富士山の日とは?富士山の歴史や文化を子どもと楽しく学ぼう

富士山の日とは?富士山の歴史や文化を子どもと楽しく学ぼう

保育の最新情報や役立つ知識をゆる~く配信中!
Twitterをフォローはこちら!

日本の最高峰である富士山は、桜や菊とともに日本を象徴するシンボルとして大切にされています。また、富士山は「万葉集」「竹取物語」「冨嶽三十六景」など、さまざまな文学・芸術作品のモチーフとされてきました。

富士山のお膝元である静岡県と山梨県では、毎年2月23日を「富士山の日」と定めています。この記事では、「富士山の日の由来」や「富士山と日本文化との関わり」「子どもと一緒に富士山の日を楽しむためのアイデア」について解説します。

富士山の日とは?富士山の日の意味・由来を解説!

富士山の日とは、富士山の美しい自然・景観および富士山に関する歴史・文化に思いを馳せ後世へ伝えるべく静岡県と山梨県が共同で制定した日です。「ふじさん」または「ふじみ(富士見)」の語呂合わせから、毎年2月23日が富士山の日となっています。

当日は各地で富士山にまつわるさまざまなイベントやシンポジウムが開催され、静岡県内の公立高校および一部の公立小中学校は休校となっていました。

1. 富士山の日の由来

静岡・山梨両県は、1998年に富士山を国民の財産とし日本のシンボルとして後世に引き継いでいくことを目標とした「富士山憲章」を発表しました。下記に、富士山憲章で定められたスローガンを引用します。

一 富士山の自然を学び、親しみ、豊かな恵みに感謝しよう。
一 富士山の美しい自然を大切に守り、豊かな文化を育もう。
一 富士山の自然環境への負荷を減らし、人との共生を図ろう。
一 富士山の環境保全のために、一人ひとりが積極的に行動しよう。
一 富士山の自然、景観、歴史・文化を後世に末長く継承しよう。

(引用:山梨県「富士山憲章」

両県では、憲章制定をきっかけとして富士山の自然と文化を守り伝えるための活動が推進され、その一環として2009年に富士山の日が制定されました。

国民共有の資産として富士山の重要性を再認識すると同時に、観光客が減る2月にイベントを開催し観光産業を活性化させることも、制定の大きな目的です。両県内の多くの施設では、富士山の日を記念して施設無料開放や各種割引・プレゼント進呈などのサービスを実施しています。

地元住民にとっての富士山は生活の一部であり、身近すぎるがゆえに改めて考える機会がないという人も少なくありません。そうした地元住民にとっても、富士山の日は富士山についての知識と関心を一層深める機会となっています。

2. 2020年からは天皇誕生日として祝日に

2019年5月に即位された今上天皇の誕生日は、富士山の日と同じ2月23日です。そのため、2020年以降は2月23日が新しい天皇誕生日となり、静岡や山梨だけではなく全国共通の祝日となりました

もちろん、天皇誕生日と重なったことにより、富士山の日が消えてしまったわけではありません。従来通り、2月23日には富士山に関する各種のイベントは実施されています。

子どもに伝えたい!富士山の歴史や日本文化との関わり

富士山は、古くから数多くの美術作品や文学作品のモチーフとなり、日本文化の発展に大きく貢献してきました。富士山の日は、日本文化そのものの価値を再発見するとともに後世に伝えていくための日とも言えます。

ここでは、富士山と日本文化のつながりについて解説します。

1. 富士山の基本情報|日本で一番高い山

富士山は静岡県と山梨県にまたがる活火山であり、最高地点の標高は3,776mです。世界的に見るとさほど高い山ではないものの、冠雪を頂いた優美な姿は海外でもよく知られています。なお富士山の山頂部から八合目付近までは富士山本宮浅間神社の敷地であり、どの都道府県にも所属していません。

富士山の周辺は数百万年前から火山活動がさかんであり、現在の富士山ができるきっかけとなった噴火活動は約5,000年前に起こっています。富士山から噴出した溶岩は粘り気が少なく、広範囲に流れて冷え固まったことで美しい円錐形の山体ができあがりました。

2. 富士山と日本の歴史・文化

2013年6月、富士山域および山麓周辺の神社・登山道・湖沼が世界文化遺産として正式に登録されました。富士山は時代やジャンルを超えて、さまざまな文化の源泉となった場所であり、その価値が世界に広く認められたためです。

富士山は古くから神様が住む地と考えられ、あるいは山自体がご神体と見なされ、複数の宗教・宗派において富士信仰が生まれました。姿が美しく季節ごとに趣深い表情を見せる富士山は絵画や和歌のモチーフとしても重視され、海外の印象派画家にも影響を与えています。

