3月のおたより文例集/クラスだより・園だよりの書き出しや話題アイデア

3月のおたより文例集/クラスだより・園だよりの書き出しや話題アイデア

今年度最後となる3月。おたよりには、春の訪れを感じる出来事や、進級・卒園を目前にした子どもたちの様子を記載できるといいですね。また、次のおたよりは4月になってしまうため、3月のおたよりで保護者へ1年間の感謝の気持ちを伝えることも大切です。この記事では、保育園で3月に配布するおたよりの文例をご紹介します。スペースが余ってしまったときに入れたい話題も提案しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

3月おたよりの書き出し文例

季節編

  • 寒さが和らぎ、ポカポカ陽気を感じられる日が増えてきました。お散歩に行くと、冬にはなかった草花を見つけては、お友だちと知らせ合っています。今月は、進級・卒園を目前に慌ただしい雰囲気となりますが、季節の移り変わりに目を向けて自然を感じられる活動ができればと考えています。
  • 暖かい春の陽気を感じられるようになりました。気持ちのよい日差しのなか、園庭で楽しそうに走り回る子どもたち。よく汗をかくようになってきたため、こまめな着替えや水分補給で体調管理をおこなっていきたいと思います。
  • 色とりどりの花が咲き、春を感じられるようになりました。お散歩に出る機会が多くなり、子どもたちは暖かな陽気のなかで気持ちよさそうに遊んでいます。とはいえ、朝晩はまだまだ肌寒く体調を崩しやすい季節でもあります。子どもたちの体調の変化に留意し、健康に過ごせるようにしていきます。
  • 春を迎え、日に日に過ごしやすい気候になってきました。桜のつぼみが膨らみ始め、いよいよ進級・卒園シーズンです。子どもたちの、ワクワクしたり不安になったりする気持ちに寄り添いながら、残りの保育を楽しみたいと思います。
  • 木々や花々の芽吹きが、春の訪れを知らせています。いよいよ今年度も残りわずかとなりました。子どもたちの大きく成長した姿を思い浮かべると、感慨深い気持ちになります。来年度への準備を丁寧におこない、子どもたちが不安なく移行できるように環境を整えてまいります。

行事編

  • あっという間に進級・卒園の季節を迎えました。時の流れは早いものですね。この1年、さまざまな行事がありました。それぞれの行事を振り返りながら、子どもたちが自分の成長を誇らしく思えるようにしていきたいと思います。
  • 3月は、華やかな桃の花を彩った「ひなまつり」から始まります。子どもたちは「うれしいひなまつり」の歌詞の意味を理解しようとがんばっています。本来、女の子の健やかな成長を祝う行事ではありますが、保育園全体で製作や出し物を楽しむ予定です。
  • 春が近づき、子どもたちからソワソワする雰囲気が伝わってきます。ホールでは大きな雛人形の横で、卒園式の練習が始まりました。思い返せばあっという間の1年…。子どもたちが不安なく進級できるよう、進級先のクラスで遊ぶ機会を増やしていきたいと思います。
  • 園庭には色とりどりのお花が咲き誇り、春の訪れを感じます。年長児は3月〇日に卒園式を迎え、来月には新しいお友だちが入園します。少々寂しさを感じる時期ではありますが、積極的に合同保育を取り入れて思い出を作っていけたらと思います。
  • 厳しい寒さも終わりを告げ、暖かな春の陽気を感じるようになりました。進級・卒園が近づき、年長児と過ごせる日々も残りわずかです。思い出作りの一環として、今月はみんなで「春探し」に出かけたいと思っています。「春がきた」の歌を歌いながら、早くも散策を楽しみにしている子どもたちです。

