保育士に目標設定が重要な理由|わかりやすい目標の例文・ポイント

保育士に目標設定が重要な理由|わかりやすい目標の例文・ポイント

保育の最新情報や役立つ知識をゆる~く配信中!
Twitterをフォローはこちら!

保育士は子どもの成長を見守る大切な仕事であり、国家資格を必要とする専門職です。常に自分を成長させ、子どもたちや保護者と接する必要があります。

保育士自身が専門家として成長するためには、目標を設定し自己評価や振り返りをすることが大切です。しかし、保育士は経験年数によって求められる役割やスキルが異なるため、自分に合った目標がどういったものかわからない方も少なくありません。

そこで今回は、保育士にとって目標を設定することが重要な理由と、保育士に期待される役割や目標の例文を紹介します。自分に合った目標の立て方を知りたい方は参考にしてください。

なぜ保育士は「目標設定」が重要なの?

GOAL

保育士としてスキルアップするためには、目標を設定することが大切です。目標には以下の3つが存在します。

  • 短期的目標
  • 中期的目標
  • 長期的目標

モチベーションを保ち、やりがいを感じて仕事を続けるためには、目標を設定して具体的な行動に結びつけることが大切です。目標を設定した後は、どこまで達成できたか・次の目標は何かなど自己評価をすることで、さらなるステップアップにつながります。

ここでは、保育士にとって目標設定が重要な理由を解説します。

モチベーションの向上につながる

自分が設定した目標を達成すると自分の成長を実感できるため、モチベーションの向上につなげることが可能です。

モチベーションを保ちながら保育士の仕事を続けることは、簡単ではありません。日々の業務量の多さや安全対策における注意力・体力的な疲労など、モチベーションが下がる要因はたくさんあります。

しかし、小さく短期的な目標を設定して業務を行うことで達成感を得ることができ、成功体験が多くなるとモチベーションも高くなります。

自己評価力を育てられる

目標を設定した後は、立てた目標をどれほど達成できたのか、自己評価をする必要があります。自分は何が達成できて何が達成できなかったのか自己評価を行い、次のステップに役立てましょう。

自己評価をするタイミングは、中期的目標や長期的目標の場合、3ヶ月に1回程度のタイミングがおすすめです。

一方、短期的目標の場合、1週間に1回は自己評価を行いましょう。短い期間で振り返りをして目標を修正することで、中期的目標や長期的目標の達成につなげることができます。

保育士に求められるそれぞれの役割|わかりやすい目標の例文

ノートを取る手元

保育士は、新人・中堅・ベテランなど、キャリアによってそれぞれの役割が異なります。

自分の役割に合っていない目標を立ててしまうと、ギャップを感じたりモチベーションの低下につながったりする場合があります。そのため、自分に合った目標を立てることは非常に重要です。

ここでは、それぞれの保育士のキャリアに応じた目標を立てるポイントと、目標の例文を紹介します。

新人保育士

新人保育士は、自分が何を目標にすればいいかわからないと悩む方も少なくありません。新人保育士の場合、まずは社会人としての基礎を固める必要があります。基本的なマナーや言葉遣い、「報告・連絡・相談」といった上司や同僚とのやり取りが確実に行えるようにしましょう。

社会人としての基礎は重要な要素となりますが、保育スキルに関する目標も重要な要素です。自分が目指したい保育士の理想像を叶えるためにも、子どもとの信頼関係をどう結んでいくか、先輩の接し方などを参考に日々努力することが重要となります。

以下に新人保育士が立てるべき目標の例文を記載します。

  • 社会人として基本的なマナーや態度、言葉遣いが行えるように意識します。上司や同僚、保護者とのコミュニケーションを大切に、まずは「報告・連絡・相談」を行えるようになりたいです。
  • 保育士として、子どもから信頼されるようになりたいです。笑顔で明るい雰囲気を持ち、子どもが躊躇なく自分に関われるように、子どもの目線に合わせて話したり接したりできるように意識したいと考えています。
  • 発言することは苦手ですが、積極的に子どもに声をかけられるようになりたいです。まずは声を出すこと、話しかけることから始めたいと考えています。

