桜の日とは?桜にまつわる風習&子どもと楽しめる遊びを紹介!

桜の日とは?桜にまつわる風習&子どもと楽しめる遊びを紹介!

保育の最新情報や役立つ知識をゆる~く配信中!
Twitterをフォローはこちら!

桜は古来から日本人に親しまれてきた花であり、多くの花見客が満開に咲き誇るの桜の木の下に集って宴会を開くさまは、春の風物詩の一つといえます。桜といえば桜並木やお花見ですが、「桜の日」という記念日があることをご存じでしょうか。

今回は、桜の日の意味や由来について解説したのち、桜の日にまつわる風習・慣習や子どもと一緒に楽しむためのアイデアを紹介します。子どもに改めて桜の日を教える場合に備えて、しっかりと準備しておきましょう。

桜の日とは?桜の日の意味・由来を解説!

桜の日とは、1992年に「日本さくらの会」が毎年3月27日に設けた記念日です。日本の歴史や風土などと関係性が深い桜を通して、日本の文化や自然への関心を高めてもらうために制定されました。

【日本さくらの会とは】
日本さくらの会は1964年に設立された公益財団法人です。桜を保護しその素晴らしさを普及させるために桜の愛護や植樹、名所・名木・巨木の保全・保存とともに、桜を通して国際親善活動も行っています。

1. 桜の日の由来

桜の日が3月27日に制定された由来とされる説は、下記の2種類です。

◯語呂合わせ
「3×9=27」上記の3×9を「さくら」と読ませた、「さく(咲く)」とかけた、桜が見ごろを迎える地域の多い3月27日を桜の日に選んだといわれています。

◯七十二候
七十二候とは二十四節気を3分割したものであり、二十四節気は1年を半月ごとに分けて季節の変化を示したものです。代表的な二十四節気には、春分や夏至などがあります。この春分を七十二候で3分割した内の一つが、桜の開花期を表す「桜開始」です。暦では、桜開始はおおよそ3月27日前後に該当することから、桜の日の由来となったとされます。

子どもに伝えたい!桜の日にまつわる風習・慣習

桜の日は、1992年に制定された記念日であり、記念日としては比較的新しい部類に入ります。しかし、桜の木自体は古来より日本全国で親しまれてきたこともあり、桜にまつわる風習・慣習にはこと欠きません。

ここでは、桜の日にちなんで子どもと一緒に行いたい、桜の日にまつわる風習・慣習を3つ紹介します。

1. お花見をする

お花見は、日本人にとって桜の楽しみ方の定番です。桜の語源は「さ=田の神」「くら=神の宿る場所」であるとして、古来より信仰の対象でした。春になると山から下りた神が桜の木に宿り、花を咲かせて稲の種をまく時期を知らせます。人々は宴会を開いて神をもてなし、その年の豊作や健康を祈願していました。

時代の流れとともに、桜は信仰の対象としてだけでなく、観賞用としても愛されるようになります。平安時代には宮中で楽しまれていたお花見は、次第に武士や商人にも広まり、江戸時代には現代のようなお花見の形が定着しました。

また、世界各国にも優美で見ごたえのある桜の木は多く、人気スポットではお花見シーズンに合わせて桜祭りやパレードなどのイベントが開かれるところもあります。ただし、日本のように桜の木の下でお弁当を広げたり、宴会を開いたりするところは滅多にありません。

2. 三色団子を食べる

「花より団子」という言葉があるように、お花見のおともといえば三色団子でしょう。三色団子は、1本の串に上からピンク色・白色・緑色の順に団子が刺さっており、餡やタレを付けずに団子の味や甘みを楽しむスタイルが一般的です。

三色団子の色には諸説あり一説には、ピンク色は桜の花の色、白色は冬に降る雪の色、緑色は夏に生い茂る葉の色を表すとされます。秋を表す色がない理由は「秋がない=飽きがない」という意味のダジャレです。

他にも、「ピンク色=桜のつぼみ」から「白色=桜の花」が咲いて「緑色=若葉」が成長するさまを、串に刺す順番で表現するという説もあります。

3. 日本さくらの女王を決める

「日本さくらの女王」は、日本さくらの会が「桜」の象徴として2年に1度選出する親善大使の一種です。国内各地においては、地方自治体・企業・団体からの依頼に応じて桜に関する行事や各種イベントに出席する他、桜の木の植樹や苗木の贈呈・配布などにも参加します。

国外の活動では、ワシントンD.Cのポトマック河畔で行われる「全米さくら祭り」への参加が代表的です。ホワイトハウスへの表敬訪問やパレードなどへの参加も行います。他の国々へも桜を通した友好・親善活動を続けており、日本さくらの会が掲げる「桜の愛護・育成・保全推進」の象徴となる存在です。

