マシュマロデーとは?意味・由来&子どもとマシュマロを作るポイント

マシュマロデーとは?意味・由来&子どもとマシュマロを作るポイント

保育の最新情報や役立つ知識をゆる~く配信中!
Twitterをフォローはこちら!

子どもにも大人にも人気の高いお菓子の1つに、マシュマロがあります。マシュマロには記念日があり、3月14日をマシュマロデーと言います。では、ホワイトデーの元祖とも言われるマシュマロデーはどのようにして生まれたのでしょうか。

当記事では、マシュマロデーの意味・由来からマシュマロの雑学まで、子どもにマシュマロデーを伝えるときに役立つ情報を解説します。子どもと一緒にマシュマロデーを楽しむアイデアも載せているため、参考にしてください。

マシュマロデーとは?マシュマロデーの意味・由来を解説!

マシュマロデーとは、バレンタインデーにお菓子などをもらったお返しに、マシュマロを贈る日のことです。マシュマロデーの日にちは毎年3月14日で、ホワイトデーと呼ばれるイベントの元祖であると言われています。同じマシュマロが名前に入る記念日に「マシュマロの日」がありますが、日にち・目的は異なります。

以下では、マシュマロデーが誰によってなぜ生まれたのか、マシュマロデー制定のエピソードや、マシュマロデーとマシュマロの日の違いを解説します。

1. マシュマロデーの由来

マシュマロデーは、1977年に制定されました。制定者は黄味あん入りマシュマロ「銘菓鶴乃子」で有名な福岡市の老舗菓子屋の石村萬盛堂、アドバイザーは福岡の有名百貨店岩田屋(現在は岩田屋三越)です。
(出典:石村萬盛堂「ホワイトデーはここからはじまった」

当時の石村萬盛堂社長は、新製品のアイデア調査のため読んでいた少女雑誌で「バレンタインデーのお返しがもらえないことは不公平」という投稿を見つけました。そこで石村萬盛堂社長は「バレンタインデーにもらったチョコレートを、優しさ(マシュマロ)で包んでお返しする」というイメージで、お返しを考案します。考案されたマシュマロが、現在も販売されているチョコクリーム入りマシュマロです。

マシュマロデーの日にちは、岩田屋に候補日を提示し相談した結果、百貨店の閑散期で新規イベント実施に最適という理由で3月14日に決定しました。

2. マシュマロデーとマシュマロの日との違い

マシュマロの日は、「ホワイトマシュマロ」が主力商品のお菓子メーカー「株式会社エイワ」が、マシュマロの消費促進を目的として制定しました。

マシュマロデーとマシュマロの日との主な違いは、次のとおりです。

記念日名マシュマロデーマシュマロの日
日にち3月14日4月6日
日にちの理由・百貨店の新規イベントに最適な日だった・語呂合わせ
・4月6日=0406=0(ま)4(し)0(ま)6(ろ)
制定者石村萬盛堂株式会社エイワ
制定の目的バレンタインデーのお返しにマシュマロを贈る習慣を根付かせることマシュマロをそのまま食べることはもちろん、アレンジメニューを食生活に取り入れ、もっと活用してもらうこと

子どもに伝えたい!マシュマロの雑学

マシュマロデーの主役であるマシュマロは、いつ・どこで作り始められたのでしょうか。また、独特な食感が魅力のマシュマロは、何から作られているのでしょうか。マシュマロは人気の高いお菓子である一方、起源や原料などの詳細はあまり知られていません。

ここでは、子どもにマシュマロについて伝える際に役立つ、マシュマロの雑学を紹介します。歴史や原料の他、ホワイトデーにマシュマロをお返しする意味も解説すため、ぜひチェックしてください。

1. マシュマロの歴史

マシュマロは、紀元前のエジプトが発祥だと言われています。当時のマシュマロには、アオイ科の植物「ウスベニタチアオイ」の根から作られた、粘り気のあるでんぷん質の液体が使用されていました。ウスベニタチアオイの英語名がマーシュマロウ(marsh mallow)だったため、マシュマロと呼ばれるようになったと言われています。

当時、ウスベニタチアオイは痛みを和らげる薬草として活用されており、マシュマロも当時はお菓子というよりは薬効目当ての食品でした。19世紀になると、ヨーロッパのお菓子職人が現在のお菓子としてのマシュマロを完成させました。日本にマシュマロが初めて登場した時期は明治時代で、東京の風月堂が発売しました。

2. マシュマロの原料

マシュマロの原料は、卵白・砂糖・ゼラチンです。水あめやコーンスターチ、香料なども必要に応じて加えられます。マシュマロの名前の由来となったマーシュマロウ(ウスベニタチアオイ)は、現在は使用しません。より簡単に、ふわふわかつもっちり食感を出すため、泡立てた卵白とゼラチンが代わりに使用されています。

