保育室

ほいくしつ

保育室は、比較的少人数の子どもの保育を行う施設の1つです。運営には各自治体が設けた基準を満たす必要がありますが、その基準は自治体によって異なります。雰囲気や定員、対象者なども自治体によってさまざまです。無認可保育施設にも「○○保育室」と呼ばれる施設はありますが、ここでは自治体の基準を満たし、助成を受けている施設のことを指します。

■関連用語

保育士さん向けにもう少し詳しく!

保育園以外で子どもを預かる施設は小規模保育や保育ママなどいくつかありますが、そのなかの1つに保育室があります。保護者が就労や病気などで日中の保育ができない場合に子どもを預かる施設です。

認可保育園に入れなかった際は、保育ママや小規模保育などのほかに保育室も選択肢になります。

用語監修者

町田奈穂
大阪カウンセリングセンターBellflower代表

同志社大学大学院 心理学研究科修了。
在学時より滋賀医科大学附属病院にて睡眠障害や発達障害に苦しむ人々への支援や研究活動を行う。
修了後はスクールカウンセラーやクリニックの臨床心理士を経験。
2020年、父の病気を機に父が経営する機械工具の卸売商社へ入社。そこで多くの企業のメンタルヘルス問題に直面し、大阪カウンセリングセンターBellflowerを設立。現在は、父の後を継ぎ機械工具の卸売商社の代表を務めるほか、公認心理師・臨床心理士として、 精神・発達障害の人が活躍できるインクルーシブな職場づくりをサポートする
人事コンサルタントとしての活動や支援者支援をテーマとした研究や臨床活動を行っている。

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行