母性

ぼせい

母性とは一般的に、妊娠や出産・育児といった、子どもの生存・生育のための行動を促す本能のことです。親の子どもに対する愛と関連しています。母性の強さや母性が芽生えるタイミングは、人によって異なります。

■関連用語

保育士さん向けにもう少し詳しく!

母性は妊娠・出産を経験してホルモンの変化により身体的に生じるものと、子どもが生まれて子育ての経験により芽生えるものとの2パターンがあると考えられています。

前者は現代において女性のみの特質です。一方後者は男性も父親になることで芽生えていきます。女性でも出産まで母性を実感できないものの、育児を経験することで徐々に母性が芽生える人もいます。

母性が芽生えるタイミングは人によって異なるため「母性をなかなか感じない」と母性が自覚できない場合も焦らず、夫婦で育児に向き合うことが大切です。

用語監修者

町田奈穂
大阪カウンセリングセンターBellflower代表

同志社大学大学院 心理学研究科修了。
在学時より滋賀医科大学附属病院にて睡眠障害や発達障害に苦しむ人々への支援や研究活動を行う。
修了後はスクールカウンセラーやクリニックの臨床心理士を経験。
2020年、父の病気を機に父が経営する機械工具の卸売商社へ入社。そこで多くの企業のメンタルヘルス問題に直面し、大阪カウンセリングセンターBellflowerを設立。現在は、父の後を継ぎ機械工具の卸売商社の代表を務めるほか、公認心理師・臨床心理士として、 精神・発達障害の人が活躍できるインクルーシブな職場づくりをサポートする
人事コンサルタントとしての活動や支援者支援をテーマとした研究や臨床活動を行っている。

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行