Category
ゾーニング保育は「コーナー保育」から発展した保育法です。コーナー保育では、保育者が幾つかのコーナーを作り、それぞれの場所で用意した遊びを実践します。ゾーニング保育ではコーナーによって遊びを限定せず、大まかに決めたテーマに沿って自由な遊びや活動を行えるのが特徴です。
早期教育とは、胎児期から幼児期にかけての子どもを対象に行う教育方法です。乳幼児期は特に脳の発達が著しいと言われているため、さまざまなメリットが得られると注目されています。しかし、あまりに早期の教育は子どもによって良くない場合もあるため、注意が必要です。
卒乳とは、赤ちゃんが自然に母乳を飲むのをやめることです。卒乳は、赤ちゃんが食事から栄養を摂るようになる「離乳」の準備を自然に進めるためにも大切です。 ただし、卒乳と離乳の準備の時期は必ずしも一致するわけではなく、母乳を飲みながら離乳食が進み、さらに通常の食事に進む場合もあります。
外遊びとは「戸外遊び」「戸外活動」とも呼び、園庭や公園など戸外の環境で遊ぶことを指します。外遊びによって、気温や日光浴などで五感が刺激されたり、身体を動かすことで発達が促され、体力や運動能力が向上します。植物や昆虫など自然の生き物と触れ合う機会にもなるため、子ども達に豊かな経験を与えることができます。
咀嚼(そしゃく)とは、口の中で食べ物をしっかりと噛んで細かく砕き、唾液と混ぜ合わせながら、飲み込みやすい食塊(しょっかい)にすることを指します。