七草の日とは?由来・歴史から七草の覚え方・歌まで

七草の日とは?由来・歴史から七草の覚え方・歌まで

保育の最新情報や役立つ知識をゆる~く配信中!
Twitterをフォローはこちら!

1月7日の「七草の日」は、1年の無病息災を願い七草粥を食べる日です。日本の伝統行事として、1月7日には全国各地の神社で七草粥をふるまうイベントが開催されています。しかし、七草粥を食べる理由や、七草の日の由来を知らない人は少なくないでしょう。

当記事では、七草の日の意味や由来のほか、子どもと一緒に七草の日を楽しむアイデアも紹介しています。ぜひ、記事の内容を参考に日本の伝統文化への理解を深めてください。

七草の日とは?七草の日の意味・由来を解説!

七草の日とは、1月7日の「人日(じんじつ)の節句」のことです。七草の日には七草粥を食べて邪気を払い、1年の無病息災を願います。

七草の日にあたる人日の節句は、五節句の一つです。五節句は江戸幕府によって定められた公式行事で、人日のほかに上巳・端午・七夕・重陽の節句があります。明治時代に入り新暦が導入されたことで五節句は廃止されましたが、今でも季節の行事として人々の生活に根付いています。

1. 七草の日の由来

七草の日は、中国と日本の文化が結びついて生まれた風習です。

日本では、今から1300年ほど前の奈良時代から、雪の間から出た新芽を摘み植物の生命力をいただく「若菜摘み」という風習がありました。万葉集や百人一首にも、七草(若草摘み)の歌があります。

万葉集(山部赤人/奈良時代)
明日からは 若菜つまむと 標(し)めし野に きのふもけふも 雪は降りつつ(明日から若菜摘みをしようと印をつけたのに、昨日も今日も雪が降り続いています)

百人一首(光孝天皇/平安時代)
君がため 春の野に出でて 若菜つむ わが衣手に 雪は降りつつ(あなたに差し上げるため春の野に出て若菜を摘む私の袖に、雪が舞い落ちています)

若菜摘みの様子は、江戸時代の浮世絵にも描かれており、昔の人々にとって身近な風習であったことがうかがえます。

一方、古代中国では、元日は鶏、2日は狗、3日は猪、4日は羊、5日は牛、6日は馬、7日は人、8日は穀の日と定め、それぞれの吉凶を占っていました。人が該当する7日は「人日の日」とされ、「七種菜羹(ななしゅさいのかん)」という汁物をいただき、無病息災や立身出世を願ったと言われています。

中国から人日の風習が伝わり、日本の若菜摘みの風習と合わさって「七草粥」が生まれました。七草粥は平安時代の宮中行事でしたが、江戸時代には庶民の間へ広まったとされています。

子どもに伝えたい!七草の日にまつわる風習・慣習

昔の日本では新年に若菜摘みを行い、生命力に満ちた新芽を食べることで邪気が払われ、健康に長生きできると信じられていました。また、葉野菜が少ない冬に青菜を食べ、ビタミンやミネラルなどの栄養素を補う意味もあったと考えられています。

日本人にとって、七草の日は家族や自分の健康を願う大切な日です。古くから続いてきた習慣に親しみを持ち、七草の日を楽しみましょう。

1. 七草粥を食べる

七草粥は、春の七草を刻んで入れたお粥のことです。日本では昔から、七草粥を食べることで長寿や無病息災を願ってきました。現在では、正月料理のごちそうで疲れた胃腸を休めるという意味も含まれています。

平安時代頃は、米や粟など7種類の穀物を入れた「七種粥」が一般的であったと言われています。鎌倉時代以降から青菜が取り入れられ、現代に伝わる七草粥として広く知られることになりました。

なお、七草粥は地域により違いがあり、入れる具材や名称が異なります。以下は、地域による七草粥の違いの一例です。

地域1月7日にいただくもの概要
山形県・秋田県・岩手県など納豆汁すり潰した納豆・野菜・豆腐を入れた味噌汁
青森県けの汁根菜、山菜、油揚げなどを刻んで煮込み、味噌や醤油で味付けした汁物
沖縄県ナンカヌスク高菜、よもぎ、ネギなどの7種類の野菜を入れたお粥
九州七草汁七草を味噌汁の具としていただく

寒い地方では青菜の収穫が難しく、手に入りやすい食材で汁物を作る風習が根付きました。上記以外にも、おしるこを食べたり、具材に魚を入れたりする地域もあります。

2. 若菜摘みを行う

昔の日本では、1月6日に野山で「若菜摘み」を行い、7日の朝に摘んできた新芽をお粥として仕立て、長寿や健康を願っていました。昔の風習にならい、若菜摘みを体験してみましょう。

しかし、かつて若菜摘みが行われていた旧暦1月6日は、現在の2月頃にあたります。現在のお正月頃はまだ寒く、野草の新芽はほとんど見られません。そのため、実際に春の七草を採取する時期は2月中旬以降が適しているでしょう。

