「studio CLIP」が保育士ユニフォームをプロデュース!機能性抜群

「studio CLIP」が保育士ユニフォームをプロデュース!機能性抜群

<情報PICKUP>淡いピンクや動物のワッペンなど保育士さんのエプロンは子どもに圧迫感を与えない優しいデザインばかり。そんな保育士ユニフォームを「studio CLIP」がプロデュース。普段筆者も愛用させていただいております! 同ブランドプロデュースなら着心地や素材感、子どもも保育士さんたちも満足できること間違いないですね。(保育ライター ヨシコ)

 「Play fashion!」をミッションに掲げ、”グッドコミュニティ共創カンパニー”を目指す株式会社アダストリア(本部:東京都渋谷区渋谷2-21-1、代表取締役社長:木村 治)のBtoB事業を手掛ける「アダストリア・ライフスタイル・クリエイション(ALC)」は、社会福祉法人新考会(本部:神奈川県厚木市旭町3-7-3、代表者:湯浅 和明)が運営する保育施設の保育士のユニフォームをプロデュース企画開発しました。 今回、アダストリアの人気ブランド「studio CLIP(スタディオクリップ)」が、ブランドの世界観を反映させた柔らかさのあるデザインに、現場で働く保育士からのヒアリングを重ね、子どもたちの安全面にも配慮したユニフォームが完成しました。

 アダストリアのBtoBプロデュース事業を手掛ける「ALC / アダストリア・ライフスタイル・クリエイション」は、30以上のアパレルブランドをマルチカテゴリー展開してきた経験と、幅広い世代との顧客接点を活かし、多くの企業さまと協業を行っています。その内容は、コラボアイテムの企画・販売から他業種の新規ビジネス支援まで多岐に渡ります。

 この度、社会福祉法人新考会より、保育士のユニフォームを一新したいとの依頼を受け、子どもたちの大切な命を預かっている保育の現場において、デザイン面のサポートだけでなく、安全にも配慮したニーズを満たすユニフォームを共に考えていく方針で、協業に至りました。アダストリアブランドの「studio CLIP」の世界観を反映させ、テーマに「子どもにも優しく、先生も使いやすい」を掲げ、日々子どもたちの成長を見守りながら奮闘する保育士の皆さんが今まで以上に前向きに輝いて仕事ができるようなユニフォームを目指しました。

 「アダストリア・ライフスタイル・クリエイション(ALC)」は今後も、“グッドコミュニティ共創カンパニー”として、「Play fashion!」という一つの想いのもとに、新しい価値を生み続けてまいります。

■ユニフォームのこだわり
 企画開発の過程では、現場で働く保育士のリアルな視点やニーズを直接ヒアリングし、お互いに意見を重ねていきました。特に、機能性・安全性にこだわり、毎日着るユニフォームだからこそ、動きやすさにも配慮しています。

デザインのポイント
1   studio CLIPらしい柔らかさ
2   ジェンダーに関わらず、着用できるカラーリング
3   首の後ろにさりげなく、「studio CLIP」のネームタグ

仕様
1   ポケット:マチは大きく、抱っこした時に園児の足が引っ掛からない位置に
2   園児が誤飲しない様にボタンなどを使用せず、安全面を配慮
3   両脇にホックをつけてサイズ調整がしやすい仕様に
4   シワや色落ちがしづらいツイル素材を使用し動きやすさやお手入れのしやすさにも配慮

■着用の様子

PR TIMES

この記事をSNSでシェア