保育園の園長とは?仕事内容や給与・園長になるための条件を解説

保育園の園長とは?仕事内容や給与・園長になるための条件を解説

保育の最新情報や役立つ知識をゆる~く配信中!
Twitterをフォローはこちら!

保育園の園長は、園の総責任者としてさまざまな仕事に携わります。運営業務や行政とのやり取り、保護者対応など、あらゆる仕事を同時に進めることが園長の仕事です。やりがいが大きく、保育職の中では給料も高いため、保育士のステップアップ先として人気です。

当記事では、園長の役割や仕事内容、給与相場について解説します。また、園長として働くメリット・デメリットや、園長になるためのルートも紹介するため、ぜひ参考にしてください。

園長とは?どんな役割がある?

園長とは、保育現場の責任者として保育園の運営や経営を担う役職です。保育士のキャリアを積んで管理職としてステップアップし、現場保育士としての最終ポストとなります。

園長は運営と経営の両方に携わります。事務作業が中心ですが、保護者や行政のやり取りなどのコミュニケーション業務も務めるなど、役割は幅広い傾向です。具体的には、以下のような仕事をします。

〇保育園経営のための資金管理
資金管理は、園長の仕事の中でも重要な位置を占めます。経費や補助金の管理の他、保育士の給与や保育料をもとに、保育園運営のための予算計画を立てることが必要です。

〇保育士にまつわる人事・教育
保育士の採用や新人保育士の育成も園長の役割です。園長はすべての職員を定期的に評価し、保育者として必要な指導を行います。ベテラン保育士や中堅保育士と連携し、安定した保育人材を育成することは、保育園の発展や評判にも影響します。

保育士の採用活動に関する求人情報の掲載や、転職サイトのエージェントとの面談など、保育士求人に関する人事業務も大切な仕事です。特に現在は保育士不足が続いていることもあり、実力のある現役保育士の確保は保育園の運営に欠かせません。

〇トラブル対応
普段は担任や現場の保育士が保護者対応の中心ですが、保育園でトラブルや事故が起こった場合、園長が保護者対応を行うこともあります。園長は保育園の総責任者であり、クレーム対応や調整なども仕事です。また、保育士同士のトラブルが起こった場合も、園長が対応に当たります。

他にも、園長の仕事は多岐にわたり、総責任者としてさまざまな業務を担います。

1. 園長以外の役職には何がある?

保育園では、トップである園長の下にもいくつかの役職があり、大きく分けると園長・主任・保育士の3つです。保育園の規模によっては、クラス担任の中でもクラスリーダーや乳児リーダー、幼児リーダーなどの役職が存在する場合もあります。

2017年からは保育士の処遇改善の一環として、新たな役職制度が始まりました。新制度で導入された役職は、「副主任保育士」「専門リーダー」「職務分野別リーダー」の3つです。それぞれの役職には、経験年数を重ねて研修を受講することで就くことができます。

園長が担当する仕事内容

ここでは、園長が担当する仕事内容を具体的に紹介します。園長が担当する仕事は、どれも運営力と保育力が要求されるものばかりです。

〇保育園の運営計画立案
園長は、経営者として国や自治体から支給される補助金や、運営にかかる経費をもとに収支計画を作ります。予算計画や事業計画を立て、円滑に保育園を運営するための基本となる大切な仕事です。

〇行政とのやりとり
園長は保育園の総責任者として、行政とのやりとりを行います。補助金の申請などに必要な書類作成も業務の一部です。時には、行政や自治体との会議に出席することもあります。

〇設備管理
保育園の施設や設備が安全に保たれているか管理します。万が一設備に不備があった場合は、修繕計画や予算を作成して安全管理に務めることも園長の役割です。

〇行事・イベントでの挨拶
園長は保育園の代表として、さまざまな場面で挨拶を行います。入園式や運動会などの園内行事だけでなく、入園希望者への説明会なども出席します。

〇シフト管理
保育園に所属する保育士たちのシフト管理を行い、クラス担任の割り振りなどを決定する仕事です。保育士や子どもたち全体のバランスを考慮しながら行う必要があり、コミュニケーション能力や保育力が求められます。

園長の給与相場

保育園のトップである園長の給与相場は、私立と公立で異なります。下記表は、内閣府が発表した「令和元年度幼稚園・保育所・認定こども園等の経営実態調査」による、令和元年の園長の給与相場です。

施設形態月給(賞与込み)年収(月給×12ヶ月)
私立565,895円6,790,740円
公立632,982円7,595,784円
(出典:内閣府「令和元年度幼稚園・保育所・認定こども園等の経営実態調査」
/https://www8.cao.go.jp/shoushi/shinseido/data/index.html

一般的な学校教諭では、公立より私立のほうが給料が高いイメージがありますが。保育業界では、公立保育園の園長のほうが給料相場は高い傾向です。月給ベースで5万円ほど公立のほうが高く、平均年収では70万円ほどの差が出ます。

