全国交通安全運動とは?子どもと一緒に楽しく交通ルールを学ぼう

全国交通安全運動とは?子どもと一緒に楽しく交通ルールを学ぼう

保育の最新情報や役立つ知識をゆる~く配信中!
Twitterをフォローはこちら!

全国交通安全運動は、春と秋に実施される活動であり、子どもたちに交通ルールの大切さを伝えるよい機会になります。しかし、保育士や保護者が全国交通安全運動の意味や、正しい交通ルールを理解しておかなければ、子どもに必要な気づきを与えることはできません。

そこで今回は、全国交通安全運動の意味や目的、子どもに伝えたい重点的な取り組みについて解説します。子どもと全国交通安全運動を楽しく過ごすアイデアも紹介するため、ぜひ子育ての場で役立ててください。

全国交通安全運動とは?全国交通安全運動の意味・目的を解説!

全国交通安全運動とは、交通安全の意識を広めると同時に、すべての人たちに交通ルールの遵守と正しい交通マナーの実践を呼びかける取り組みです。

全国交通安全運動の期間中は、検問や取り締まりを見かけることが多いため、「警察の取り組み」というイメージを持つ人もいるでしょう。しかし、実際には内閣府や警察庁をはじめとした、10省庁と地方自治体が一丸となって取り組んでいる活動です。

全国交通安全運動の歴史は古く、終戦後間もない昭和23年に、国家地方警察本部が取り組みを始めました。やがて、交通事故の増加を受けて全国交通安全運動は政府主導の取り組みとなり、昭和37年に交通対策本部が設けられて現在に至ります。

全国交通安全運動は春と秋の2度に分けて実施され、どちらの期間も10日間です。また、春・秋における全国交通安全運動の期間中のうち一日ずつは、「交通事故死ゼロを目指す日」が設けられています。

以下は、令和3年の全国交通安全運動の日程です。

期間交通事故死ゼロを目指す日
春の全国交通安全運動4月6日~15日4月10日
秋の全国交通安全運動9月21日~30日9月30日

全国交通安全運動では、街頭指導や交通パレード、交通安全教室などが実施されます。なお、重要行事が行われる場合は、実施期間が変更となることがあります。

1. 全国交通安全運動が春と秋に行われる理由

春と秋の2度に分けて全国交通安全運動が実施される理由は、下記のとおりです。

<全国交通安全運動が春と秋に実施される主な理由>

春:交通ルールに不慣れな新小学一年生・判断力の鈍った高齢者への安全を呼びかけるため
秋:日没時間が早まり、ヘッドライト未点灯などによる車両同士の接触事故を防止するため

新生活が始まる春や、季節の変わり目である秋は、さまざまな要因から事故が起こりやすい時期です。全国交通安全運動を実施して、交通事故の抑制を目指しています。

子どもに伝えたい!全国交通安全運動の重点的な取り組み

全国交通安全運動の期間中は、大人・子どもに関係なく、すべての人が交通社会の一員であることを自覚する期間です。

全国交通安全運動では、全国共通の重点項目が定められています。重点項目は各都道府県の交通事故の傾向から、地域独自の項目を追加することがあります。たとえば、東京都であれば「二輪車の交通事故防止」、北海道であれば「飲酒運転の根絶」など、追加される重点項目は各都道府県によってさまざまです。

以下では、令和3年「春の全国交通安全運動」の重点的な取り組みを3つ解説します。

1. 子ども・高齢者を中心とした歩行者の安全確保

春の全国交通安全運動では、子ども・高齢者を中心とした歩行者の安全確保に取り組んでいます。歩行者に関わる交通事故の原因は、子どもの飛び出し・高齢者が横断歩道以外の場所を横断して車両と接触するケースが多い傾向です。

歩行者には交通ルールの遵守はもちろん、横断中も周囲に注意を払うなど、全国交通安全運動の期間中は、自らの安全確保に努めることを呼びかけています。

ドライバーには、交差点や横断歩道付近での安全確認の徹底、横断歩行者と意思疎通を図ることを促しています。

2. 自転車の安全利用促進

自転車は手軽で便利な反面、乗り方次第では重大事故を起こしかねません。自転車事故は出会い頭や右左折時の衝突が多く、何かあってもすぐに止まれない自転車の特性を表しています。

春の全国交通安全運動では、自転車事故を減らすため「自転車の安全利用五則」に則り、交通ルールや交通マナーの周知に取り組んでいます。

自転車の安全利用五則
自転車は、車道が原則、歩道は例外車道は左側を通行歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行安全ルールを守る子どもはヘルメットを着用
(出典:警視庁ホームページ「自転車安全利用五則」

上記以外にも、大人のヘルメット着用や、幼児用座席のシートベルト着用を呼びかけていることが特徴です。近年は自転車事故による高額賠償事例も増えており、「自転車損害賠償責任保険」への加入も呼びかけています。

