企業内保育施設

きぎょうないほいくしせつ

企業内保育施設とは、企業の中に設置された保育施設のことです。企業で働く従業員の子育て支援として、オフィス内や近隣に設けられた保育所や託児施設で、出産による離職防止や育休復帰の手助けをする目的で設置する企業が増えています。保護者にとっても、子どもが近くにいる状態で勤務できるので安心感があります。

■関連用語

保育士さん向けにもう少し詳しく!

企業内保育施設で働く場合、企業の稼働時間に合わせた勤務になるので不規則な勤務体系になることがありますが、土日祝が休みの企業なら休日はしっかり確保できます。また、子どもの人数が限られるので、ゆったりと保育できるのがメリットです。保護者が近くにいるので、緊急時にすぐ連絡がとれるのもポイントです。

企業内保育施設ではほとんどの場合、年齢ごとに教室を設けるわけではなく、1つのフロアで預かる子ども全員を保育します。異年齢保育となるので、それぞれの子どもの年齢に合った対応が求められます。

用語監修者

小島宏毅
学校法人小島学園認定こども園ひよし幼稚園 園長

岐阜県出身。学校法人小島学園認定こども園ひよし幼稚園 理事長・園長。児童文学作家。
保育制度や子育てに関する著作や絵本を発表している。
著書に「ママうれしいわ、が子どもを育てる~孫子の兵法を知れば子育てがわかる変わる」(幻冬舎)、絵本に「たこやきくんとおこのみくん」「100歳になったチンチン電車~モ510のはなし」(ともに幻冬舎)などがある。

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行