保育士に必要なピアノのレベルは?上達の方法から成長のコツまで

保育士に必要なピアノのレベルは?上達の方法から成長のコツまで

保育の最新情報や役立つ知識をゆる~く配信中!
Twitterをフォローはこちら!

保育士の現場で働くためには、「ピアノを弾けるようになっていなければならない」というイメージを持っている人も多いでしょう。しかし実際、保育士の求人情報を見ても、「ピアノが弾ける」という基準はどれほどのレベルなのかが明確となっていません。

そこで今回は、保育士に必要なピアノのレベルについて解説します。加えて、ピアノの上達方法から成長のコツまでも紹介しているため、保育士になろうと考えている人は、ぜひ参考にしてください。

ピアノが苦手でも保育士資格は取得できる?

ピアノを弾く手元

結論から言うと、ピアノが苦手でも保育士資格を取得することはできます。

しかし以下のように、保育士資格の取得方法によっては、ピアノが必須となる場合とそうでない場合があります。

  • 大学や専門学校に通う場合はピアノは必修科目

指定保育士養成施設では、卒業すれば保育士資格を取得することはできます。しかし、ほとんどの大学や専門学校でピアノは必修科目となっているため、ピアノが必須となります。

  • 保育士試験を利用する場合はピアノ以外の課題を選べる

実技試験の中から音楽表現以外を選択することができるため、ピアノが弾けなくても保育士の資格取得を目指すことが可能です。

このように、ピアノが弾けなくても保育士資格を取得する方法はありますが、弾けた方が保育園での面接や幼稚園教諭になってからの現場でも、大いに役立つでしょう。

保育士のピアノレベルは伴奏ができればOK

保育士資格を取得するためには、ピアノが弾けなくても問題ないと説明しましたが、弾けるに越したことはありません。

しかし、子どもたちが音楽に合わせて歌えるくらいの伴奏ができれば、特に問題はないとしている保育園も多く存在します。すべての保育士に対して、高いピアノスキルは求められません。

とは言え、ピアノスキルがあれば子どもたちからも興味を持ってもらいやすく、何よりも面接時の強みになります。幼稚園や保育園などで定番となっている曲を、4〜5曲ほど弾けるようになっておきましょう。

保育士は仕事上ピアノを弾く機会が圧倒的に多いため、いくつかレパートリーを持っていた方が、面接時などでもより効果的です。

独学によるピアノの練習法

子供用の楽譜

ピアノを弾けるようになるためには、音楽教室に通ってレッスンを受けるなどの方法もありますが、月謝がかかったり、定期的に通ったりする必要があります。

そのため、すぐに音楽教室でレッスンを受けることなどは難しいでしょう。

しかし、ピアノは独学でもスキルを身につけることは可能です。また、ピアノがなくてもキーボードでも十分に練習することができます。

ここからは、独学によるピアノの練習法をご紹介していきます。

子ども用の教本を使う

ピアノを弾けるようになるためには、まず楽譜を読む必要があります。しかし中には、楽譜が読めないという人もいるでしょう。そこでおすすめしたい方法が、「子供用の教本」の使用です。

子供用の教本は、楽譜が読みやすく作られているため、楽譜が読めない方でも比較的簡単に理解することができます。特に練習用の教本は、音符だけでなく、スタッカートという短く切る弾き方も習得することができるため、初心者におすすめです。

さらに中には、音階にルビが付いた楽譜も販売されているため、独学でピアノを練習する際は非常に便利だと言えるでしょう。

片手ずつ練習する

楽譜が読めるようになったら、次は実践です。最初から両手でピアノを弾くことは、初心者にとって非常に難しいため、まずは右手でゆっくりと演奏することから始めてみましょう。

右手だけでも弾けるようになれば、保育の中に取り入れることもできるため、まずは右手での演奏をマスターすることがおすすめです。右手での演奏の経験を積んだら左手、両手と段階を踏みつつ、効率良く練習を行いましょう。

遅いテンポから始める

ピアノに限らずどのような楽器でも、まずは遅いテンポで弾き始めることで、比較的スムーズに演奏を上達させることができます。通常のテンポでも、きちんと弾けていない状態であれば、何度練習を繰り返しても上達しません。

また、どの部分を練習すれば良いか明確にするためにも、遅いテンポで弾く意味があります。遅いテンポで弾くと、どの部分が弾けていない・苦手なのかを把握することもできます。

