食育とは?勉強する4つのメリットと実践例を紹介!

食育とは?勉強する4つのメリットと実践例を紹介!

保育の最新情報や役立つ知識をゆる~く配信中!
Twitterをフォローはこちら!

子どもの健やかな成長を支援する保育士や、子どもを育てる保護者のなかには、「食育」という言葉を聞いたことがある人も多いでしょう。食事は生きる上で必要なものですが、食育の定義や重要性がいまいち理解できないという人もいます。

この記事では、食育の定義や食育が重要視されるようになった理由について解説します。食育を勉強するメリットや、食育の具体的な実践例についても併せて確認した上で、毎日の保育現場や家庭での生活に食育を上手に取り入れましょう。

食育とは?

「食育」とは、食べ物や食事に関する知識を学び、食への興味関心を育むことで、子どもたちが一生を通じて健康的な食生活を送れるようにするための教育です。農林水産省では、食育を下記のように定義しています。

食育は、生きる上での基本であって、知育・徳育・体育の基礎となるものであり 、様々な経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実現することができる人間を育てることです。

(引用:農林水産省「食育の推進」/https://www.maff.go.jp/j/syokuiku/

2005年には「食育基本法」、2006年には「食育推進基本計画」が政府によって制定され、保育園や幼稚園、学校などでも食育の実践が推進されるようになりました。それでは、保育園や学校などで食育が行われるようになった背景には、どのような事情があるのでしょうか。ここでは、食育の重要性が高まっている理由について簡単に解説します。

食育の重要性が高まっている理由

食育の重要性が高まっている背景には様々な理由がありますが、食育には子どもの健康状態や学力、体力の向上を図るという目的があります。

最近では、核家族化や食事の簡素化が進み、家庭生活において家族が別々のものを食べる「個食」や、1人で食べる「孤食」が増えてきました。栄養が偏っている人や朝食を食べる習慣がない人も多い傾向にあります。この問題は子ども世代でも深刻で、政府の調査によると、朝食を毎日食べない小学生・中学生が全国に一定数存在すると報告されています。

朝食は、生活リズムを整え、1日を活動的に過ごすために重要な食事であり、朝食の摂取率は学力や体力の高さとも相関があるといった報告もあります。子どもたちの健やかな成長をサポートし、未来への可能性を育むためにも、食育は非常に重要性の高い教育であると言えるでしょう。

(出典:農林水産省「令和元年度 食育推進施策第2部 食育推進施策の具体的取組」/https://www.maff.go.jp/j/syokuiku/wpaper/attach/pdf/r1_wpaper-4.pdf

食育を勉強するメリット4選

食事は、頭や体の活性化に繋がるエネルギー源となるだけではなく、心の栄養にもなる生活習慣です。食育を学ぶことは、子どもにとって非常に多くのメリットがあるため、保育の現場でも家庭でも積極的に食育を実施するとよいでしょう。

ここでは、子どもたちが食育を学ぶことの主なメリットを4つ紹介します。食育の魅力を理解した上で食育を実践し、子どもたちの食への興味・関心を伸ばしてあげましょう。

学力や体力の向上が期待できる

保育園や学校などで行われる食育では、毎日決まった時間に3食とることの大切さや、栄養バランスを心がけることの重要性を学びます。特に、朝食の重要性について子どもたちに理解させる必要があります。

食育を学ぶことで、子どもたちは自発的に栄養バランスのとれた規則正しい食生活を心がけるようになります。栄養バランスの整った食事を十分に摂取することで、脳や筋肉に必要な栄養素が行き届くと考えられるため、学力や体力の向上を期待できるでしょう。

栄養バランスについて勉強できる

食事の材料に含まれる栄養素や、栄養バランスを考えた献立の組み立て方に関する基礎知識を学べることも、食育を受けるメリットの1つです。

従来の家庭科といった教科や、給食の献立表などでも、5大栄養素や3色食品群といった栄養について学ぶ機会はありました。食育では栄養素やカロリーの知識にプラスして、理想的な献立の立て方や栄養バランスのとり方、適切な食事量なども学習できます。
栄養バランスのとれた食事を適量摂取することで、肥満や生活習慣病、栄養失調といった健康上のトラブル・病気を予防し、良好な栄養状態をキープすることが可能です。健康な生活を送るためにも、食育は重要な役割を果たしていると言えるでしょう。

社会性を身につけられる

食育では、家族や友人と食事を一緒に作ることや、他の人と食事を共にすることの楽しさ・大切さを学びます。手洗い・配膳・片付けといった食事に関する各段階では、他の人と協力し合うことが多いため、協調性を身につけることができるでしょう。

