慣らし保育

ならしほいく

慣らし保育とは、子どもが保育園に入所する際に、新しい環境に慣れるため、一定期間通常の保育時間を短縮する形で保育園に通うことを指します。保護者と離れて初めての場所で過ごすことは、子どもにとって大きなストレスです。そこで、本格的に保育園に入所する前の準備期間として慣らし保育が行われています。

■関連用語

保育士さん向けにもう少し詳しく!

一般的に慣らし保育の期間は1〜2週間程度です。その間に、徐々に預ける時間を増やします。子どもは保育園の環境や集団生活のスケジュールを覚えていき、保護者は子どもを預けることに慣れることで、無理なく通常の保育をスタートできるようにします。

保育士にとっても慣らし保育の期間は大切です。子どもの性格を理解するだけでなく、保護者と細やかなコミュニケーションをとることで信頼関係を築き、その後の保育園生活を安心して過ごしてもらえるようにします。

用語監修者

町田奈穂
大阪カウンセリングセンターBellflower代表

同志社大学大学院 心理学研究科修了。
在学時より滋賀医科大学附属病院にて睡眠障害や発達障害に苦しむ人々への支援や研究活動を行う。
修了後はスクールカウンセラーやクリニックの臨床心理士を経験。
2020年、父の病気を機に父が経営する機械工具の卸売商社へ入社。そこで多くの企業のメンタルヘルス問題に直面し、大阪カウンセリングセンターBellflowerを設立。現在は、父の後を継ぎ機械工具の卸売商社の代表を務めるほか、公認心理師・臨床心理士として、 精神・発達障害の人が活躍できるインクルーシブな職場づくりをサポートする
人事コンサルタントとしての活動や支援者支援をテーマとした研究や臨床活動を行っている。

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行