中堅保育士

保育士としての現場経験を5年程度重ねた中堅保育士は、一通りの業務を効率よく進めていくことが可能です。その反面、どのようにキャリアを積んでいくか将来の展望について迷う方も少なくありません。

中堅保育士はこれまで培ってきた経験とスキルを大いに活用できるため、園の中心的な存在としての活躍を期待されることが多くなります。その中で、園の方針や特色を意識した保育を実践したり、勉強会の運営や子育て相談に対応したりすることも期待されています。

  • 園の理念や保育方針を意識した保育が行えるように、自分なりに創意工夫をして実践していきたいです。
  • 職員間のスムーズなコミュニケーションを目指し、園全体に意識を向けて、後輩の教育や相談にも積極的に関わりたいです。
  • 主任保育士を目指して、受け持ちクラス以外の業務にも積極的に関わり、園外部への対応にも挑戦していきたいです。

以下に中堅保育士が立てるべき目標の例文を記載します。

ベテラン保育士

経験10年以上、主任以上の役職を持つベテラン保育士は園全体をまとめ、それぞれの保育士が自分の能力を発揮できるようにサポートする役割があります。

ベテラン保育士は園全体の業務に関わることが多くなり、後輩の指導も行いながらクラスも受け持つことも少なくありません。どれも重要な仕事であるため、責任感やプレッシャーを感じてしまう方もたくさんいます。

  • 一つ一つの行事や日々の業務が支障なく行えるように、園全体を見渡してそれぞれの保育士が活躍できるようにサポートしたいです。
  • 施設全体の衛生管理や安全管理を意識して、施設の環境作りにおいてリーダーシップを発揮できるように頑張りたいです。
  • 施設内では、後輩たちへの的確な指導ができるようにしたいです。また、関係部署と連携する役割も担い、地域社会にも目を向けたいです

以下にベテラン保育士が立てるべき目標の例文を記載します。

目標設定は「高すぎないこと」が大切!

階段

仕事をする上で目標を設定することは大切ですが、目標が高すぎるとかえってモチベーションの低下を招くことも少なくありません。そのため、設定した目標が自分にとって実現可能かどうかを検討した上で、具体性のある目標を設定する必要があります。

高すぎない目標を設定するためには、現時点で自分ができることとできないことを知り、どのようになりたいかを考えることが重要です。

大きな目標を達成するためには、まず小さな目標を決めることがおすすめです。小さな目標は実現性も高く、具体的な行動につなげやすくなります。

目標が達成できなかったときは、どうしてできなかったのか理由を考えたり、上司や同僚からの評価やアドバイスをもらったりして、自己分析を行いましょう。振り返りを行うことで、自分の成長につなげることができるためです。

また、目標を達成するまでの期限を決めることも重要となります。例えば、1ヶ月ごとの目標を決めたり、3〜4ヶ月スパンで目標を設定したりして、自分が何をするべきか把握できるようにしておきましょう。

まとめ

ここまで、保育士にとって目標を設定することが重要な理由と、保育士に期待される役割や目標の例文を解説しました。

保育士の仕事は日々子どもに細心の注意を払い、発達段階に合った保育を提供していかなければなりません。大変な面も多い仕事ですが、モチベーションをうまく保つことで、長期的に活躍することができます。

新人のときから目標を設定し、自分の理想とする保育士に近づくためにも、小さな目標から達成していきましょう。

お得な情報や最新コラムなどをいち早くお届け!ほいくらし公式LINE
友だちに追加する
保育の最新情報や役立つ知識をゆる~く配信中!ほいくらし公式Twitter
園での遊びや催し物など有益な情報をお届け!ほいくらし公式Instagram