春の七草は、水田、道端、畑など、身近な場所で見つけることができます。子どもと散歩をしながら、春の七草を探してみてください。また、野草を採取する際は、有毒植物には十分に注意しましょう。

【保育士・保護者向け】子どもと一緒に七草の日を楽しむアイデア

子どもに七草の日について知ってもらい、日本の伝統行事に親しみを持ってもらいましょう。以下は、子どもに七草の日の意味や由来を伝える際のポイントです。

【七草の日を説明するポイント】

・七草の日には、健康を願って7種類の野菜が入った七草粥を食べます
・七草粥は、お正月においしいものを食べて疲れた胃腸(おなか)を休めてくれます
・七草の日は、昔から日本に伝わる大切な行事です

子どもと一緒に七草粥を食べながら、声かけを行うことも重要です。たとえば、「七草粥を食べて、1年を元気に過ごせるようにお願いしようね」など、由来と行動を結びつけると、子どもの記憶に残りやすいでしょう。また、「おじいちゃんやおばあちゃんも、昔から七草粥を食べていたよ」と伝えると、七草の日が古くから大切な行事として親しまれてきたことを感じてもらえます。

以下では、子どもと一緒に七草の日を楽しむためのアイデアを紹介します。

1. 七草を覚える

七草の日の行事食である七草粥には、一般的に春の七草を使用します。以下は、春の七草の種類と特徴です。

●せり(セリ科)
香りがよく、食欲の増進が期待できます。

●なずな(アブラナ科)
別名ぺんぺん草と呼ばれ、解毒作用があると言われています。

●ごぎょう(キク科)
別名ハハコグサと呼ばれ、喉の痛みや咳を和らげると言われています。

●はこべら(ナデシコ科)
ビタミンが豊富で、虫歯予防や痛み止めによいと言われています。

●ほとけのざ(キク科)
食物繊維が豊富で、皮膚炎の改善に役立つと言われています。

●すずな(アブラナ科)
カブのことです。消化促進、解熱作用があると言われています。

●すずしろ(アブラナ科)
大根のことです。消化促進、風邪予防によいと言われています。

春の七草の覚え方として、短歌のリズム「5・7・5・7・7」に乗せる方法があります。

「せり・なずな/ごぎょう・はこべら/ほとけのざ/すずな・すずしろ/春の七草(これぞ七草)」

ぜひ、子どもと一緒に口ずさんで覚えてみてください。

2. 七草粥の歌を歌う

若菜摘みで収穫した春の七草は、1月6日の夜に包丁で叩いて刻み、七草粥の下準備を行います。七草を刻むときには、「七草囃子(七草なずな)」という民謡が歌われてきました。

七草囃子の歌詞は、地域ごとに異なります。以下は、地域別における七草囃子の一例です。

東京七草なずな 唐土の鳥と 日本の鳥が 渡らぬ先に ストトントントン
山梨県唐土の鳥と 日本の鳥と 渡らぬ先に あわせてこわせて バッタバッタ
鳥取県唐土の鳥が 日本の島に 渡らぬ先に ナズナ 七草そろえて 杓子の上持って スットコテンとはやいて ホーイ ホイ

七草囃子は地域により差があるものの、歌詞には「唐土」「鳥」「渡らぬ」といった共通の言葉が含まれています。「唐土の鳥」は中国の鳥を指しており、七草囃子には「中国の鳥が日本に飛来して穀物を荒らしたり、病気を持ち込んだりする前にやっつけよう」という意味が込められていました。

子どもと一緒に、自分の家庭や地域に伝わる七草囃子を調べてみましょう。

3. 七草に触れる

七草粥を作る前に、子どもと一緒に七草を観察しましょう。実際に触れて観察することで、子どもは七草の特徴を学ぶことができます。

以下は、子どもと七草を観察する際のポイントです。

【七草を観察するポイント】

・イラストや写真を用意して、七草を分類する(名前を当てる)
・七草それぞれの違いを見つける
・七草の匂いを嗅いでみる
・七草の葉をちぎってみる

七草を観察する際には、五感を使って子どもたちの興味・関心を引き出します。できあがった七草粥を食べるときには、「どれがナズナかな?」と探してみるとよいでしょう。

まとめ

七草の日は人日の節句のことで、七草粥を食べて新年の無病息災を願います。七草の日は、中国と日本の風習が結びついて生まれた文化です。

七草の日には、健康を願って七草粥を食べましょう。春の七草を探しにいく「若菜摘み」もおすすめです。子どもと一緒に七草の日を楽しむためには、七草囃子を歌ったり、七草を観察したりしてみましょう。

「ほいくらし」では、保育に役立つ情報を多数掲載しています。「七草の日」以外の行事や記念日についても詳しく紹介しているため、行事や記念日の過ごし方にお悩みの際は、ほいくらしをご活用ください。

お得な情報や最新コラムなどをいち早くお届け!ほいくらし公式LINE
友だちに追加する
保育の最新情報や役立つ知識をゆる~く配信中!ほいくらし公式Twitter
園での遊びや催し物など有益な情報をお届け!ほいくらし公式Instagram
CATEGORY :