ロボットと共に学ぶ スイス「ナノスフェア」保育園の新しい試み 【サク読み保育ニュース】

ロボットと共に学ぶ スイス「ナノスフェア」保育園の新しい試み 【サク読み保育ニュース】

スイス・ローザンヌの保育園「ナノスフェア」では、子どもたちがロボット「ナオ」と交流しています。ナオは対話を通じて学習を促す仲間として、今年導入されました。

 園長は「彼はみんなにいろいろと説明してくれるよ」と子どもたちに説明し、ナオにクイズを出した。

 「私は長い首を持つ動物です。私は誰でしょう?」

 ナオが「キリンだよ」と答えると、子どもたちは声を上げて笑った。

スイスの保育園にロボット 「対話学習の仲間」として【時事ドットコム】

この取り組みは、将来的にロボットと一緒に働く未来を見越して、子どもたちに早期から慣れさせることを目的としています。保護者からは、新しい技術で子どもの成長を促す良い方法としつつも、適切な場所で賢く使うべきだという意見があがっています。

文/ほいくらし編集部

【出典】
スイスの保育園にロボット 「対話学習の仲間」として【時事ドットコム】

#保育ロボット #保育ニュース #保育士 #サク読み保育ニュース

この記事をSNSでシェア