幼・保・小の連携

よう・ほ・しょうのれんけい

幼・保・小の連携とは、幼稚園・保育園・小学校が子どものサポートのためにさまざまな面で連携することです。 幼稚園・保育園での教育と小学校の教育には内容面で差があり、子どもが小学校になじめないケースが珍しくありません。そこで、幼・保・小が連携して格差解消のための取り組みを行うことで、子どもの生活基盤や学びの基盤 を整えることを目標としています。

■関連用語

保育士さん向けにもう少し詳しく!

幼・保・小の連携の具体例としては、保育士と小学校教諭が積極的に交流を持ち、幼稚園や保育園、小学校での生活スタイルや教育観への理解を深めることなどが挙げられます。

また、子どもが小学校での生活をイメージできるよう、年長児に小学校見学の機会を設けたり、小学校入学後にスタートカリキュラムを提供したりする方法も有効的です。

用語監修者

坂田聖一郎
株式会社ドラゴン教育革命 代表

愛知教育大学教育学部卒業後、東京NSC9期に入学。
同期だった現在「しずる」村上純とコンビを結成するも解散。
愛知教育大学大学院に入学。大学院生の傍ら、定時制高校で非常勤講師として国語を教える。
卒業後、愛知県豊田市の正規教員として小中学校に勤務。
2020年7月には「株式会社ドラゴン教育革命」代表取締役に就任。
2022年「ままためコーチング塾」をスタート。

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行