富士山という名称の由来は諸説ありますが、「ふたつとない美しい山」を意味する「不二山」や「不老不死の山」などが有力です。「ふじ」と呼ばれ始めた当初はさまざまな表記方法がありましたが、「富士」という表記は鎌倉期以降に広く普及したと考えられます。

3. 身近な「富士山」

富士という言葉の響きは「不死」や「無事」と似ており、また富士山の姿が「末広がり」に通じるため、富士山は古くから喜ばしいものの象徴とされてきました。年末年始が近づくと、縁起のよい初夢「一富士二鷹三茄子」や年賀状の切手デザインなどを通じて富士山を意識する機会が増えるでしょう。

富士山のデザインは、日本を訪れた外国人観光客がまず目にするもののひとつです。千円札には本栖湖に映った逆さ富士が描かれており、多くの外国人向け土産店では富士山をあしらった和柄のお土産が販売されています。また、銭湯の壁に描かれた富士山の絵を見たことがある人も多いでしょう。

●全国各地の郷土富士
全国各地に点在する郷土富士は、富士山に似た形の山や富士山とゆかりがある山の総称です。薩摩富士(開聞岳)や伯耆富士(大山)などが有名ですが、海外も含めて400以上もの郷土富士が存在します。

【保育士・保護者向け】子どもと一緒に富士山の日を楽しむアイデア

多くの子どもは、富士山が日本一高い山であることを知っています。子どもが富士山の日について興味を持ったら、「富士山のことをいっぱい知る日だよ」などとわかりやすい言葉で説明してあげましょう。

ここでは、子どもと一緒に富士山の日を楽しむアイデア例について解説します。子どもの好きな遊びや年齢に合った方法を用いることで、富士山の日がより思い出深いものとなるでしょう。

1. 富士山の絵を描く・工作する

富士山の日には、富士山が見える地域であればスケッチに出かけ、富士山が見えない地域や天気の悪い日は写真を見ながら、富士山の絵を描くことがおすすめです。年齢や子どもの好みに応じた手法で、のびのびと描きましょう。

美しい色合いを活かして、切り絵やちぎり絵で富士山を再現することもおすすめです。富士山というと青と白のイメージが強いですが、この2色にこだわらず赤富士や金富士などを描いてもよいでしょう。

絵を描くだけではなく、折り紙で富士山を折ったり色画用紙を使って立体的に富士山を作ったりして遊ぶこともできます。適当な長さのひもや毛糸があれば、あやとりで富士山を作ることも可能です。

2. 富士山を題材にした絵本の読み聞かせをする

富士山を題材とした絵本は、小さい子ども向けのものから小学生も楽しめるものまで数多く登場しています。絵本の読み聞かせによって文字と絵の両方で子どもに訴えかけることができ、富士山に興味を持つよいきっかけとなります。

富士山の本だけではなく、富士山周辺に生息する動植物や富士山の風景と似た場面が出てくる絵本もおすすめです。富士山には絵本のキャラクターとしておなじみのキツネ・タヌキ・リスなどもいるため、よい題材が数多く見つかるでしょう。

3. 童謡「ふじの山」を合唱する

音楽遊びや歌に力を入れている保育園・幼稚園であれば、みんなで童謡「ふじの山」を歌うこともおすすめです。寒い2月はどうしても室内で過ごす時間が増えますが、お腹から声を出したり歌に合わせて手遊びやジェスチャーをしたりすることで、エネルギーを発散できます。

富士山周辺の地域では、防災行政無線のチャイム音に「ふじの山」が採用されることも少なくありません。自治体によってチャイムが鳴るタイミングはまちまちですが、「夕方に、ふじの山が聞こえたらお家に帰ろうね」などと周知するよい機会にもなるでしょう。

まとめ

富士山の日は、富士山の美しい自然と富士山から生まれたさまざまな文化に思いを馳せ次世代へ伝えることを目指す日です。さまざまな遊びを通じて子どもと一緒に富士山の日を楽しむことで、子どもたちが日本文化に親しむきっかけ作りになるでしょう。

「ほいくらし」では、保育士やパパ・ママのための情報を幅広く紹介しています。保育のお仕事や日々の子育てに役立つアイデア、そして保育士向けのキャリアアップ情報について知りたいときは、ぜひ「ほいくらし」を役立ててください。

お得な情報や最新コラムなどをいち早くお届け!ほいくらし公式LINE
友だちに追加する
保育の最新情報や役立つ知識をゆる~く配信中!ほいくらし公式Twitter
園での遊びや催し物など有益な情報をお届け!ほいくらし公式Instagram
CATEGORY :