そして、遅いテンポで間違えることなく弾けるようになったら、テンポを徐々に上げていきましょう。

動画を見て運指を覚える

最近では、「ピアノ練習」などのキーワードで検索すれば、ピアノの練習方法などの動画が数多くヒットします。中には初心者向けの動画もあるため、独学であってもその動画さえ見ながら練習すれば、十分に上達することが可能です。

また、動画の再生速度も変更できるため、自分のテンポに合わせた練習もできます。ネットや動画が普及した現代では、「独学で最も効率良くピアノを練習できる方法」と言っても過言ではないでしょう。

好きな曲で練習する

ピアノを練習する際は、自分の好きな曲で練習した方が、モチベーションや集中力も上がりやすい傾向にあります。基礎的な練習はもちろん大切ではありますが、興味を持って継続できなければ意味がありません。

好きな曲であればジャンルは問わず、邦楽・洋楽でも問題ありません。重要なのは、ピアノを正確に、かつ安定して弾けるようになることです。一度、何かの曲を弾けるようになれば基礎ができている証拠であるため、ほかの曲を弾くことは難しくありません。

まずは、好きな曲でも、何か一曲弾けるようになりましょう。

自分の演奏を録音して確認する

ピアノを弾きながらだと、細かい間違いに気づくことができません。そのため、一度自分の演奏をスマホなどで録音して聴いてみましょう。演奏中には弾けていると思っていても、あとから客観的に聴いてみると意外に上手く弾けていなかった、ということもあります。

このように、自分の演奏を録音することで客観的に自分の演奏を聴くことができ、問題点も解決しやすくなります。特に独学でピアノを練習するのであれば、なおさらです。指導してくれる人がいないため、いつまで経っても苦手を克服することはできません。

ある程度演奏ができるようになれば、録音しながらピアノを弾く・録音を聴く・苦手なポイントをあぶりだす、というルーティンをこなしましょう。

練習におすすめ!保育園で伴奏する定番曲

保育士のピアノの伴奏で手遊びをする子供たち

ピアノを練習する際には、保育園でも伴奏する曲を選ぶこともおすすめです。

以下は、保育園で伴奏されることの多い定番曲を紹介します。

曲名内容
チューリップどの学年でも歌うことができる、春にぴったりの童謡です。
また、弾き手からしても、ドからラまでしか音が登場しないため、練習曲としても最適です。
きらきら星楽譜が読みやすく、暗譜もしやすい曲であるため、比較的スムーズに
習得することができます。変奏曲であるため、演奏に慣れてきたら、
自分なりにアレンジすることも可能です。
大きな古時計基本のテンポが遅いため、さらに遅いテンポで弾いても違和感なく演奏することができます。
また、この曲を弾けるようになれば、大抵の童謡は弾くことができます。
3歳児以上の学年では歌うことが多いため、早めにマスターしておくことがおすすめです。
手をたたきましょうピアノの伴奏だけでなく、手を叩いたり、足踏みしたりなど体全身で楽しむことが
できる童謡です。楽譜自体も、そこまで難しくないため、
ピアノが苦手な方でも弾きやすい曲となっています。
おもちゃのチャチャチャ曲のテンポが早く、黒鍵の使用頻度も高いため、難易度はやや高めとなっています。
スタッカートを習得することができれば、挑戦してみることをおすすめします。

簡単な定番曲から練習する・自分の好きな曲から練習する、どちらも適している方法は人によって異なります。まずは、自分がやりやすい方法から練習をすることが最も大切であることを覚えておきましょう。

まとめ

保育士という職業にとって、ピアノの演奏は欠かせない仕事の一つです。しかし、仕事として捉えるのではなく、保育園で一緒に遊ぶなどして時を過ごす子供たちのために演奏するのだと考えれば、捉え方が変わるはずです。

また、就職や転職する際にも、ピアノの演奏スキルは大きく役に立ちます。ぜひ今回の記事を参考に、ピアノの演奏スキルをアップさせて、今後の人生に活かしてください。

お得な情報や最新コラムなどをいち早くお届け!ほいくらし公式LINE
友だちに追加する
保育の最新情報や役立つ知識をゆる~く配信中!ほいくらし公式Twitter
園での遊びや催し物など有益な情報をお届け!ほいくらし公式Instagram