【保育士・保護者向け】子どもと一緒に桜の日を楽しむアイデア

桜の日を子どもと一緒に楽しむためには、以下のように桜の日の意味を子どもにもわかりやすく伝えることが大切です。

桜の日は、綺麗な花を咲かせる桜の木をみんなで大切に守っていこう、という日です。他にも、一緒に桜の花を眺めて「綺麗だね」っていいながら、たくさんの人と仲よくしよう、という日でもあるよ。

桜にちなんだゲームや工作を行うことで、花を眺める以外にも子どもの興味や関心を引ける可能性が高まります。ちょうど桜が見頃であれば、子どもとお花見に出かけてもよいでしょう。

ここでは、子どもと一緒に桜の日を楽しむアイデアを3つ紹介します。

1. チーム対抗で桜の花びらキャッチゲームをする

桜が散り始める頃になったら、「桜の花びらキャッチゲーム」を提案してみましょう。花びらキャッチゲームには、2種類の遊び方があります。

◯子どもが直接花びらをキャッチする
舞い散る花びらが多いときは木から落ちる花びらをそのままキャッチさせて、どのくらいの花びらを集められたか競うとよいでしょう。舞い散る花びらが少ないときは、地面に落ちた花びらを風呂敷などに集めてから投げ上げます。砂などを舞い上げない・一カ所に固まらないようにすることがポイントです。


◯風呂敷などで花びらをキャッチする
花びらが多く舞い散っているときは、風呂敷などを広げて子どもたちに持たせ落ちる花びらをキャッチさせる遊び方もおすすめです。花びらの散り方が少ない場合や、ほとんど地面に落ちてしまっている場合には向きません。

桜の散り方によって遊び方は変わるものの、どちらの場合も大き目の風呂敷やレジャーシートを複数枚持って行くと便利です。

2. 桜の花びらでしおりを作る

花びらキャッチゲームで集めた花びらを押し花にして、しおりを作ってみましょう。以下は、しおり作りに用意するものと手順です。

▼用意するもの

  • 桜の花びら
  • キッチンペーパー
  • 厚めの本
  • 2~3kg程度の重り
  • ハサミ
  • 牛乳パック
  • 当て布
  • アイロン

(1)

桜の花びらに付いた汚れを落とす

(2)

二つ折りにしたキッチンペーパーの中に並べる

(3)

厚めの本に挟み、重りを乗せ数日間放置する

(4)

しおりよりも少し大きめに牛乳パックを切り取る

(5)

牛乳パックの印刷面を丁寧に剥ぎ取る

(6)

牛乳パックの内側を上にし、子どもに花びらを置かせる

(7)

アイロンを中温に温め、当て布を置く

(8)

アイロンの真上から体重を乗せて5秒間圧着する

(9)

アイロンを外して5秒間熱を逃がす

(10)

(8)(9)を3、4回繰り返す

(11)

当て布を外し、しおりの大きさに切りそろえたらできあがり

アイロンを使用する際は、やけどや焦げに注意しましょう。印刷面を剥がしたところは、折り紙や包装紙で飾ると綺麗に仕上がります。

3. 桜の花びらや折り紙・花紙で貼り絵を楽しむ

程よい状態や子どもに行き渡る量の花びらを確保できない場合は、折り紙や花紙で貼り絵を楽しみましょう。花びらは、ハサミで切って作る・千切って作る・丸めて作るなどの方法があります。子どもの年齢や器用さに合わせて調節することが大切です。

▼用意するもの

  • 大きめの画用紙
  • 折り紙or花紙
  • のり
  • ハサミ
  • クレヨン

▼貼り絵を行う手順

(1)

折り紙や花紙を切って花びらを作る

(2)

大きめの画用紙にクレヨンで桜の幹を描く(茶色の折り紙を貼り付けても可)

(3)

桜の花を咲かせる部分にのりを塗る

(4)

子どもの思うままに花びらを貼らせる

子どもごとに1本ずつ桜を咲かせる以外にも、大きな桜の木をみんなで作らせる楽しみ方もおすすめします。

まとめ

桜の日は、日本の歴史や文化への関心を高めてもらう目的で「日本さくらの会」が3月27日に制定した記念日です。観賞用以外にも、桜の木は古くから日本人の生活に溶け込んできました。桜の開花期がきたら、花見以外にもゲームや工作を行い、桜と親しんでみてはいかがでしょうか。

「ほいくらし」は、マイナビ保育士が運営する情報発信サイトです。桜の日以外にも保育に関するお役立ち情報に興味がある人は、ぜひ参考にしてください。

お得な情報や最新コラムなどをいち早くお届け!ほいくらし公式LINE
友だちに追加する
保育の最新情報や役立つ知識をゆる~く配信中!ほいくらし公式Twitter
園での遊びや催し物など有益な情報をお届け!ほいくらし公式Instagram
CATEGORY :