私立保育園は高給の施設もありますが、規模や経営状況によって給与水準が大きく異なります。安定性を求める場合は、公立保育士から園長を目指しましょう。

園長として働くメリット・デメリット

ここでは、園長として働くメリットと・デメリットを紹介します。

園長として働くメリットは、やりがいの大きさと収入面の高さが中心です。

・理想の保育を実現できる園長は保育園の運営方針や保育理念を自由に設定することが可能です。子どもの個性を伸ばす保育や英語教育を取り入れた保育など、自分の理想の保育方針を実現できます。
園内のイベントや保育業務の方向性なども自由に決められるため、自分の個性や保育力を発揮したい人には、やりがいが大きいでしょう。

・収入面が安定している保育士は処遇改善が進んでいますが、他業種と比べると低賃金の仕事です。しかし、保育の実績を積んでキャリアアップすると収入は次第に安定していきます。保育園のトップである園長となると、かなりの高給を得ることが可能です。

園長として働くデメリットは、責任の大きさや大変さが中心です。

・運営の全責任を担う
園長は、保育園のトップとしてすべての職員をまとめ、運営の責任を担う必要があります。最高責任者としてリーダーシップを取っていくことは、精神的にも肉体的にもハードです。自分の選択ミスが職員のやる気や保育園の経営に大きく影響することもあり、常に責任とプレッシャーを感じるでしょう。

・人間関係の調整や保育士育成の難しさ
園長は、シフト管理やクラス編成、保育士の育成も仕事のひとつです。これらの仕事はさまざまなスキルが求められるうえ、複数のタスクを同時にこなす必要があります。

また、上記は重要な仕事ですが仕事の難易度も高いため、日頃から人間関係に気を配りつつ、育成に関するスキルも高める必要があります。

園長になるためには?園長を目指す4つのルート

保育園の園長になるためには、4つのルートからステップアップすることが一般的です。園長を目指すルートには、以下の4つがあります。

〇経験を積んでキャリアアップする
勤務年数や経験を積み、保育士としてキャリアアップする方法は、園長を目指すためにもっとも正統な方法です。公立保育園の場合は、昇進試験を経て園長に就任します。私立保育園の場合は園によって基準が異なりますが、クラス担任から主任を経て昇進するケースが一般的です。

〇園長職の求人に応募する
新規開園の保育園では、園長職や園長候補の求人募集をしている場合があります。企業主導型の保育施設や私立保育園では、保育士資格や現場経験は不問とする求人も多く、保育士経験が少なくても園長となることが可能です。

〇家族経営の保育園を引き継ぐ
家族経営の保育園の場合、園長は一族の子どもや親族に受け継がれていくケースがほとんどです。自分の家族や親族が保育園経営をしていた場合、後継ぎとして園長を引き継ぐ可能性があります。

〇自分で保育園を開園する
自分自身で保育園を開園することで、園長となることができます。実現のハードルは高いものの、理想の保育園を作りたい人に向いています。

園長になるルートは多数ありますが、家族経営の保育園など経験を積んでも園長になれないケースもあるため、自分に合った保育園を選ぶことが大切です。

1. 園長に求められるスキル

園長は幅広い仕事に携わるため、さまざまなスキルが求められます。園長に求められるスキルの一部は、以下のとおりです。

〇コミュニケーション能力
園長は、保育士や行政、保護者などさまざまな人と接する仕事です。コミュニケーション能力が高いと、人間関係や交渉のやりとりに役立ちます。

〇リーダーシップ
園長は保育園のトップとして職員をまとめるため、リーダーシップが必要です。周囲から信頼される園長を目指しましょう。

〇管理能力
園長にとって、保育園を健全に運営するための管理能力は非常に重要です。経営知識や人材管理の知識だけでなく、行政制度などの知識も熟知しておく必要があります。

まとめ

園長の仕事は多岐にわたり、求められることが多い仕事です。高給でやりがいが大きい仕事ですが、ストレスや責任も大きく、非常にハードな仕事といえます。そのため、園長として働くメリット・デメリットを理解したうえで、働き方を決めることが大切です。

園長になるためには、4つのルートがあります。ステップアップすることが難しいケースもあるため、就職・転職する場合は保育園の事情についてもよく確認しておきましょう。

保育士専門の情報サイト「ほいくらし」では、園長を目指す人や保育士に役立つ記事が多数掲載しています。保育士の仕事に興味のある人は、ぜひご活用ください。

お得な情報や最新コラムなどをいち早くお届け!ほいくらし公式LINE
友だちに追加する
保育の最新情報や役立つ知識をゆる~く配信中!ほいくらし公式Twitter
園での遊びや催し物など有益な情報をお届け!ほいくらし公式Instagram
CATEGORY :