日常編

  • 桜のつぼみが膨らみ、春らしい風が吹いてきました。今年度も残りわずかと考えると、少し寂しさを感じますね。保護者の皆さまといっしょに、子どもたちの成長を見守れたことをうれしく思います。次年度も、どうぞよろしくお願いいたします。
  • 季節は巡り、また春を迎えます。泣きながら登園していた子どもたちも、今では笑顔でお友だちとのやりとりを楽しんでいます。子どもたちの成長を思うと、感慨深い気持ちになりますね。今年度も残りわずか、最後までよろしくお願いいたします。
  • 春を迎え、いよいよ進級を意識する季節となりました。子どもたちの表情はなんだか頼もしく、1年間の成長を感じられます。慌ただしい1ヶ月になりますが、子どもたちの気持ちに寄り添った保育を心掛けてまいります。新年度より、利用時間の変更がある場合は、早めにお知らせいただけますようお願いいたします。
  • 見える景色が違うことに気づき、春の訪れを喜ぶ子どもたち。園庭では、鬼ごっこやなわとびなど、体を動かす遊びが流行しています。子どもたちの楽しそうな笑い声に、職員一同元気をもらっています。この笑顔を守るべく、次年度も丁寧な保育を心掛けてまいります。
  • あっという間に春を迎えました。子どもたちが1年間、大きな事故やケガなく登園できたことをうれしく思います。保育園運営へのご協力、本当にありがとうございました。慌ただしい保育のなかで、至らない点も多々あったと思います。保護者の皆さまの寛大なるご配慮、ご理解に感謝申し上げます。

3月のおたよりに記載したい豆知識

3月の予定や子どもたちの様子、持ち物などの連絡事項を記しても「おたよりの空欄が埋まらない…! 」と困っていませんか? ここからは、そんなときに使える3月にピッタリの話題をご紹介します。素敵なおたよりになるよう、ぜひ参考にしてみてくださいね。

行事食に親しみを持とう

3月3日のひなまつりには、ちらし寿司やはまぐりのお吸い物が定番ですね。そのほか、菱餅やひなあられなど、行事にまつわる食べ物はさまざま。子どもたちには、栄養士が行事食の見本を見せて、その由来や意味をわかりやすく伝えています。どんなお話だったか、お家でも聞いてみてくださいね。

もしかして花粉症?

春を迎え、スギやヒノキの花粉が飛散するようになりました。ひどい鼻水や目のかゆみに悩んでいる大人も多いはず。しかし実は、子どもも花粉症になることがあるんです。くしゃみや鼻水は風邪症状と混同しがちですが、もし花粉症なら大人と同じようにつらい思いをしている可能性があります。花粉症の症状に当てはまるようであれば、病院でしっかり診てもらいましょう。

進級に向けての準備を始めよう

進級で感じる環境の変化は大きく、どの子どもも不安を抱えるものです。季節の変わり目というのも相まって、進級直後に体調を崩してしまうことも。食事・睡眠・運動のバランスを見直し、心と体を健康にしておきたいですね。また、大人からの「もうすぐ〇〇組さんなんだから」という声かけは、ときにプレッシャーになることがあるため注意したいものです。

まとめ

この記事では、3月に配布するおたよりの文例をご紹介しました。保育園によって当てはまらない内容もあるかと思いますが、うまくアレンジしながら使ってみてくださいね。また、3月は年度の最後になるため、保護者への感謝の気持ちを添えられるようにしましょう。おたよりを作成したあとは、誤字脱字のチェックもお忘れなく! 

保育ライター
保育士・幼稚園教諭資格を持つ2児の母。保育士歴10年、現在はライターとして活動中。
保育士経験を活かし、季節の行事に家族で手作りの飾りつけを楽しむのが趣味。
Instagram:https://www.instagram.com/hoik_aya___/
お得な情報や最新コラムなどをいち早くお届け!ほいくらし公式LINE
友だちに追加する
保育の最新情報や役立つ知識をゆる~く配信中!ほいくらし公式X(旧Twitter)
園での遊びや催し物など有益な情報をお届け!ほいくらし公式Instagram
この記事をSNSでシェア