保育施設にコワーキング環境を設置~育児と仕事の両立支援(松戸市)~

保育施設にコワーキング環境を設置~育児と仕事の両立支援(松戸市)~

保育の最新情報や役立つ知識をゆる~く配信中!
Twitterをフォローはこちら!

新型コロナウイルスの影響で、さまざまな業種における「働き方」が見直されようとしています。ネット環境の整備やIT技術の進歩によって、在宅勤務(リモートワーク)が可能となった業種が増えているのも理由のひとつ。

そんな中、千葉県の松戸市では子育てをしながら在宅勤務する人を支援するため、2020年12月から一部の保育施設に、保護者がリモートワークできるコワーキングスペースを設けました。

かねてから松戸市には、新型コロナウイルスの影響により自宅で子育てをしながら在宅勤務を行う保護者などから「在宅勤務中に子どもを預かってほしい」「子どもの見える場所で落ち着いて仕事をしたい」といった声が寄せられていたそうです。

在宅勤務だからといって、横に幼児がいたりすれば、なかなか業務に集中していられませんよね。パソコン等の前に座っている「固定された状態」のみ、相手側に映し出されているリモート会議などでは、「横に誰がいるのか?」など、画面の向こう側の人に自分の置かれた状態を把握してもらうことは困難です。

通常の対面による会議とは違った意味で神経を使うこととなり、「在宅勤務よりも出社してしまったほうが、むしろ楽」なんて意見も一部ではあるようです。

こうした声を受けた松戸市は、市内5か所の保育施設に子どもを預けつつリモートワークができる「コワーキングスペース」を設置しました。対象は保育園児・幼稚園児の保護者や一時保育を利用する保護者です。

このスペースにはWi-Fiなどインターネット環境も整えられ、利用料は1回4時間以内で500円。(※利用には事前に登録が必要)

11月25日に行われた内覧会に参加した40代女性は「家にいると息が詰まってしまうが、子どもを預けた場所で仕事できる環境があるのは安心できる」と話したそう。

▼コワーキングスペース利用概要

利用可能時間午前10時から午後3時まで(送迎保育ステーションがお休みの日(祝祭日・日曜日・年末年始等)を除く)
利用できる方就労している方(在宅勤務等)で、松戸市在住の就学前までの児童の保護者(送迎保育ステーションにお子さんを預ける場合は、3~5歳児が対象)
利用前に事前に空き状況確認の上、実施施設に利用登録及び面接を行う必要がある

利用について詳しくは「送迎保育ステーションに設置するコワーキングスペースについて まつどDE子育て|松戸市」でご確認ください。

文/ほいくらし編集部

【参考】
保育施設に保護者のリモートワークスペース設置へ 千葉 松戸 | 新型コロナウイルス | NHKニュース

お得な情報や最新コラムなどをいち早くお届け!ほいくらし公式LINE
友だちに追加する
保育の最新情報や役立つ知識をゆる~く配信中!ほいくらし公式Twitter
園での遊びや催し物など有益な情報をお届け!ほいくらし公式Instagram