっています。共働き世帯の増加もあり、保育士の需要は高い傾向です。

(出典:厚生労働省「保育士の現状と主な取組」/https://www.mhlw.go.jp/content/11907000/000661531.pdf

とはいえ、保育士として働く場合はさまざまな苦労もあります。ここでは、保育士のやりがいと苦労に関して解説します。

保育士のやりがい

保育士として働いていると、さまざまな面でやりがいを感じられます。やりがいを感じる場面の例は下記のとおりです。

・子どもの成長を近くで感じられる
・子どもにとって必要な存在、特別な存在になれる
・子どもと過ごす中で新たな発見や成長ができる
・行事が終わった後に達成感を得られる
・保護者から信頼を得られ、育児について相談される

クラス担任や園長などの役職に就くと、仕事量が増加するため負担も増えます。しかし、子どもとの関係性が深まりやすくなり、喜びや感動も得られやすくなる傾向です。

保育士の苦労

保育士の仕事には、苦労や大変さを感じる業務内容もあります。現場で働く保育士が苦労や大変さを感じやすい場面の例は、下記のとおりです。

・上司や同僚などの職場、保護者との人間関係
・事務作業の負担の大きさ
・給料の少なさ
・労働時間の長さ
・自身の体調管理

厚生労働省の調査によると、退職理由としてもっとも多い項目が「職場の人間関係」であり、全体の33.5%を占めています。次いで「給料が安い」「仕事量が多い」という結果となっており、保育以外の部分で苦労を感じるケースが目立ちます。

(出典:厚生労働省「保育士の現状と主な取組」/https://www.mhlw.go.jp/content/11907000/000661531.pdf

保育士資格の取得方法

保育士になるためには、国家資格である保育士資格を取得する必要があります。保育士資格の取得ルートは以下の2つです。

(1)指定保育士養成施設を卒業する
厚生労働大臣が指定する大学・短期大学・専修学校・その他施設で所定の科目・課程を履修することで、卒業時に保育士資格を得ることができます。
(2)保育士試験に合格する
独学あるいは通信講座・スクールなどを利用して勉強し、試験に合格することで保育士資格を得ることができます。ただし、下記のいずれかの受験資格を満たさなければなりません。
・大学、短期大学などに2年以上在学し、62単位以上修得・児童福祉施設における保育補助などの実務経験(高校卒業者は2年以上かつ総務勤務時間2,880時間以上など)・知事による受験資格認定

(出典:一般社団法人 全国保育士養成協議会「受験資格」/https://www.hoyokyo.or.jp/exam/qualify/index.html

保育士とは関係のない学科であっても、学校教育法に基づいた大学・短期大学・専修学校などを卒業していれば、保育士試験を受けることができます。

保育士試験の内容は、筆記試験8科目と実技試験です。実技試験に進むためには、筆記試験のすべてに合格しなければなりません。両試験に合格すると合格通知書が届き、保育士登録が可能となります。

(出典:一般社団法人 全国保育士養成協議会「保育士試験とは」/https://www.hoyokyo.or.jp/exam/about/index.html

まとめ

保育士の主な仕事内容は、子どもと接する業務です。しかし、事務作業など子どもと関わらない業務もあるため、どちらもこなせるように取り組みましょう。

保育士として働く場合、さまざまな場面でやりがいを感じることが可能です。苦労する場面もありますが、子どもと接することが好きな方にとって、保育士は最適な仕事といえます。

「ほいくらし」では、保育士の業務に活かせる情報や、日常の保育に使えるテクニックを発信しています。保育士として働いている方だけでなく、保育士の仕事に興味を持つ方にも役立つ情報を取り扱っているため、チェックしてみましょう。

お得な情報や最新コラムなどをいち早くお届け!ほいくらし公式LINE
友だちに追加する
保育の最新情報や役立つ知識をゆる~く配信中!ほいくらし公式Twitter
園での遊びや催し物など有益な情報をお届け!ほいくらし公式Instagram