また、食事中の会話や調理・食事準備の際のコミュニケーションなどから、人間関係を作っていく力が育つことも期待できます。このように、社会性や人間性を育める点は食育の大きな魅力の1つと言えるでしょう。

食事のマナーを身につけられる

食事は1人で食べることもありますが、未就学児や小学生・中学生の場合、家族や友人と食べる機会が多いでしょう。社会に出ると、結婚式などの式典やビジネスシーンなどで会食に参加する機会も増え、他人と食卓を囲むことが増加します。基本的な食事マナーを身につけることは、同じ食卓を囲む人と楽しく食事を行うためにも重要なポイントです。

■食育を通して学ぶ食事マナーの例

・箸使い(スプーン・フォーク・ナイフの使い方)
・会話の内容や話し方
・食事の際の姿勢
・食事前後の挨拶
・咳やくしゃみといった飛沫に関するエチケット

食育では上記のような内容も学ぶため、子どものうちから適切な食事のマナーを身につけられると期待できます。

具体的な食育の実践例

食育の目的や概要、食育を行うことのメリットについて解説しましたが、保育や教育の現場では、具体的にどのような食育が実施されているのでしょうか。保育園や学校で実際に行われている食育の具体的な実践例は、下記の通りです。

■食育の実践例

●農作物の「生産」から「消費」までの食サイクルを体験する
子どもが苗植えや草むしり、水やり、害虫駆除といった農作物の生産に関わる体験活動に参加し、収穫するまでの大変さ・楽しさを学びます。農業体験で収穫した農作物は保育園や学校で調理し食べることにより、食事に関する知識や興味を高めることに繋がります。

●伝統的な食文化の継承を行う
食育は、日本特有の食文化や地域に伝わる伝統的な食文化を保護・継承する役割も担っています。地域に伝わる郷土料理の作り方や配膳の仕方を学ぶことで、伝統的な食文化に親しみます。

このように食育は、食事や栄養バランスだけではなく、地域の文化や農作物を育てることを学ぶことにも繋がります。

【年代別】家庭における食育の実践方法

食育は、保育園や学校などの保育・教育機関だけではなく、自宅でも実践することができます。家庭で食育に取り組む際には、子どもの年齢や学年区分によって、食育の内容やアプローチが異なることに注意が必要です。ここでは、家庭でできる食育の実践方法を年代別に解説します。

■未就学児に対する食育

小学校入学前の幼児に対する食育では、「食事をとる意欲を育てる」ことを目標にしましょう。「子どもが好きな食べ物を少し多めに入れる」「食べ切れそうな量を出し、食べられたらおかわりしてもらう」といった工夫が必要となります。暮らしのなかで食材の購入や調理を一緒に行うことも、幼児期における食べ物への関心を育む上で効果的です。

■小学生に対する食育

心身ともに成長期にある小学生には、「基本的な食事の習慣を身につけること」を主な目的とした食育を行いましょう。食事のリズムや食材をバランスよく食べることの重要性を伝えることが大切です。また、正しい配膳の方法や食事のマナーを学ぶことも重要となります。毎日の食事を一緒にとるなかで少しずつ伝えていきましょう。

■中学生・高校生に対する食育

勉強や部活動、遊びなどで生活習慣が乱れがちとなる場合が多い中学生・高校生には、食生活の大切さを伝えましょう。食事を中心として健康な生活を送れるよう、「3食決まった時間に食べる」「主食・主菜・副菜をバランスよく食べる」などがポイントとなります。将来的に自分自身で食生活や健康管理をマネジメントできるように導きましょう。

食事は、健康的に生活する上で重要な役割を果たします。保育園や学校、家庭で取り組める食育を実践し、子どもの食に関する興味・関心をしっかり育ててあげましょう。

まとめ

「食育」は、健康的な生活を送るために必要な食に関する知識や体験を通して、食や健康に対する興味や関心を育む学びです。食育には「学力・体力の向上」「栄養に関する知識の習得」「社会性の育成」といったメリットがあるため、保育や教育の現場、家庭などで積極的に取り組みましょう。

保育園や家庭で実践できる食育など、保育や育児に関する情報を知りたい際には、保育関連情報サイト「ほいくらし」がおすすめです。食育以外にも様々な保育情報を紹介しているため、保育士だけではなく保護者も、ぜひ活用してください。

お得な情報や最新コラムなどをいち早くお届け!ほいくらし公式LINE
友だちに追加する
保育の最新情報や役立つ知識をゆる~く配信中!ほいくらし公式Twitter
園での遊びや催し物など有益な情報をお届け!ほいくらし公式Instagram