生マシュマロと呼ばれるカラフルなスイーツ「ギモーヴ」の原料は、フルーツピューレ・砂糖・ゼラチンです。卵白を使わずフルーツピューレを加えることで、マシュマロより柔らかい生食感を作り出しています。

3. ホワイトデーにおけるマシュマロのお返しの意味

マシュマロデーの制定から7~8年後、マシュマロの白にちなんで3月14日はホワイトデーと呼ばれることとなります。お返し文化を根付かせるため、ギフトをマシュマロに限定しないほうが効果的と考えられたためです。

ホワイトデーは全国に定着しましたが、お返しにマシュマロを贈ることは「嫌い」を意味する説が広まってしまいました。しかし、ホワイトデーにおけるマシュマロの本来の意味は、「バレンタインデーにもらったチョコレートを、優しさ(マシュマロ)で包んでお返しする」です。子どもには、お返し用のお菓子の意味を正しく理解し、贈ることの大切さを伝えましょう。

【保育士・保護者向け】子どもと一緒にマシュマロデーを楽しむアイデア

子どもにマシュマロデーについて伝えるときは、下記の3つのポイントを押さえましょう。

(1)マシュマロデーは、贈り物をもらったお返しをして相手にも嬉しい気持ちになってもらう日であること
(2)マシュマロデーにマシュマロを贈ることに込められた思いや意味
(3)マシュマロはどのようなお菓子なのか

(3)では、子どもたちと実際にマシュマロを作って食べるという、体験型のイベントを通して説明をすることで、より楽しく印象深く伝えることができます。

1. マシュマロを一緒に作る

子どもとマシュマロを一緒に作り食べることで、マシュマロの原料や作り方などを通じて、マシュマロとはどういう食べ物なのかを楽しく学ばせることができます。

マシュマロの材料と、調理手順は以下のとおりです。

【用意するもの】

材料
粉ゼラチン20g(大さじ2)
100cc(1/2カップ)
卵白2個分(約62g)
上白糖10g(大さじ1)
上白糖200g(2カップ)
バニラエッセンス少々(約4滴)
コーンスターチ適量
(出典:マシュマロ情報サイトEIWA Marshmallow「マシュマロ倶楽部 デザートレシピ紹介」

【手順】

(1)

卵白に上白糖大さじ1を入れて泡立てる

(2)

水に粉ゼラチンを入れ加熱して溶かし、砂糖2カップを加え再度加熱する

(3)

(1)に(2)を加えて混ぜ合わせ、好みでバニラエッセンスを適量加える

(4)

冷蔵庫で冷やして固める

2. マシュマロを使ってアレンジレシピに挑戦する

マシュマロを温めたり他の食材と組み合わせたりして、新しい発見を楽しむアイデアです。本格的なお菓子作りが難しい年齢の子どもには、アレンジレシピへの挑戦をおすすめします。

クッキーにマシュマロをはさんで電子レンジで温めたり、チョコレートやドライフルーツをマシュマロに乗せて温めたりするだけで、簡単に通常のマシュマロとは異なる食感が楽しめます。

3. 好きなお菓子について発表しあう

マシュマロを使ったアレンジレシピを試したあとは、好きなお菓子について発表しあうこともおすすめです。自分の発表へのリアクションや、他の子どもの発表やコメントを聞くことで自由な発想力が養われ、マシュマロへの関心が高まることも期待できます。

好きなお菓子の発表を踏まえて、別のオリジナルのアレンジレシピに挑戦し、完成したものをお互いに試食しあうこともマシュマロについて学ぶ方法としておすすめです。

まとめ

マシュマロデーとは、バレンタインデーのお返しにマシュマロをプレゼントする日のことです。現在は、マシュマロの白にちなんでホワイトデーと呼ばれています。マシュマロデーの主役のマシュマロは紀元前のエジプトに起源があり、現在は卵白と砂糖とゼラチンで作られています。

マシュマロデーについて子どもに伝える際は、マシュマロを一から一緒に作り食べるという体験型イベントを開催するとよいでしょう。マシュマロを作りながら、原料や歴史などを伝えることで、子どもたちは楽しく学ぶことができます。

マシュマロデーの以外の記念日についても知りたい人は、「ほいくらし」をご利用ください。ほいくらしでは、保育・育児に関する記事から保育士の悩みに応える記事まで、さまざまな情報を発信しています。

お得な情報や最新コラムなどをいち早くお届け!ほいくらし公式LINE
友だちに追加する
保育の最新情報や役立つ知識をゆる~く配信中!ほいくらし公式Twitter
園での遊びや催し物など有益な情報をお届け!ほいくらし公式Instagram

CATEGORY :