3. 安全運転意識の向上

春の全国交通安全運動は、ドライバーの安全運転意識の向上にも重点的に取り組んでいます。死亡事故の当事者の大半はドライバーであり、とくに高齢ドライバーが多い傾向です。

全国交通安全運動の期間中は、ドライバーに交通ルール遵守や交通マナーの徹底を呼びかけ、運転中におけるスマートフォンの使用禁止も周知します。高齢ドライバーには、加齢による身体能力の変化を認知してもらうと同時に、安全運転相談窓口の利用も促します。

近年は、ドライブレコーダーの普及によって、悪質な「あおり運転」が社会問題化しました。全国交通安全運動では、あおり運転の危険性や、道路交通法における厳罰化の周知も盛り込まれています。

【保育士・保護者向け】子どもと一緒に全国交通安全運動に取り組もう

保育士や保護者は、全国交通安全運動の取り組みについて、子どもたちにわかりやすく解説することが大切です。下記は、子どもたちに「全国交通安全運動はどんな日なの?」と質問されたときの回答例です。

【回答例】
「全国交通安全運動というのはね、人や自動車にぶつかってケガをしないように、みんなでお約束を覚えようねっていう日なんだよ」

「事故」という言葉を使うと理解できない子どももいるため、「ぶつかる」などわかりやすい言葉を使って、全国交通安全運動の意味を伝えましょう。

最後に、子どもと楽しく全国交通安全運動に取り組むアイデアを3つ紹介します。

1. 交通安全教室を実施する・地域の交通安全教室に参加する

全国交通安全運動の期間中は、各地域で交通安全教室が開かれます。和やかな雰囲気のなかで楽しく交通ルールを学べることが、交通安全教室の特徴です。

幼児・子ども向けの交通安全教室では、園庭やグラウンドに横断報道などを作り、安全確認をしながら道路を渡る練習や、見通しの悪い道路を歩く練習などを行います。

保育園の場合は、交通指導員による出張交通安全教室を申し込みましょう。子どもを持つ保護者の場合は、地域の交通安全教室に参加することをおすすめします。

交通安全教室の日程や実施状況などは、都道府県のホームページや、市区町村の交通安全協会のホームページで確認できます。

2. 交通ルールを学べる絵本の読み聞かせ・動画の鑑賞を行う

子どもが小さく交通安全教室に参加できない場合は、交通ルールを学べる絵本を読み聞かせしましょう。言葉の理解が難しい年齢の子どもには、イラストが多い絵本を選ぶと興味を示してもらいやすくなります。交通安全関連の絵本は、インターネットで「交通安全 絵本」と検索すれば見つかります。

動画を集中して鑑賞できる年齢の子どもには、交通ルールを学べる動画の鑑賞もおすすめです。交通ルールを学べる動画の多くはアニメ仕立てとなっており、楽しみながら交通ルールを学ぶことができます。

交通ルールを学べる動画はDVDを購入する以外にも、YouTubeなどで視聴可能です。

3. 交通ルールのクイズを実施する

子どもに交通ルールのクイズを出題して、楽しく交通ルールを学ぶ方法もおすすめです。すでに交通ルールを覚えた子どもには、正しく認識しているかを確認するよい機会にもなります。

交通ルールのクイズを出題する際は、子どもが回答しやすいように、○×で答えられるクイズを出題しましょう。

【交通ルールのクイズ例】
(1)歩道の信号がチカチカしているときは、走って渡ったほうがいい?
答え:×

(2)道路にボールが出てしまったら、急いで取りに行ったほうがいい?
答え:×

(3)広い道路に出るときは、一度止まって周りをよく見たほうがいい?
答え:○

子どもが答えを間違えたら、正解と理由を伝えましょう。たとえば(1)であれば、「ピカピカした後はすぐに赤になるから、渡ったら危ないよ」など、なぜダメなのか分かりやすく解説することが大切です。

クイズの出題にイラスト・写真を用いると、子どもたちが状況をイメージしやすくなります。交差点や見通しの悪い道路など、クイズを通じて危険場所の歩き方を幅広く伝えましょう。

まとめ

全国交通安全運動とは、社会に交通安全の意識を広めて、正しい交通ルールの遵守を啓発する取り組みです。毎年4月と9月に10日間ずつ実施されます。

令和3年の春の全国交通安全運動では、「歩行者の安全確保」「自転車安全利用の促進」「交通安全意識の向上」の3つが重点的に取り組まれました。

子どもたちに全国交通安全運動をわかりやすく伝えるためには、交通安全教室に参加したり、交通ルールに関するクイズを出題したりすることがおすすめです。

「ほいくらし」は、保育士・未就学児の保護者向けの情報サイトです。子どもとの関わり方を解決するヒントや、イベントのアイデアなどを紹介しているため、ぜひ参考にしてください。

お得な情報や最新コラムなどをいち早くお届け!ほいくらし公式LINE
友だちに追加する
保育の最新情報や役立つ知識をゆる~く配信中!ほいくらし公式Twitter
園での遊びや催し物など有益な情報をお届け!ほいくらし公式Instagram
CATEGORY :